スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーチンワークを少しだけ変えた年末

新年明けましておめでとうございます。

ちょっと年始の更新が遅れて、3が日も過ぎてしまいましたが。
年末は例年通りに登山に行ってきましたが、今年はちょっと順番を変えて、長野県茅野市の渋御殿湯の方に先に行きました。
というのも、茅野市には尖石縄文考古館という博物館があるのですが、さすがに年末年始は休みなので、今まで近くを通りながら行けなかったのです。
今回、12月28日までは開館していることを確認の上、28日朝に名古屋の実家を出発、午後には考古館に着きました。
ちなみにこの博物館は写真撮影可(展示品によって例外あり)なので、以下では自分で撮影した写真もアップロードしていきます。

展示室に入る前、エントランスのところにも展示ケースがあって、土器の把手(とって)に実用性がないことを解説しています。

把手付き土器

↓これはどんぐり。エントランスに出ていましたが、展示物ですらありません。
台車には「文化財研究室」とありますが……
縄文人の生活再現研究等で使うんでしょうか。

どんぐり

↓そしてこちらが歴史教科書にも載っているここの目玉、国宝の土偶「縄文のヴィーナス」です。

縄文のヴィーナス

↓こちらは2014年に認定されたもう一つ国宝土偶「仮面の女神」。身長からしてやや「縄文のヴィーナス」より高く、一回り大きい作品です。

仮面の女神

「仮面の女神」の方は新しいので教科書に載っているかどうか分かりませんが、何しろこれで全国にも5つくらいしかない国宝の土偶が尖石だけで2つ、ということに。
だから、「仮面の女神」認定以降、かなりのポスターがあちこちに貼り出されていました。というかよく見ると、今でも茅野駅周辺は考古館の広告だらけです。これで町おこしと言わんばかりに。

ちなみにこの2つの土偶がある展示室では、国宝認定の証書まで壁に貼り出してあって、「縄文のヴィーナス」の方は文部大臣・与謝野馨と署名がありました。「仮面の女神」の方は文部科学大臣・下村博文です。

ちなみに「仮面の女神」発掘状況の写真記録なども展示されていますが、それによると片足だけ折れた状態だった模様。

仮面の女神・発掘現場

「縄文のヴィーナス」の方も、折れた部分を修復したという説明はありました。
土器では、修復の継ぎ目や補填部分がかなりはっきりと分かるものもあるのですが、両土偶についてはほとんど修復痕を視認できず。そう言えば土器の修復についてはあまり知りませんでしたね。研究関係者にはどう修復されたのか、分かるようになってると思うんですが。

ところで――そもそも同じ展示室には、実は他にも大量の国宝が並んでいました。
何しろ、器が6個くらい、全部国宝なのです。
保存状態がいいのは確かなようですが。

器

他にも急須のような注ぎ口のついた土器とか(しかし本当に注ぐのに使っていたのかどうかは不明です)、

注口土器

どう見ても実用的でない把手(?)のついた土器など、色々ありました。

把手土器

他にも体験コーナーなどもあり、割とサービスのいい博物館だったように思います。
考古館を見た後は渋御殿湯へ行って宿泊。温泉もたっぷり楽しみました。

翌29日はいつも通りに天狗岳へ登山。
雪は少なめ(というか、今年はかなり気候が暖かな気がするので、融けてしまったのかも知れません)で、天候も晴天。
冬のこの辺、特に山頂付近は吹雪いていることが多い印象なのですが、まったく珍しい(去年もそうだった気もしますが)。

天狗岳より

西天狗

帰りに一つ道を間違って唐沢鉱泉の方に出てしまい、そこからタクシーで帰るという予想外の展開もありましたが。

30日はいつもと逆に、松本駅へ降りてそこから上高地へ。
バスもあったのですが、予想以上の好天にこれは早めに行って時間を有効活用した方が良かろうと、バスを待たずタクシー利用を決定。

