FC2ブログ

自分の力を家族に誇れますか

はて、電子辞書の追加メモリ・ドイツ語辞典はどこに行ったのでしょうか。
同じ電子辞書の追加パーツなのに、フランス語辞典は音声ありでこっちは音声なしか、等とぼやいていた覚えはありますが…
幸いドイツ語辞典は紙の辞書が健在ですが、持ち運ぶ時には重いのが…

 ~~~

さて、本日は『獣電戦隊キョウリュウジャー』第2話放送でした。
今回はキョウリュウブルー・有働ノブハルキョウリュウピンク・アミィ結月(ゆづき)にスポットの当てられるエピソードでした。
ノブハルは妹とその幼い娘と同居しており、一見すると最初はダイゴにも「奥さんと子供か」と間違えられた通り。設定年齢も32歳で、戦隊ヒーローの正規メンバーとしてはかなり異色な「家族持ちのおじさん」というイメージのキャラクターです(※)。妹たちは彼がキョウリュウジャーになっているとは知らず、しかも妹は敵ともどもキョウリュウジャーにも不審の念を抱いているようで。

※ 演じる金城大和氏のインタビューでの発言は以下の通り。年長設定のメンバーがいたために思いがけず出演することになった、という話は前年のブルーバスターと共通しますが、今回はさらに極端です。

 僕は今、29歳なんですが、演じるノブハルの設定が32歳なんですよね。こんなヒゲ面のおじさんがヒーローになれるなんて自分でも思っていなかったので、決まったときはポカ~ンという感じでしたが(笑)、こういう設定のキャラがいたおかげなので、とてもラッキーでした。

有働ノブハル
 (『特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE』パンフレットより)


他方、アミィはお嬢様で、身の回りの世話をしている執事のジェントルは、彼女が実は強くて荒事好きであるなどとは知りません。

アミィ結月

そしてそんな中で、「守るべき家族がいる」ことが自らの力の源になることを見出すノブハルと、ジェントルに自らの力をカミングアウトすることでおそらくは自分の力に誇りを認めるアミィが上手く相補的に描かれています。
この辺、続く『仮面ライダーウィザード』で仮面ライダービースト・仁藤攻介のおばあちゃんが登場、攻介がファントムを食わなければ死ぬ身になっていることを隠そうとしていたこととも一部テーマが重なっていますが……ついでに、『ドキドキ!プリキュア』もお嬢様の話(当然、執事が身近に)でしたし。

『キョウリュウジャー』に戻って、ちゃんと戦隊としてオーソドックスに「もっと皆で力を合わせて戦わないと」とダイゴが言う場面も見られましたし、実際最後は力を合わせて戦い、その成果として3人の獣電竜も合体できるようになるのですが、驚いたことに名乗りのシーンはレッドと今回スポットが当たったブルー、ピンクの3人だけでした。「集まりが悪い」設定を利用してメインのメンバーだけで名乗り、戦ってしまうとは……
ちなみに、必殺技も協力して放ってはいますが、ブルーの獣電池をレッドの武器に装填して撃つだけで、合同で技を放つわけではありません。ゴーカイジャーも一人で放てる技を5人全員で放つだけでしたが、今回は一緒に技を放ちすらしないとは……『ゴーカイージャー』でも後半にゴーカイガレオンバスターが登場したように、いずれ合同必殺技も登場するのだと思いますが。


『仮面ライダーウィザード』については上述の通り。次回に続く。

『ドキドキ!プリキュア』ですが、自分がプリキュアに変身して戦うのではなく、プリキュアのプロデューサーになると言い出す四葉ありす。プリキュアの正体を隠すため、監視カメラに映っていた映像を秘密裏に削除しておいたとか、「正体を隠す」ことについて割と現実的な話をしてきます。
『スイート』と『スマイル』では敵の攻撃により人々が気力を失って注目しなくなっているお陰で、割と堂々と変身していましたから、あまり気にしていなかったことですね。
まあ、真剣に考え出すと他にも色々と問題はありそうですが。

そして、キュアソードの正体をはっきりと示唆したところで引き。正体そのものは引っ張るわけではなさそうですが、彼女とは関係ははてさてどうなるか……?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告