FC2ブログ

正しさが分からないままに――『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

久々に頭痛が治まりません。そんなわけで書ける文章量が減り舌足らずになるかも知れませんが、忘れない内に…

『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観てきました。
ストーリーはもはや完全に別物であると同時に、ある救いのなさは確かにTVシリーズおよび旧劇場版から引き継がれていましたね。

以下ネタバレです。なお、詳しい用語などはチェックしきれませんので悪しからず…




冒頭でまず、片目になりながらも生きていたアスカがマリと協力して、宇宙空間から巨大な物体を回収するところから。
そこからサルベージされたらしきシンジが目を覚ましますが、何とあれから14年が経っており……
確かに皆もずいぶんと変わっていることで。ただしエヴァのパイロット達は「エヴァの呪い」により身体的には昔のままですが。
しかも葛城ミサト大佐率いる組織「ヴィレ(Wille)」超巨大飛行戦艦「ヴンダー(Wunder)」を拠点にネルフと戦っているという(その構成員は元民間人の多い寄せ集め集団とのことですが、鈴原トウジの妹・サクラを初めとして新キャラ多数です)。

こんな浦島太郎的状況の中、シンジは「何もするな」と命じられますが、そこに綾波レイの乗るエヴァンゲリオン9号機(外見は零号機似)が襲来、シンジはネルフに連れて行かれ、そこで渚カヲルと友達になります。
しかしそこで教えられる真相――それはサードインパクトにより壊滅し、すっかり様相を変えた世界でした。『破』ラストにおけるシンジの乗るエヴァ初号機の覚醒がサードインパクトの引き金となったとのこと。
その上、――反応から観客には予想のついていたことではありますが――綾波レイはやはり前とは別物、二人目でした。結局、前回『破』であれだけやって、助けることはできていなかったという――(今回は子供時代に「一人目」のレイが殺されていたという話はないので、判明している限りでは二人目です。過去編もないので、レイの正体については冬月の口から割と手短に語られます)

『破』の時には「綾波は綾波しかいない、だから今、助ける」と言って救出していたのを見て、私は「あれだけやって、結局この後でレイが死んで代わりが出てきたらがっくり来ることこの上ない」等と言いましたが、まさにそうやって落とすためのお膳立てだったとはやられた、やられたとしか言いようがありません。
その落差を押し通すための14年なのか、と思うくらいに。
この14年というのは旧『エヴァ』からリアルタイムで経過した時間に近いものであり、「今回は役者さんが無理しなくていい年齢設定にしました」(三石琴乃インタビュー、豪華版パンフレット『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q 記録集』、p.58)という話もあり、また旧『エヴァ』からの観客にとっては現実の時間の流れを感じさせるものであったかも知れませんが。

この壊滅的な事態を自分が引き起こし、その上助けようとした人まで助けることができていなかったと知ったシンジは塞ぎ込みますが、ドグマ中心部にある「2本の槍」を手に入れて押さえればネルフはフォースインパクトを起こせなくなるし、世界を元に戻すこともできるとカヲルに言われ、二人でエヴァ13号機に乗って槍の回収に向かいます。
ただ結局、それすらもネルフの――ゲンドウの――陰謀であったらしく、事態はフォースインパクトへと向かいますが……

ただ、「父さんも、誰も信用できないよ」と言うシンジに「でも僕のことは信じてほしい」と言っていたカヲルは実際騙していたわけではなく、「最初の使徒」である彼自身も利用されていたようで、最後は自ら死を選んでフォースインパクトを止めます。それは同時に、シンジにとっては救いを与えてくれた友人を失うことでもありましたが。
仲良くなった直後に失うことになる展開は『破』のアスカを反復していますし(まあ当のアスカは復活しましたけれど)、持ち上げて落とすのを繰り返しますね。

事態が少し予測と違っているのを見たカヲルが「やめよう、シンジ君」と言うのに対し、「槍さえ手に入れればってカヲル君が言ったんだろ」「なんのためにここまで来たんだよ」と焦燥に駆られて槍を手にしてしまうのは非常に印象的です。
あの惨劇的な状況を引き起こしたのが自分だと言われて絶望し、それを取り返すために何かができるならやらねば、と焦る気持ちは想像して余りあるものがあります。

