スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼らも「先輩」になった――『特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE』

もう毎日授業があるわけでもない学生、となれば平日に遊びに出かけても構わないわけですが、映画は週末に封切られるので、結局多くは土曜日に観に行くことになります。
そんなわけで、『特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE』観て来ました。

この、放映中の戦隊と前の戦隊が共演する「VS」シリーズ、最初はいがみ合っていた両戦隊が手を取り合って…というのが基本パターンで、両レッドがかなり長々と一騎討ちを演じたこともありますが、今回はゴーカイジャーが悪の海賊として登場、思い切り正面対決です。

ゴーカイジャー海賊スタイル

黒基調の悪っぽい海賊スタイル。
パンフレットの写真が小さいので画像が粗いですが……似合いすぎ。
仮面ライダーと共演した『スーパーヒーロー大戦』でもマーベラスは悪役になっていましたし、やはり「海賊」だけあってゴーカイジャーにはヒールがよく似合います。
まあもちろん、これも理由あってのことで、後半はゴーバスターズと一緒に戦うわけですが。

それから、この「VS」シリーズではさらに次の戦隊も先行顔見せ的に登場するわけで、両戦隊は1年前の「VS」ですでに関わっていることになるわけですが、この「VS」で初対面という扱いになるのが普通です。
しかし、『ゴーカイジャー』が戦隊シリーズ全体との繋がりを前面に打ち出した作品であったせいか、はたまた『スーパーヒーロー大戦』でも共演していたせいか、今回は両戦隊すでに対面済みで、ゴーバスターズもゴーカイジャーをヒーローと認識した上で、敵に回ったのを見て「なぜ…」という反応をします。

そして先行登場ということで、次の戦隊「獣電戦隊キョウリュウジャー」も登場。
これについてはそろそろTVでも予告が流れ始めていますが……「次の戦隊は恐竜? こんな強いヤツら、見たことない!」というキャッチフレーズは、「恐竜」モチーフもすでに3度目(『恐竜戦隊ジュウレンジャー』『爆竜戦隊アバレンジャー』に続く)だと思うと何だか大袈裟に聞こえます。ただパンフレットを見て「強き竜の者」の意なのだと知り、少しは納得しました。
そして、先行登場する次の戦隊は裏方的に登場してひっそりと敵を退けていくことが多かったのですが、今回のキョウリュウジャーはゴーカイレッド達と顔を合わせ、「ここは俺たちに任せろ」と敵幹部の一人を撃破、おまけにギャグまで披露します。

ストーリー的には、『ゴーカイジャー』最終回でゴーカイジャーは「宇宙で2番目のお宝」を求めてザンギャック本星に向かったのですが、今回彼らがザンギャックの残党と組んで地球攻撃に来たのはその続きということです。あの最終回の正規の続きは『スーパーヒーロー大戦』よりこっちということなのでしょう。
ザンギャックの新司令官は皇帝アクドス・ギルの親族と思われる(アクドスのことを「叔父貴」と呼んでいる)バッカス・ギル(いつも酒の瓶を持っている大酒飲みなので酒の神バッカスとかけたのでしょうが、まったくひどい名前…)。
彼らはヴァグラスとも手を組み、「宇宙で最大の力を得られる」という「幻のレンジャーキー」を狙っています。

他方で、ゴーバスターズ側のメインストーリーは、冒頭でニックが「俺たちがいなくなったらどうするんだ」と言っていることからも予想される通り、バディロイドとゴーバスターズとの絆が一時的に失われる物語です。これがゴーカイジャーとの共演に入るわけですから、かなり色々なものが同居してしまっている感もありますが、それでも最後は「幻のレンジャーキー」も絡めて上手くまとめてきます。
巨大ロボ戦に力を入れていた『ゴーバスターズ』と『ゴーカイジャー』の「豪快チェンジ」のコラボに相応しく、かつ懐かしのサービスも満載のラストバトルも流石。

それから注目なのは、ゴーカイジャーが「先輩ヒーロー」の立場になったことですね。
ゴーカイジャーは過去のスーパー戦隊が総力でようやく退けたザンギャックとガレオン一隻で戦っており、「先輩」達に負けない存在感を持つ連中として、たんなる「新米ヒーロー」とは一線を画す存在として描かれてきましたが、それでもかつてヒーローとして主役を張った「先輩」には相応の格があります。それゆえ、基本的にかつてのスーパー戦隊は上からゴーカイジャーを「認め」て「大いなる力」を譲るという展開でした。
それがついに変わったわけで、マーベラスが「お前たちはスーパー戦隊としてまだ半人前だ」と言ったり、先輩のスーパー戦隊を敬愛していた鎧がゴーバスターズを前にすると「でもオレの方が先輩だから敬語使わなくていいのか…」と考えてしまったり……彼らも「歴代の戦隊」に名を連ねたとだと思うと感慨深いことです。

ところで、終盤ゴーバスターズ側の山場で流れたのは旧オープニングテーマ。むしろなぜオープニングテーマを変更したのか…

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。