上高地、河童橋の当たりでいつも見ているケショウヤナギ。
さすがにサルももう剥ぐ皮がないのか、あまり変わって気がしますが……

ケショウヤナギ

写真は撮れませんでしたが、生きたサルにも出会いました。
しかも堂々とこちらに向かってきて避ける気配がなく、人間の方が避けなければならなくなるという図々しさ。

今更気が付いたのですが、河童橋にはこんな石碑のようなものもありました。

河童橋石碑

景色を描いた上面のプレートには「森永キャラメル」、下の方の縦長の銘板には「贈呈 森永製菓株式会社」と書いてあります。観光地の側から注文したものでしょうか。

河童橋石碑2

河童橋石碑3

↓大正池からの光景。見事でした。

大正池より

そのまま上高地を往復してくると、バスに乗り20分くらいで高山の平湯温泉に。つまり例年と逆コースです。
ぴったりバスの時間に間に合い、時間計算もばっちりでした。

平湯の温泉に浸かり、飛田牛の焼き肉を食い、そして31日は西穂高岳に登ります。
まずはバスでロープウェイ乗り場に、そしてロープウェイ2本を乗り継いで、そこから歩いて登ります。

西穂山荘では例年より2日遅く来たせいか、ほぼ巨大雪だるまが出来上がっていました。

西穂

そして丸山独標までは行ったのですが、前に初心者の団体がいて極めて進みが遅いので、その先のピークに行って帰ってくるのはかなりの時間がかかると判断、そこで引き返しました。
何しろ冬は暗くなるのが早いですし、ロープウェイの最終もありますから。

丸山独標

でも下山中にこの通り、いい景色が見られました。

西穂

西穂より

ちなみにやはり暖冬なのでしょうか、手袋を外してカメラのシャッターを切っていても、(もちろん氷点下で冷たいことは冷たいのですが)いつもより楽だった気がします。

雪の上でよく見るのがウサギの足跡。生きたウサギを見た覚えはまだありませんが。
というか、ウサギ以外の足跡に関しては正体がよく分からないことが多いんですね。

ウサギの足跡

1月1日はふたたび松本へ下り、そこから穂高神社に行った……のですが、本殿の前には例年に見たことのない長蛇の列。鳥居まで百メートル以上続いていたでしょう。いったい並べば待ち時間は30分か、1時間か……
時間の都合もあるので参拝は諦めて、破魔矢だけ買って帰りました。

正月は実家で過ごし、1月2日に熱田神宮に初詣するのもいつも通りです。
スポンサーサイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

ここ二週間ほどのこと

随分と長いあいだ、ご無沙汰してしまいました。なぜそうなったのか、という言い訳も今回の記事に含まれるのですが……

まず11月3日(祝日)、アルバイトで京都哲学会の手伝いに行ってまいりました。
ただ、看板などの案内に働いた後はほとんど受付で外に座っていたので、あまり忙しくない代わり、発表も聞けず。これが報酬の一環として懇親会にタダで参加できても先生方の話に入りにくい一因にもなりました。
なお報酬は5000円+懇親会への無料参加。1日で5000円ということは、1年間休みなしで働いて180万円のペース、最低賃金にも届きません。懇親会の食事代は本来ならばそこそこ高額なのでしょうが、タダでも一食は一食、食いだめができるわけでもありません。
研究者にとっては、学会参加自体は(分野が自分の関心に合っているならば)お金を払ってでもする価値のあるものですが、肝心の発表を聞けないならばその価値も激減。
他にいないので引き受けざるを得なかった手伝いですが、仕事としては微妙でした。目先の金に困っているならそれでもありがたいのかも知れませんが、残念ながら(?)今のところ金に困るところまでは来ていないので……

そもそもこの京都哲学会、京大の哲学において大変伝統のある会なのですが、今回は参加者もそれほど多くなく、懇親会に至ってはほぼ京大文学部の哲学系の先生方+アルバイト学生+発表者2人のうち1人だけというメンバーに。
そして、現在の責任者は前任者から、過去の発表者のリストもHPの管理方法も何も引き継いでおらず、HPで今年のプログラムを告知できなかったのもそのせいという衝撃の告白が。もはや実質別団体と化しています。

 ―――

翌4日(金曜)は演習に出た後、そのまま名古屋の実家に帰ることに。
というのも毎年恒例、母校である愛知県立芸術大学の芸術祭があるからです。
ただし、今年の芸術祭は(3日が祝日であるおかげで)3~5日という日程なので、4日夜に名古屋着の私が生けるのは最終日だけです。