(……)収録時期がちょうど3月中旬で、TVで多く流れていた1年前の災害の映像の、とある街の光景と重なり、「あれが自分の(シンジの)せいだとしたら」と想像した瞬間に、もう……。「うわーーーっ」ってなっちゃって……。
 (……)
 いま、話していてもしんどいんですけど。大人の自分でも耐えきれないなと思うくらいだから、もし自分が14歳のときにそういう風に言われたら、どうしたらいいんだって思って、そこから先はずっとしんどかったです。
 (緒方恵美インタビュー、上掲パンフレット、p.43)


――が。
自分は何かを達成したはずだ、できるはずだということに縋るシンジをアスカは「バカシンジどころかガキね!」「ガキシンジ!」と痛罵します。「エヴァの呪い」で歳を取っていないことと言い、やはりエヴァのパイロットは大人になることを禁じられているのでしょうか。

とは言うものの、同じく身体的に成長していなくても、アスカの方は精神的には14年の歳月を重ねています。監督曰く「アスカはもうプロの傭兵なんだ」(宮村優子インタビュー、上掲パンフレット、p.53)とのことですし。

旧TVシリーズの終盤では、人と触れ合って傷付くのが怖いの親の愛情に飢えているのといった内面の悩みが延々と吐露されていたのを思い返すと、事態はもう少し明らかになってきます。
今回『Q』ではシンジとゲンドウの絡みがほとんど――13号機に乗れと命じられるところしか――なかったことも象徴的です。もうパイロット達は「親の愛情を求めて」戦っている印象はあまりありません。
この新劇場版のシンジが綾波を助けようとしたり、今回も「エヴァに乗せてください」と言っていたりするように積極的に動いてくることが結実してきているわけですが、今回の問題はむしろ行為の、コミットメントの問題なのです。
その時は良かれと、それどころかそれしかないと思ってやったことが裏目に出て、その責任の重さに慄然とする、それを取り返そうと焦ることはさらに事を悪くする、行動すべきだと思うけれど、何が正しいのか分からなくなる――

しかし、これは大人なら何をすべきか分かる、というような問題でしょうか。必ずしもそうではありますまい。
愚か者が決断するから間違うのだ、と言えばそれも然り。ですが、決断せずにいられることばかりではありません。

そんな中でも、女性陣の逞しさは絶望に嵌まっていくシンジと対照的な印象を与えます。
ミサトは今や最高責任者として指揮を執っていますし、アスカは「傭兵」だか「武将」だかとして責任感を持って、そしてマリは自分が楽しむために(彼女の陽気さは貴重です)戦っています。多分、彼女たちは結果がどう転ぼうと後悔しない覚悟があるのでしょう――(疑問を持たず「命令だから」と行動するレイも迷いがないのは確かですが、終盤には「綾波レイなら、こんな時どうする――?」と言っている場面もありましたし、まだ動きそうです)

もう一つ、シンジが自発的に決断しようが結局はゲンドウの思惑通り、というのも旧『エヴァ』から変わらないところです。
ただ他方で、「人類補完計画」なるものについては、文字通りの破壊とそれに続く再生という、若干具体的なイメージが出てきました(ゲンドウの目的はつまるところ、ユイを取り戻すことなのではないか、と思われる節もありますが、この辺は何とも)。
ミサト達がネルフに対抗する組織ヴィレを結成したこともあって、「人類補完計画」なるものに関わる目的を巡って戦いとなるお膳立ては出来ています。
とは言え、ゲンドウに利用されてこんな事態を引き起こしてしまったから、ではゲンドウに敵対する、で済む問題ではありません。それでは絶望から立ち上がる理由にもならないでしょう。

それと関連してか、ラストではシンジ、アスカ、レイの3人のパイロットは赤い荒野となった地上に投げ出され、このままでは通信が通じないので助けも期待できないと言って歩き出します。彼らがこの後どこに付いて何と戦うのかは開かれた可能性であるかのように……
(しかしなぜこの中にマリがいない)

次の完結編ではどうなるのか、予告では「たどり着いた場所が彼に希望を教える」とありますが、何らかの希望を与えて終わるのかまた落とすのかまったく分かりませんが、こうなったら次回の公開まで生きることを第一の目標としておきましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

まとめ【正しさが分からないま】

久々に頭痛が治まりません。そんなわけで書ける文章量が減り舌足らずになるかも知れませんが、忘れない内

ならば引き篭もるか――

一昨日の続きで、『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の話をもう少ししようと思ったのですが、こちらはネタバレになるのでまた続きにて。
プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告