スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上手くいかないのは誰のせい

3日ほど前の記事「伸び続けたらどうなってしまうのか」の続きのようなものです。

現在「アベノミクス」と呼ばれている政策ですが、金融緩和とか財政出動(公共投資)というのは過去にも政府と日銀がたっぷり行ってきたことです。その結果として今や日本の銀行預金の金利はないも同然これ以上何を緩和するのかと思うくらいです。
それでも安倍総理の考えとしては、「まだ足りなかったから、十分な成果が出ていない」ということのようです。

引き際、という言葉が頭をよぎるのは気のせいでしょうか。

「今までが足りなかったから、もっとやればいずれ成果が出る」から「今までのやり方は間違っていたのだから、今すぐやめるべき」に転換するポイントはどの辺でしょうか。
少なくとも、『日本経済の奇妙な常識』の吉本佳生氏や『経済学の犯罪』の佐伯啓思氏は、今までの「構造改革」「金融緩和」「円高対策」の“成果”こそが現在の停滞だと見なしています(「実は「想定通り」なのではないか…(「間違っている」のは誰か?)」も参照)。

どちらが正しいか、という前に、一つの分岐点として、たとえばリーマンショックを「ひとごと」だと思うかどうかがあるのではないか、という気がします。
「ひとごと」というのは「対岸の火事」ということではなく、「日本も被害は被ったが、リーマンショックを引き起こしたのは“アメリカの問題”だ」という考えのことです。
リーマンショックが起きてからまだ5年も経っていませんから、「失われた10年」とか「20年」とかを全てそのせいにはできませんが、少なくともここ4年半のことに関しては「日本のやっていることは間違っておらず、このままなら上手くいくところだったのに、リーマンショックによって水を差された」と考えることも可能です。
――リーマンショックが起こったことに日本の責任がないとすれば。

しかし、たとえば「円高対策」として円を売りドルを買うことは、その買ったドルを運用することで、結果的にはアメリカの市場に大きな影響を与える行為です。
吉本氏は、それが少なくともリーマンショックの遠因の一つではあると考えています。
もしそうであるとすれば、これまでの「構造改革」「金融緩和」「円高対策」をさらに続けることはリーマンショックの原因を続けることであり、第2のリーマンショックを目指すことです。
そう考えるならば、それをこれ以上続けようとは思わないでしょう。

アメリカ発の経済危機は「われわれのなした問題」だと思うかどうか――まずはそこです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。