FC2ブログ

天候には恵まれず

22日は先月と同じく富山へ。
名古屋~富山間は特急で3時間半以上かかりますが。

そして富山から富山地方鉄道にて立山駅へ。

橋

この高低差。この橋のところでは電車が徐行するのでじっくり見られます。

そして雷鳥沢に宿泊、翌23日に剱沢を経て仙人池に向かう……予定だったのですが、残念ながら雨天でした。
豪雨ではなく、雨合羽を着て歩くことではできましたが、途中で休憩しづらいのが辛いところですね。
気温も先月に比べればずいぶんと低くなっているので、雨に打たれると少々寒くもありますし(しかし場合によっては雨合羽を着て歩いている分暑く感じられることも)。

結局、午前中に着いた剱沢小屋で宿泊することにしました。
雨は降ったり止んだりで、比較的いい時にはこの位↓の眺望は得られました。

剣沢より

24日……当初は仙人池から戻ってきてこの日に剱沢に宿泊する予定でしたが……状況が変わりました。
前日には、天気が良くなれば剱岳に登頂するかとも話していましたが、この24日も相変わらずの天候。
山小屋の朝は早く、5時に朝食を食べた後で9時くらいまで談話室で様子を見ていましたが、あまり天候の良くなる気配がないので剱岳は断念。
「ブラブラと」ハイキングでもするつもりで別山~雄山まで立山を歩いてきました。

この写真は行きがけに撮ったものだと思いますが、こういうまずまずの景色が見える場面もあったのですけれど……雲のかかり方が水墨画風ですし。

剣沢から2

別山山頂の神社。背景で空模様はお分かりでしょう。昨日の写真1枚目もこの辺りからのものです。

別山神社

大汝山。

大汝山

昨日書いた通り、午後3時くらい、降りてくる頃になって雨も止み、少しは天候も良くなってきました。

そして剱沢小屋にもう一泊。
帰りとなる本日になって天候はだいぶ好転、朝焼けとはいかないものの、このように雲に当たる朝日も見られました。

朝日

風で多少水面は波立っていますがこの通り。

池から逆さ剣

結局、帰りに平地から見上げても頂上の方は雲がかかっているようでしたが……

紅葉に関しても、やはり景色の一番いい仙人池に行けなかったのは残念ですが、ある程度は見られました。
まあ草もしくはそれと同程度の丈の木ですが。

草紅葉

チングルマの綿毛も赤くなっています。早いものではもう散っていました。

チングルマ 綿毛2

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告