スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔の憂鬱――『スーパービックリマン』を再視聴して

(今回22年も昔のアニメの話ですし、他の記事で話の端々に触れてきたこともありますし、ネタバレといっても今更な気もしますが、まあ一応核心部分に触れる話は追記にしておきます)

最近、小学生時代に観ていた懐かしのアニメ『スーパービックリマン』を観返しています。



今は東映アニメオンデマンドというサイトもあり、インターネット視聴も簡単になりました(有料ではありますが)。

 スーパービックリマン|東映アニメオンデマンド

『ビックリマン』シリーズのアニメは他のものも観ていた覚えはありますが、個人的に印象も強く、一番ハマったのは本作でした。
(ストーリーをよく覚えているのは前半の聖魔子編までで、後半は――諸事情により見逃した回が多いこともありますが――記憶が朧気になっていきますが……しかしさすがに後述する衝撃の最終回はよく覚えていたり)

本作はそれまでの『ビックリマン』シリーズに比べると登場人物の頭身も高く、全体にシリアス寄りのストーリーで、ヒーロー物のテイストが強い作品でした(バンクでの変身シーンとか)。
「サイバーアップ」で着装する鎧なんかは『聖闘士星矢』の影響を強く感じましたが……しかし印象的だったのも納得、今観てもシンプルにカッコいいのです。

また、友情に篤く仲間のために身体を張る主人公は少年漫画の定番ですけれど、本作の場合、主人公のフェニックスは何度となく仲間のビシュヌ・ティキと対立していますし(感情的な対立のこともありますが、お互いの戦いに対する公的な立場上の対立だったこともありました)、ヒロインのアムルが敵に回ったりもしているので、フェニックスの友情に懸ける真摯さはことさらに響きます。これが一つのテーマだったのは間違いないでしょうね。
そして、登場人物の次々と死ぬこと。


順番が相前後するようですが、『ビックリマン』シリーズの基本世界観について語ると、「天使」「悪魔」「お守り」という三つの種族が存在する世界での割と壮大な戦いというモチーフになっています。
本作の冒頭でナレーションの語る基本設定は次の通り。

光、あれ……

はるかな昔、神は光と闇を分け、光に天聖界、闇に天魔界を創造し、それぞれに天使と悪魔を置かれた。また、お守りのためには天地球を作られた。
しかし悪魔たちは、自ら神に忌み嫌われた存在であると感じ、天使たちを攻撃した。
そして今、天使対悪魔の戦いは、天地球にその舞台を移したのだ。




主人公のフェニックスは伝説の英雄アンドロココの超聖理力(セントフォース)を受け継いだ天使の少年で、将来の救世主として天使の未来を託され、10年前、赤ん坊の時に天地球に逃れてきました。
その10年前の回想シーンでは、天使軍の長であるスーパーゼウスが赤ん坊のフェニックスを魯人フッドに託して悪魔軍の長スーパーデビルとの決戦に赴いた……そして現在悪魔軍は天地球に攻撃を掛けているわけですから、ゼウスは敗れて天使軍は圧倒的劣勢に置かれていることになります(その後まもなく、スーパーゼウスはスーパーデビルに吸収され、デビルは「デビルゼウス」となっていることが明らかに)。

悪魔たちは巨魔界神ザイクロイド・アノドの復活を目論んでおり、フェニックスたちは復活を阻止し、アノドをふたたび封印することを目指して旅をし、戦う……というのが基本ストーリーです。

で、以下の追記では、ちょっと今観て思ったことを。

続きを読む »

スポンサーサイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

色々とハードルは多いと思われるが……

ライトノベル『魔弾の王と戦姫』のアニメが放送開始されました。
Web上でもニコニコチャンネルで公開されています↓

 魔弾の王と戦姫

アバンタイトルでまずエレンがティグルに「お前は私のものになれ」と言うシーンから始まり、追ってそうなるに至った経緯を説明するという展開。アニメの導入法としては正当でしょう。

オープニングは勇壮でいい感じですし、キャラや世界観もひとまずのイメージは押さえているので最初のハードルはクリア。悪くはありません。
戦闘に関しては、エリファール(エレンの剣)の柄が変形するオリジナルの演出はいいですね(反面、ティグルの弓を射るシーンは微妙ですが……)。
そして妙に目立つのがエレンの胸揺れの強調。水浴びでの裸も(そういうところに限って)省略せずに描いていたり。
ただ、合戦のシーン等は第1話時点ではほぼ省略、食事などの風俗に関わる描写も端折り気味なので、真価についてはまだ語りにくい面もあります。

