FC2ブログ

メディアミックスもネタ元――『這いよれ! ニャル子さん 10』および『這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム2』

さてもさてもいつも通りにライトノベル新刊、『這いよれ! ニャル子さん』の10巻です。

這いよれ! ニャル子さん 10 (GA文庫)這いよれ! ニャル子さん 10 (GA文庫)
(2012/10/17)
逢空 万太

商品詳細を見る

7巻以降は安定して半年に1冊のペースを続けている本作、10月に単行本が出るのも3度目になります。仮面ライダーの番組交代時期は9月ですが、入稿時期には本当に始まったばかりではないかと思われる新番組のネタをきっちりと入れてくるんですね。
2009年10月の3巻ではラストで滑り込み的に『W』ネタ、2011年10月の8巻では中盤からイラストまで堂々と『フォーゼ』ネタ、そして今回10巻では……

ニャル子10巻 帯
 (10巻帯)

知っている人ならすぐ分かるでしょうし知らない人に説明しても仕方ありませんが、「チョーイイネ! サイコー!」は『仮面ライダーウィザード』に登場する機械音声であり、ついに帯から新番組ネタが来ました。
いや、帯の方が本編より後に書かれるでしょうから、別に驚くことではないのですが。

そろそろ内容ですが、この10巻ではついに、前々から名前は出ていたニャル子の友人・(シロガネ)アト子が登場します。
6巻で名前の出ていたニョグ太も9巻で登場しましたし、いずれ来るだろうとは思っていましたが…

「そんな抱き枕なんぞ、どっから持ってきたんだ。今まで見た事もないぞ」
「ああ、それはですね。高校の時に仲のよかった友達に作ってもらったんですよ。アトラク=ナクア星人のアト子ちゃん」
「だからどうしてお前らはみんな『~子』なんだよ工夫しろよ」
「アト子ちゃん、繊維を扱わせたら宇宙位置の巨大アパレルメーカーの会長令嬢ですよ」
「使わん情報を公開するな」
「セーラー服の似合う黒髪ロングの和風美女なんですよ」
「聞いてねえよ」
 (逢空万太『這いよれ! ニャル子さん 3』、ソフトバンククリエイティブ、2009、p.15)


「え、これですか? アト子ちゃんから送られてきたんです。試作品、試してみてくれって」
「またそいつか。お前よりも先にそっちを何とかした方がよさそうだな」
 もしかして今までニャルラトホテプが出してきたチェーンソーだの手榴弾だのはみんなそのアトラク=ナクア星人の仕業なのだろうか。だとすれば、そいつがラスボスではないのか。クトゥルー神話だとアトラク=ナクアは蜘蛛の邪神で、巣作りが終わると世界も終わるらしいし。
 (『這いよれ! ニャル子さん 6』、2010、p.216)


その姿は言われていた通りの和風美人で、蜘蛛の特徴もデザインに取り込み、一見すると清楚で人格も控え目ではあります。

アト子&ニャル子
 (『這いよれ! ニャル子さん 10』、2012、カラー口絵)

とは言え、むろんこの作品の邪神が大人しいままでいるはずもなし……その実態は、とネタを説明してもつまらないので各自でご確認を。
なお、アト子はアニメ(今年のアニメよりももっと前のフラッシュアニメ時代)で先に登場したことがありますが、そちらとは別人格です。
その辺こともきっちりネタに取り込み、アニメの話を持ち出して「ああ、あれは違う世界線でしたか」(同書、p.22)と言ってみたりと、本当に自在です。

ストーリーは相変わらず。学校の調理実習を十数ページもかけてやったりと、事件も起こらないまま単行本の前半をだらだらと過ごし、やがて事件が起こるが真相を解明してみればくだらない理由で、しかも意外なところに伏線があったという展開は本当に安定しています。
意外なものが伏線である一方で、いかにも何かありそうなものが何もないという方向で意表を突いてきたこともありましたが、今回は(重要か否かはさておいて)伏線としての回収率はかなり高かった感がありますね。
他方で、先の9巻は「劇場版をイメージした」というだけあってクライマックスのバトルは割と盛り上がりましたが、今回はその方面は控え目で、戦いも気の抜けたオチに徹します。
戦闘シーンの技にライダーネタはもはや当然のように使ってきますが……

八坂家に同居している三人の邪神(ニャル子・クー子・ハス太)に比べると、前巻に引き続きルーヒーの出番は少ないですね。8巻ではメインを張りましたが、あのような形でないと大きな出番は望めないでしょうか。

後は、前巻では命懸けでニャル子達を助け、望んで邪神達のいる日常を取り戻しただけあって、真尋もさすがに自分の邪神達への感情の変化を感じています。さらにアト子の登場も新たな示唆を与え、ニャル子への気持ちも自覚せざるを得ないところに……これ以上進展したら最終回が近いんじゃないかという不安もありますが。

 ―――

さらに、番外編コミックス『這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム』も2巻が発売。

這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム2 (フレックスコミックス)這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム2 (フレックスコミックス)
(2012/10/12)
逢空万太

商品詳細を見る

原作のストーリーを追うのではなく、原作の設定と展開を前提した4コマ・短編ギャグですが、これが実によく嵌まったコミカライズとなっています。
パロディネタよりもエロ・下ネタの比率が高めという特徴はあるものの、ネタのノリが原作に近いのです。

さらに、原作は毎日の出来事が欠かさず描かれ(そして毎日のように事件が起こり)、まだ作中で3週間しか経っていないという驚くべき仕様なので季節ネタなどはありませんが、こちらは時系列などは無視してクリスマス・年末コミケ・正月・バレンタイン・花見といった定番をきっちりやります(その上、原作の時系列を無視することによる食い違い――「母さんいつ帰って来てた?」など――をネタにするところも原作そっくりです)。

また、こちらのニャル子は原作の文章に忠実に巨乳です。

ニャル子ちゃんタイム
 (逢空万太/星野蒼一朗『這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム 2』、フレックスコミックス株式会社、2012、p.56)

ここでもメタネタ。
暮井珠緒の好物がバウムクーヘンのラムレーズンアイス添えというネタ(声優ネタ)に至っては、原作9巻とほとんど同時期の発表ではないでしょうか(これはネタ合わせの機会があったのかも知れませんが)。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

メディアとは夢のごとく…?――『這いよれ!ニャル子さん 11』

学生が自らの興味関心や研究テーマに即して独自に勉強会を開き、授業よりもそちらでこそ勉強する……というのは良いことですが、打ち解けたメンバーで集まると、ついつい雑談で時間...
プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告