去年は講義棟が改築工事中のため、講義棟の下に模擬店を出すことはできなかったのですが、今年はいつも通り、講義棟下の店舗復活です。
我が出身専攻の店も例年通りの場所で一安心。

芸術祭2016 (2)

ただ、今年は講義棟下が店舗で埋まっておらず、空きがありました。
こんなことは先例が思い当たらないのですが……その代わり、何もないところに屋根までデザインして建てている店舗が目立ったので、まあ出展者の希望の結果だったのでしょうか。

芸術祭2016 (3)

芸術祭2016 (4)

ただ、メニューに関しては気にかかることもありました。
たとえば、彫刻専攻の出している「大刻屋」など、かつては炊き込みご飯「大刻飯」が看板メニューだったのですが、数年前に保健所の指導で米を出すことが禁止になってからは麺になり、ついに今年はメインがお好み焼きになっていました。
日本画専攻の「ぽん」も、餅搗きが名物だったのですが、米の禁止により餅搗き廃止で切り餅になりました。
何十年も続いてきた伝統のメニューを保健所の一存でこんな風にすることが許されるのでしょうか。

さらなる問題は、米などというのは一番食中毒を起こしにくい食品で、禁止される理由がさっぱり分からない、ということです。
大学祭での主たる食中毒事件というと、名古屋大学のクレープ食中毒事件(2008年)がありましたが、クレープと米は関係ありませんし……
もう少し内容的にも時期的にも近いものというと、2010年に滋賀県K市の地区主催の餅搗き大会でノロウイルスによる食中毒が発生した、という一件でしょうか。
しかしこれも、まず指導すべきは手洗いの徹底であって、特に餅であったから、という話でしょうか。

これは保健所職員の医学知識の低下ではないか、「ゆとり世代」とかいって若い世代をバカにして「自分はまだ大丈夫だな」と安心するあまり勉強を怠っている間に、皆して知的水準が深刻なことになっているのではないか、と憂慮する次第です。
まあもちろん、保健所には医者がついているから、そんなことはないはずなのですが……しかしだったらなぜなのか、解せません。


展示ももちろん盛況ですが、撮影禁止のところも多いので。
そんな中、ちょっとユニークだったのは、講義棟内部のこれでしょうか。

芸術祭2016 (1)

廊下の真ん中に無意味な階段出現。

後は最大の見所と言ってもいいこれ、デザイン専攻の段ボール遊具。
今まで以上にたくさんの子供たちで盛況なのを見た気がします。
幼稚園児から小学校高学年まで年齢層も幅広く(兄弟で一緒に来ている場合、中学生くらいが混じる場合も)。

というか、大人も楽しみなくらいですから。回転遊具に乗った子供を転がすとか。

芸術祭2016 (7)

芸術祭2016 (5)

↓これは起き上がり小坊師のようなもの。一人で乗ろうとすると倒れてきますが、うまく乗って真ん中に体重をかければ大丈夫。
さらに複数人でバランスを取れば……ということでこんなに乗っても。
段ボールの強度に驚くばかりです。

芸術祭2016 (6)

 ―――

翌週は東京と関西にまたがって国際ベルクソンシンポジウムが開催されました。
私は10日木曜日には東京にも行って来ました。
シンポジウムは翌11日にもあったのですが、その日は大学の演習があるので、その日の夜には京都に帰ってきた……のですが、その帰りの道中辺りから体調が悪化。一時期は眠れないほど関節痛が酷いわ喉が荒れて声も出ないわで、大学は休むことにしました。そのために帰ってきたのに行かないとか、何とも噛み合いません。

12日土曜日は移動日で、13日日曜日に大阪大学で3日目が開催です。
2日間寝込んで療養した私は、13日には大阪に行ってきました。まだ咳はありましたが。17日現在で9割5分は回復といったところです。