しかし、巻末に引きが来ることが多く、ストーリーの区切りが難しい作品なのでどうなることかと思いましたが、スピード展開で一気に原作5巻(第1部完)までやってしまうつもりでしょうか。
まあ、この調子だと2話で原作1巻をクリアしてもおかしくないので、1クール12話で5巻も不可能ではありませんが……

が、結果として説明不足を感じる部分が多いのは事実。場面を急に展開して「こうなった理由は観ていれば追って分かる」というのが多すぎるような……
出陣前のアルサスで、田舎の小領主というものの雰囲気や、領民に慕われている様が絵がかまれる場面が全省略されていたのも残念。

おまけに、たとえ詰め込んで5巻までクリアしたとしても、オープニングに登場する戦姫の一部はほとんど登場しなかったり、登場しても主人公と会わなかったりするのですが(原作通りならば)。

ひとまずボヤキはこれくらいにしましょう。
このアニメの珍しい点として、キャラクター原案に3人の名前がクレジットされています。
原作のイラストレーターが途中交代した(1~8巻がよし☆ヲ氏、9巻が片桐雛太氏)ので2人いるのはともかくとして、さらに漫画版の作者である柳井伸彦氏の名前もあります。
まあ、片桐氏にイラストレーター交代した9巻でキャラクターデザインに変更があったり新規にデザインされたキャラがいたわけでもないので、5巻で柳井氏が本文イラストを代行したことの影響が大きかったのかも知れません。
ただ、主人公のティグルと3巻の強敵ロラン以外の男性キャラのイラストは原作になく、漫画版でのデザインがアニメでも使用されているので、これは良かったのだろうと思います。漫画版の男性キャラデザインは渋くて良いですし。


それはそうと、よし☆ヲ氏の原案による女性キャラクターの服装は、非常に露出度が高く奇抜なもので、地に足の着いた作品の世界観と著しい落差が生じています。
たとえばこう↓

魔弾の王と戦姫 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫 (MF文庫J)
(2012/09/01)
川口 士、よし☆ヲ 他

商品詳細を見る

↓この透明スカートに至ってはもう何と語っていいのか分かりません。

魔弾の王と戦姫 2 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫 2 (MF文庫J)
(2012/09/01)
川口 士、よし☆ヲ 他

商品詳細を見る

とは言え、慣れてくると、この落差が独特の味と言えなくもありません。
現実的な中世的世界を舞台にした作品とは言え、無論全てが現実と同じではありませんし、こんな奇抜な衣装ではないという記述もないわけで(戦姫は竜具の力で身を守れるので戦場でも軽装だという記述はあり、その点に問題はありません)。

……と思ったのですが、もう少し微妙なケースもあるのに気付きました。
エレンの副官リムアリーシャ(通称リム)です。
彼女は魔法的な武器もない普通の人間ですし、全身鎧を着ているという描写がありました。
しかしイラストだとこの露出度↓

ティッタ&リム
 (1巻カラー口絵より、右がリム)

これは鎧なしでの衣装だから鎧はまた別、と形式論理では言えないことはありませんが、それで人が説得されてくれるかというと……

では漫画版ではどうなっているか、と見ると――

リム漫画版
 (川口士/柳井伸彦『魔弾の王と戦姫 2』、メディアファクトリー、2013、p.70)

鎧の下の衣装は上のイラストを踏襲、鎧を着ているものの「全身」ではありません。
そのため、最初ティグルが彼女を女だと気付かなかったという描写はカットされています。
やはり、竜具の力で身を守れる戦姫と違い、彼女が全く鎧を着ないのは変ですから、この辺が落としどころだったということでしょう。

本文とイラストが食い違った時にメディアミックス作品はどうすべきかについて、一つの示唆を与えくれる事例です(どうするのが決定的な正解だと言うわけではありませんが)。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

そういう手で来たか……

『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』のアニメを観ました(8/6現在で第2話まで放送済み、4夜連続放送予定)が、想像以上に原作通りでした。
それだけに、くだらなさも忠実に再現されています。
食べ物の描写もすごく美味そうというほどではないものの、まずまずそれらしさが出ていましたし。

エピソードの順番も原作通りです。
1回の放送で原作のエピソード2つを扱い、ショートケーキのイチゴの話(原作2巻)までやる予定のようです。
二郎とみふゆがひとまず復縁するエピソードなので、区切りとしてはちょうどいいでしょう。
ただ、原作で前後編になっていた「ショートケーキのイチゴ」が圧縮されそうで少々気になりますが……

