スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘い関係のようで…

何度か言ったことのような気もしますけれど、なるべく予備知識を要求しないような解説というのは心がけてはいます。専門論文でさえ、一般的な用語はともかく、まったく同分野の専門家にしか分からないような書き方というのはやはりするべきではなく、やはりある程度異分野の読者にも分かるような説明というものは必要です。
このブログの場合、(少数とは思われるものの)中高生からご年配の方まで読者がいるので、そうした方々のことを思い浮かべつつ、結局誰に向けて書いているのか未だによく分かりませんが……少なくとも、メインとなったサブカルチャーネタにしても、その作品を知っている人にしか分からないような書き方ではなく、未見の人にも興味を持ってもらえることが万が一にもあればいいと思って書いてはいます。
まあ成功してはいないかも知れませんが。未見の方は長々と説明されてもやはり興味が湧かないかも知れませんし、作品名などで検索してこのブログに辿り着く方(少しずつ増えてはいるようです)は、その作品を知っての上で他人の感想を見に来るケースの方が多いのではないかと思いますから。

 ~~~

等と言いつつ、過去記事で書いたことを繰り返したいかというとそうではありません(内容的に繰り返しになることもありますが)。同ブログ内を調べれば分かることは読者次第、ということで。
そんなわけで(?)今月のコミックビームです。

コミックビーム 2012年 12月号 [雑誌]コミックビーム 2012年 12月号 [雑誌]
(2012/11/12)
不明

商品詳細を見る

気が付けば志村貴子『放浪息子』が連載10周年で、雑誌の巻頭カラーを使って7人からの寄稿を集めたスペシャル・トリビュートが掲載されています。
連載期間は10年ですが、登場人物は当初小学5年生だった修一達が現在高校1年生ですから、作中時間の経過は5年くらいですね。一時期はリアルタイムに合わせて進級していた気がしますが、あれは中学生編の間限定だったでしょうか…? (現在単行本が手元にないので確認できず)

トリビュートの寄稿メンバーはアニメ版スタッフのあおきえい(監督)岡田麿里(脚本)、それに同業者の青木俊直、イシデ電、岩岡ヒサエ、谷川史子、ふみふみこという面々(敬称略)です。

放浪息子トリビュート
 (『コミックビーム』2012年12月号、エンターブレイン、pp.4-5)

『放浪息子』本編は、前回ラストから直接の続きではないものの、前回から修一と安那の関係という部分を引き継いでいます、珍しく。

芸能人としての仕事に忙しい様子の安那に、修一はもしや別れた方がいいのではないかと思います。

放浪息子(2012年12月号)1
 (志村貴子『放浪息子』、同誌、p.8)

放浪息子(2012年12月号)2
 (同、p.10)

しかし、気遣うところかいきなりこう切り出して、安那にどれだけ執着があるのか疑問を抱かせる辺りが何とも彼の宇宙人なところ。
もちろん、「大事な時期」なのは「仕事はじめてからずっと」だと返す安那。
そして……

放浪息子(2012年12月号)3
 (同、p.15)

『敷居の住人』でセックスに至った時の千暁はもう一学年上だったか、等と思いつつ、何となく不安定さを感じさせる二人。はてさて…

竹本泉『あかねこの悪魔』は休載です。

後は、連載3回目となるおおひなたごう『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』が面白い。
今回はカレーの食べ方が分からない男の話

目玉焼きの黄身いつつぶす?

目玉焼きの黄身いつつぶす? 2
 (おおひなたごう「目玉焼きの黄身 いつつぶす?、同誌、pp.168-169、クリックで画像拡大されます)


しかし、紙が変わって雑誌は薄くなりましたが、その分透けが目立ちますね……


放浪息子 (1) (BEAM COMIX)放浪息子 (1) (BEAM COMIX)
(2003/07)
志村 貴子

商品詳細を見る

放浪息子 13 (ビームコミックス)放浪息子 13 (ビームコミックス)
(2012/05/25)
志村 貴子

商品詳細を見る

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。