スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは新しいタイプ……か?

語る間もないまま、先の日曜日には『特命戦隊ゴーバスターズ』が最終回を迎え、新番組『ドキドキ!プリキュア』は早くも第2話でした。
今回のプリキュアの主人公・相田(あいだ)マナ生徒会長です。過去シリーズでもメンバー中に生徒会長がいたことはままありましたが(『ハートキャッチ~』の明堂院いつきとか。前作『スマイル~』の青木れいかも途中で生徒会長になっていたはず)、第一に変身する主人公が生徒会長というのは珍しいかも知れません。しかも、先生からも頼りにされています。
まあ、会長の割には雑用係のように自ら駆け回っていますが、しかしこういうアクティヴなキャラはスポーツ少女であることが多かったのを考えると、やはり見慣れないタイプのような気がします。

もっとも、何でも自力で解決しようと奔走しすぎなのは別の意味で危うさを感じさせますし、それは友達の菱川六花ひしかわ りっか、次回彼女もプリキュアに変身予定)にも心配されていましたが、「今回の主人公は頼りになるタイプ」という印象は間違いではなかったようで、第1話で初めてプリキュアに変身したところで引きとなったのが、第2話ではあっさり敵を倒してしまいました。
第1話がこの引きとなった場合、第2話の前半は不慣れなこともあって力を使いこなせず一時敗退、後半でようやくヒーローとして様になって勝利、ということも多く――当初一人だった『ハートキャッチ~』も、第1話で二人同時に変身した『スイート~』も――、だから変身当初の主人公は頼りないイメージがあったのかも知れませんが、今作はだいぶ印象が違います。
それでいて第2話で次が変身するかと言うとそうではなく、六花の変身は第3話予定です。

それからこの『ドキドキ!~』の特徴として、冒頭で異世界の戦士・キュアソードが自らの世界を「守れなかった……」と立ち尽くすところから始まっており、それゆえ相田マナが変身するキュアハートは作中登場する二人目のプリキュアです。
似たパターンは『ハートキャッチ~』でもありましたが、『ハートキャッチ~』の場合冒頭で登場したキュアムーンライトは戦いに敗れて力を失っており、プリキュアとして復帰するのは後半で、事実上四人目のメンバーでした。『ドキドキ!~』のキュアソードはきっちり現役で、彼女の戦いを目にしてマナも変身することになります。
今のところソードの変身前の姿は不明ですが…

他にプリキュアになる予定のメンバーは、上記のマナの親友・六花と、マナと幼馴染である大金持ちのお嬢様・四葉ありす(ちなみに、今回はトランプの柄がモチーフなので、プリキュアが終始四人なのはほぼ確定でしょう)。
これを観て期待する気になっているところから逆に思うのですが、前作『スマイル~』では5人もいて全員が同じクラスというのがどこか物足りなかったのかも知れません。
彼女たちは最初から友達というわけではなく、新たなクラスメートとしての出会いと親交を深める過程はありましたが、5人相互の距離感にそれほど大きな差がない印象があったのかと…いやまあ、いいんですが。
今作の場合、ありすはマナの幼馴染だけれど今は別の学校らしく、キュアソードは今のところかなり冷淡な態度と、関係の距離感にもバリエーションが見込めそうです。

現時点で登場している敵幹部は――最近の2作に比べると――割とシリアス寄りな印象。
敵のモンスターは人間のエゴイスティックな心を抜き取って生み出す「ジコチュー」……最初に登場したのがハートに足の生えたカニだったこともあって、ポケモン図鑑に載っていても違和感がありません。

そうそう、プリキュアの正体を秘密にしなければならない理由として、「正体を明かせばその人を戦いに巻き込むことになる」という比較的もっともらしい説明を妖精がしていました。
もっとも、問題は「戦いに巻き込む」ということの意味であって、プリキュアシリーズでは通常、敵はプリキュアの正体を知っており、プリキュア周辺が襲撃を受けることが多いのを考えると、正体を明かせばどう状況が変わるのかは微妙な問題かも知れませんが……
しかし、その上で悩んだ末に「親友に隠し事なんかできない」と自ら六花に正体を明かす主人公、というのも前代未聞ではないかと。と言っても、敵襲を前にして六花の目の前で変身するという形だったということを考えると、「やむを得ず」とも言えるかも知れませんが。いずれにせよ、次回で六花もプリキュアとなれば結果オーライなんですけどね。

それから、今作のマスコット妖精たちはどういうわけか、プリキュアが変身する時には携帯電話のような形になります。いつの間に変形しているのかはよく分かりません。
ヒーローの変身アイテムが携帯電話なのはこの10年で珍しくなくなりましたが、プリキュアでは――というか少女向けでは――多くはないでしょうか。
しかし妖精の顔が付いていて喋ります。

そう言えば、『魔法少女育成計画』にはハート型の端末は画面が見づらいという現実的な指摘をするネタがありましたっけ…

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。