気になったのは実写パートなるものの存在ですが、これはアニメのストーリーからは独立していて、アニメの1エピソードが終わった後に挿入されます。タレント(第1話はケンドーコバヤシ、第2話は壇蜜と、この二人が交互に行く模様)が司会のような役割をして、直前のアニメのお題だった食べ物に関して、子供から主婦、料理屋の主人からNHK職員まで様々な(現実の)人たちに食べ方を語り実演してもらう、というものです。
確かにこの作品のテーマにはよく合っていますし、漫画1話をアニメにすると数分で終わってしまうものをアニメの尺に合わせるという点でもいいアイディアかも知れません。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

味方側の謎の人物

本日の『ドキドキ!プリキュア』は予告通り、新戦士キュアエースが登場……ですが、私は読み違えていました。レジーナがプリキュアになるわけではありませんでした。
(普段ボーっと見ていて、予告映像での顔もあまり確認していなかったせいもあるかも知れません)
レジーナは再びキングジコチューによって「ジャネジー」を注がれて悪に染まります。やはり、瞳が赤くなるのはジャネジーに染まっている時の印のようで。
そしてレジーナによってピンチに追い込まれたプリキュアの前に、新戦士キュアエースが現れます。

今のところエースの正体は不明ですが……ただ、彼女が登場する時に、アイちゃん(謎の赤ちゃん。こちらも正体不明)が不思議な力を使う時の「キュピラッパ~」という声がかかっていて、そう、まるでアイちゃんがキュアエースを送り込んだかのような……?

 ~~~

放送順からすると逆になりましたが、『仮面ライダーウィザード』はいよいよ佳境です。
再登場した稲盛真由ですが、もちろんすぐにメデューサとの決着はつかず。
他方で、今回の「ゲート」であった少年・飯島譲も絶望を乗り越え、ファントムを押さえ込むことで、魔法使い(=ライダー)になる資格を得ました。
とすれば、魔法使いとして晴人たちと共に戦う可能性も出てくる彼ですが、仁藤攻介は「自分も力になりたいから戦うってんなら、やめとけ」と忠告します。「戦ってるのはみんな、自分のためだ」
とりわけ、ファントムを食わねば死ぬがゆえに戦い続けるしかないという立場にある彼の言葉だけに、説得力があります。
皆が死力を尽くしているのを前にすると、自分も何かしなければならない、と思わずにはいられません。けれども、そうした義務感だけで命を懸け続けるのは、おそらく難しいでしょう。

しかし最後で、「白い魔法使い」は無理矢理に譲を攫っていきます。

真由によれば、「後二人魔法使いがいれば、全てのファントムを滅ぼすことができる」と白い魔法使いは言っていた、とのこと。
その時点で現在登場している魔法使いは晴人(ウィザード)、攻介(ビースト)、白い魔法使い、そして真由の4人でしたし、その場面のイメージ映像でも六芒星が見えていたことから魔法使いが6人必要なのかと思いましたが、ラストで白い魔法使いが攻介に「アーキタイプに用はない」と言っていたので必要なのは5人でしょうか?

しかも、白い魔法使い――笛木という名前は本名だったようですが――の正体を調べていた国家安全局の木崎さんも襲撃を受けて失踪。
主人公の師に当たり、味方側のバックにいたはずの人物も腹に一物あり、いわば「悪」と言われるような要素があるのは定番の展開の一つですが、ここでいよいよ、という感じですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

この辺は問題ない範囲内

『獣電戦隊キョウリュウジャー』ですが、予告通りキョウリュウゴールド・空蝉丸が復活しました。
ただ、まだダイゴ(キョウリュウレッド)と手を取り合うことはないまま引きとなりました。
この後は彼の人格をもっと掘り下げて、仲間として認め合う話でしょうか。

……完全に戦隊の新メンバー扱いですね。
時期的にも早めですし、まだ他にも戦士がいておかしくない設定ですし、どうなるのでしょう。

ちなみに、10人は史上最多と言いましたが、正規の戦隊メンバーとしては、『炎神戦隊ゴーオンジャー』は初期メンバー5人に追加戦士が2人いて計7人になったのが過去最多でしょうか。
戦隊の規格からは外れる戦士も加えると、『特捜戦隊デカレンジャー』や『魔法戦隊マジレンジャー』は8人(『海賊戦隊ゴーカイジャー』にもその全員のレンジャーキーが登場しています)というのが最多と思われます。

