FC2ブログ

トランスジェンダー論

何だかもう呆れられているかも知れませんが、前々回の『放浪息子』に関連してもう少し話が続きます。(漫画に影響されやすいことがよく分かりますね)

放浪息子 9巻

このシーンは、女装趣味の彼氏なんて「へんな彼氏」という話から続くもので、「ゆくゆくは結婚したら」と話を飛躍させている訳ですが、あえて無茶を承知で言うと、これはあり得るかも知れないな、と。
つまり家には「その家固有のルール」というものがあって、外では決して通らないことが行われていたりするのです(そして当の家の住人はおかしいと思わないのです)。もちろん「夫が女装する家」は極めて稀だと思いますが、それに劣らぬ奇習は十分あり得るのではないかと。
そして、そんな家庭を持つ気になれるかどうかは大問題ですが、受け入れてしまえば、家の中でやってる分には大きな問題は発生しないでしょう、多分。

そう考えると、「男が女装すること」自体は、場面によっては必ずしも重大問題ではない、とも考えられます。歌舞伎の女形(おやま)というものもありますし。
それはそういう職業だからであって、趣味でやったら変に思われる――という説明もあり得ますが、なぜその職業では良いのか、という疑問は残ります。職に貴賎はないと言ったところで、世間の目が厳しい職業というのもあるでしょうに。
この『放浪息子』という漫画でも、主人公・修一の「女装が似合う」ことは誰もが認めていて、性倒錯した演劇(男役を女が、女役を男が演じる)も何度も繰り返し行われます。しかし修一が女装して学校に行ってしまうと事態は一転します。

どうも本当に問題になっているのは、学校という「公的な場」でジェンダーに然るべき格好をして来ない、ということのように思われます。
して見ると、学校で男女別の制服が決まっていることは実に象徴的ですね。

(ただこの理屈は、「女子が男子の服装を着て来てもそれ程問題にならないのに、逆は厳しい」という事実を説明するものではありません)
                           (芸術学2年T.Y.)
スポンサーサイト



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告