↓こちらは去年のシンポジウム論集。今年の分も来年刊行される……んでしょうかね。



日本勢は研究者にはお馴染みのメンバーとして、海外勢ではまさにベルクソンの専門家としてカミーユ・リキエ氏が参加。彼の研究はさすがに大したものでした。
海外勢で昨年に続いての参加となったのはバリー・デイントン氏。彼を含め、今回のシンポジウムは分析哲学や脳神経科学といった他分野との比較参照にウェイトを置いていて、専門研究という点では色々と引っ掛かることもあります。しかし他方で、今まで英語圏では忘れ去られていたベルクソンを紹介する仕事は、尊敬すべきものでしょう。

 ―――

東京では国立新美術館のダリ展も観てきました。
まあ同じ展覧会は以前に京都市美術館でもやっていたので、その時に観ていれば良かったのですが、機会を逃したままで……

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

ネット書店を渉猟する

今年度のノーベル医学・生理学賞はオートファジー研究の大隈良典氏だそうで。
そこでものは試し、その名前でネット書店を検索してみると……



これは「著者ノーベル賞受賞記念!!」とか銘打って宣伝しても売れなさそうです。
ちなみに理科教科書の執筆にも携わっている模様。こちらは教科書選択にどの程度影響があるものか分かりませんが。

さらにどうでもいい話ながら、英語でAutophagyと題した本はたくさんあるのですが、フランス語でAutophagieとタイトルにある本はまったく見付かりませんでした。

 ~~~

やはり外国人に声をかけられやすいのは京都駅や東京駅といった大きな駅です。
周りにたくさん人がいる中でなぜ自分に、と思いますが、外国人としてもなんだか話が通じそうな相手は直感的に分かるのかも知れません。
幸いにして、まずバス停の場所から答えねばならないといった難しいパターンには遭遇していないのですが(自分が普段使うバス停以外のことは分からないので、そんなことは日本語で聞かれても困ります)、意外なことで戸惑うことは何度かありました。

(1) 東京駅のホームで道を尋ねられました。相手が手にしている地図を見ると「Ueno」に大きく付けてあり、そこを指すので上野に行きたいことは誰でも分かることだったと思います。にもかかわらず、その地図を見て私はしばし首をひねりました。
少し経って気付きます。よく見ると地図の右下に「Subway Map」とあるのです。そしてここは山手線のホームだ!
東京の地下鉄路線図を見慣れている人なら0.3秒で分かったと思いますが、私は東京の地下鉄など数えるほどしか使ったことがないので、気づくのに時間がかかりました。
しかし実はそんなことはどうでも良くて、要はここは山手線のホームなのだから、ここに来る列車に乗ればいいだけです。逆回りに乗ってしまうと無駄になりますが、ホームにも駅名一覧があるので、それを見れば間違う余地はありません。分かれば伝えるのは簡単でした。

(2) 駅の売店で買い物としたところ、レジ横に立っていた外国人の女性から話しかけられました。
「Heat up」、つまり買った食べ物を温める方法を訊いている模様。
そこでレジの奥を見てみると、電子レンジは見当たらず。今し方会計を終えたばかりの店員さんに私が聞いて、ようやく店内の電子レンジをセルフで使用する形式であることを突き止めました。

ちなみに電子レンジがmicrowave ovenであるのを確かめたのは後のこと。普段学術書ばかり読んでいると、食べ物を温める話なんてしませんから。基本は指さし案内です。あまり英語を「話せる」必要性を感じません。

 ~~~

日本では「古典」「名著」と言われるものの翻訳は次々と出ます。同じ本の翻訳が多すぎて、一般人向けに文献案内をしようとするとどれを挙げればいいのか分からず困ります(あいにく、既存の翻訳を読み比べることには普段ほとんど興味がないので)。
たとえば私の専門である哲学者ベルクソンの場合、第二の主著『物質と記憶』の新訳が、21世紀に入ってからすでに3つ出ています。







特に岩波文庫から新訳を刊行した熊野純彦氏はカント、ハイデガー、マルクス…・・とどれだけ古典の新訳を出してるんでしょうか。

しかし、その著作が「古典」「名著」と言われるような大哲学者についての「研究書」となると、ほとんどは専門家しか読まないでしょう。だから翻訳紹介されることもめったにありません(「研究書」の著者自身が翻訳紹介に値する学者だと認められない限り)。
が、専門家になるとそういう「研究書」を大量に読むことになります。二次文献としては必要だからです。