 ~~~

アニメ『這いよれ!ニャル子さんW』(アニメとしては第2期)が放送中です。

 → 這いよれ!ニャル子さんW

第1話は導入という感じのオリジナルで、第2~3話が原作5巻「セラエノ図書館戦争」編です。まだ2話までしか観ていませんが、出来はかなり良い感じです。
そもそも番組名の「W」からしてこの作品らしいネタですが、このエピソードの敵・ツァールロイガーモデルはまさしく仮面ライダーWです。それは第3話を観ればいっそうよく分かるでしょう。
ちなみに、原作におけるツァールとロイガーの描写は以下の通り。

 どちらも体色が異なっているだけで、外見的特徴は同じに思えた。というか、特徴らしい特徴がなかった。四肢と胴体、頭部を唱えてはいるものの、それだけだ。理科室の人体模型のように、メリハリがない。
 今まで真尋が出会った邪神はナイトゴーントにしろニャル夫にしろ大首領にしろ、何らかの特異な器官があった。蝙蝠の羽根だったり、足が三本だったり。しかしこの賊二名にはそれがない。あえて目立つところを探すとすれば、体表だ。ごつごつとささくれ立っている。まるで細長いものが幾重にも絡みついて全身を形成しているかのようだ。
 (逢空万太『這いよれ!ニャル子さん 5』、ソフトバンククリエイティブ、2010、pp.136-137)


これがアニメ版では、赤い眼を備えてより仮面ライダーらしい外見になっています。映像的にはこれで正解でしょう。

もちろん、原作1巻をアニメ2話だと、そのまま詰め込むわけにはいきませんが、原作もだらだら過ごしている描写がかなりの比率を占める作品ですし、今回はそれほど無理はない印象でした。それに、アニメで独自に『仮面ライダーウィザード』や『図書館戦争』等から相応しいネタを入れていたりと、原作のノリに忠実なまま独自に再編成していて、好感が持てます。
(ところで、アニメでは魔法陣を使った『ウィザード』の変身シーンネタは全て横から魔法陣がスライドしていたのに対し、同時期の原作11巻はちゃんとフレイムスタイルの魔法陣は左から右に、ランドスタイルは下から上に、ハリケーンスタイルは上から下にスライドするところを忠実に踏まえていたりするのは面白いところですが)

アニメ1期ではなかったニャル子達の年齢ネタもちゃんと出ましたし。
もっとも、

・宇宙大学を卒業して働いているということは、地球人年齢に換算して……
・有給休暇が地球時間で300年、蕃神を組み立てるのにかかる時間が500年というタイムスケールならば、実年齢は……

といういずれの要素も今まで言及がなかった(ちなみに、年齢ということで気にされているのはむしろ前者)のに急に真尋がニャル子とクー子の年齢を調べようとしても、何が問題なのか分かりにくいかも知れませんが……まあ推察可能な範囲内でしょう。

後は、多少気にかかったのは、地球から400光年離れたプレアデスまで行き来する移動シーンが丸々カットされていたことでしょうか。
その後、日本からミャンマーに行くシーンではシャンタッ君の背中に乗っていましたが、実はこの移動方法もアニメでは初ではないでしょうか。
ストーリー面でそれほど困りはしませんが、容易に星間航行できるのに地球上では動物の背中に乗っているというギャップは疑問に思われるかも知れません。

ちなみに原作では、プレアデスまではハス太のビヤーキー(元々のクトゥルー神話ではハスターの奉仕種族、『ニャル子さん』の設定では巨大なバイクのような乗り物)に乗って行きましたが、ハス太のビヤーキーは宇宙空間専用で大気圏内飛行できるモードになっていないという設定です。ついでに、シャンタク鳥も全力ならば星間飛行可能です。

そして、第3話ではいよいよハス太の最強形態・黄衣の王が登場。
普段はあまり変身したがらないという設定で貴重ながら、原作11巻でも登場しましたが、やはりイラストにはなりませんでした。
というわけで原作イラストより先にアニメで披露となりますが……映像を見ると、付けている仮面はデスマスクのように人間の顔そのままという感じですね。
アニメだと仮面を被っていても金色の目もはっきり見えます。原作では黄衣の王状態での目については描写がなく、「青白い仮面」が描写されているのみです。
通常時に「黄衣の王が部分的に表面へ滲み出た」時に普段は青い瞳が金色になっていた、という記述があったので確認してみましたが、「黄衣の王の時と眼の色が同じ」とは書かれていません。まあ大きく間違ってもいないのかも知れませんが…
個人的には、コミックアンソロジーで今井哲也氏が描いていたものの方がイメージに近かったかも知れません。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。