スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然はどうにもならぬ…

やることは色々山積みですが、まあ期限などの事情を考えて必要なことから――ということで、感想を書くつもりで先送りになっている本など色々ありますが、慌てないことにします。

そんなわけで今回もありあわせのような話題ですが……
立山・室堂の近くにある地獄谷の火山活動が最近活発で、ついに今年から通行禁止になったという話を書いてきました(今年8月19日の記事などを参照)。
迂回路を通っていても、噴煙地帯から風下にある展望台などでは硫黄の臭いが強烈で、咳き込むほどです。そのうちアルペンルートを通れなくなったりしないでしょうか。

そして、先月に父がまたも行った時に撮って来た写真が以下。

地獄谷

煙の吹きつける斜面はすっかり地面が剥き出し、画面左の方に見える植物も赤褐色になって枯れています(近付くと紅葉ではなく枯れているのがよく分かります)。
この谷が煙を含んだ風の通り道になっていて、その周辺ではハイマツなどが急激に枯れています。
今まで生えていたものが枯れてきているということは、有毒ガスの濃度が上がっているということでしょう。

しかも煙が谷を伝って山荘を直撃(斜面の向こう、煙の中に透けて見えるのが雷鳥荘です)……大丈夫でしょうか、ここ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。