――で、そんなものばかり読んでいると忘れそうになるのですが、たまに広く本を探していると、世の中にはまだまだ面白い本があることを思い出します。
それも、たんに娯楽として面白いというのではなく、専門研究に関わる学術書で、なおかつ一般にもアピールできそうな面白さを備えた本が、です。

日本の書籍はリアルショップに並んでいるのを見るのもいいのですが、外国語の書籍はここでもネット書店が頼りです。
本当に、興味深い本があるもので……

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

応募の手間というもの

先生方と研究方針について相談するついでに、将来の進路のことにも話が及ぶことがあります。

ある先生の曰く、学問をやっているとなると「留学してアカデミックポストに就いて……とやらなければいけないと思い込んでしまうことがあるけれど、それに向いている人ばかりではないし、あまり決め込まない方がいい」と。今の世の中、アカデミックポスト(主として大学教員)の席はとにかく少ないわけですし。

正直なところ、私自身もまったくその通りだと思います。
ただ、この歳になると普通の就職もなかなか難しく、他に選択肢があまりないから、やはりそれが第一候補にならざるを得ないだけで。

そして、「翻訳業なんてどう?」という話が出ました。
もちろん今の世の中、本が売れないのは分かっています。特に学術書など。
たまに意外なものが売れて一山当てる人がいるのですが、「売れそうな本」を当てるのは3ヶ月後の天気を当てる以上に難しいことでしょう。

ただ――考えてみます。
たとえば自分の関心に沿っていて「翻訳してみたい」と思う本があったとします。
無視されるのは覚悟の上で、その本の冒頭1章くらいの翻訳サンプルと、その本を翻訳する意味を説明した企画書を作って出版社に送るのが、果たして一般企業に就職するためにエントリーシートを書くのと比べて、どれほどの手間でしょうか。
そう考えてみると、売り込んでみて損はない気もしてきます。

まあ、やはり翻訳実績か先達からの推薦が欲しいところですが……実績に関しては、売り物ではないものの数本の仕事が認められるかどうか。
推薦はありません。とある先生が仕事で付き合っている出版社の名前を出した上で、「○○先生から御社のことをお聞きしました」と名前を出してもいいですよ、と言ってくれましたが、それが多少なりとも効果も持つかは疑問なところです。

ともあれ、翻訳の売り込みにはちょっと挑戦してみることにします。
仮に今すぐに企画が通ったとしても、翻訳にかかる時間を考えると出るのは何年後やら、という話ですが……

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

とても地味な研究の話

今更、真面目な哲学研究の話をしても誰が読むんだというような話ではありますが、先日刊行の『フランス哲学・思想研究』第21号に掲載された拙論「持続でもなく空間でもなく」は、昨年12月に『宗教学研究室紀要』第12号に掲載した「ベルクソンの空間論」ともども、ベルクソンの「空間」関係を扱った論文であり、一部被る記述もあります。
ただし、「空間論」はあくまで「空間」――幾何学などに関わる――を論じているのに対し、「持続でもなく空間でもなく」は空間からは区別される「拡がり」に関わる話です。(ベルクソンにとって、物体が三次元的な「拡がり」を持っていること自体は「空間」ではありません。空間はあくまでも幾何学的な「空虚で等質的な環境」であるのに対し、物体は等質的ではなく、つねに質的差異を備えています)
その意味で、相補的な2本とも言えるでしょう。

まあ「空間論」については当時の心理学や幾何学について、調べたことを片っ端から並べ立てた感がないでもなく、「持続でもなく空間でもなく」は先行研究の検討に紙面を費やした挙げ句に間を取った無難な結論を出しているような研究ではありますが。
ただ、ベルクソンは「時間の哲学者」というイメージが強く、その空間(あるいは空間とそうではない「拡がり」との区別)についてはとなると、専門家以外にはあまり知られていないのが実情。
拙論に書かれているようなことをどのくらい理解しているかが素人と玄人の分かれ目です。

他にも書けることはあるのですが、諸事情により今日はこんな、専門家以外にはあまり要のない話で。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。