FC2ブログ

洋書の海外通販

フランスのアマゾンから本が届きました。
フランスからの本

こんなの読むんですか? と驚かれたりしますが、正直な話(十分には)読まないと思います。
確かに芸術学において海外文献の購読は重要ですけど、こんなにたくさんフランス語で、辞書片手に、在学中一杯かけても読めないでしょう。第一、どう転んでも研究テーマに関係なさそうなものも混じってますし…。
それでもこんな風にどっさり買うのは、たまに目を通したりはするかも知れないということ、それに調べたり引用したいと思った時に本は持っていると便利であること(先生からも勧められました)、そして、ならばまとめて買った方が送料が安いだろうということが主な理由です。
まあ、あまりにも読みかけの本ばかり積み上げて足の踏み場も無いのは生活の上では困ったものですけれど。

それはそうと、海外注文の場合、送料の相場はまだよく分かってません。さすがに国内と違って完全にタダにはならない、そしてまとめた方が得らしいということは分かってますけれど。
さらに、かかる日数も謎で、4月22日に注文したら、配送予定日は5月23日から6月22日とか表示されていたんですが、そこまでは待たずして4月29日に発送、昨日届きました。
…飛行機で送ったとしたら、なんで1週間以上かかってるんでしょう? 手続きやら何やらでしょうか。英語の発送はshippingのようですけど、文字通り船で送ってたら1週間じゃ着きませんしね。

本の原価の相場に違いとか、通貨の相場とか色んなことが関わってきますけど(邦訳よりも格段に安いものも多いと感じてます。翻訳という手間が入ってる分高いのは当然かも知れませんが)、ただ、石油が不足すると燃料費の都合上、送料も上がるかなぁ、等という心配をしていたりもします。当面は円相場の方が問題でしょうけど。
                           (芸術学2年 T.Y.)
スポンサーサイト



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告