FC2ブログ

学会事務という悩みの種

「オフィス」が仕事をする場所だと考えると、「オフィスアワー」とはその時間しか仕事をしていないかのような印象ですが、もちろん、そんなことはありません。
この言葉ほぼ大学用語として定着しているかと思われます。要するに、大学の先生が学生の質問等を受け付けるため、研究室に待機している時間です。
ただし、先生にも色々と都合があり、その時間必ずいるとは限りませんし、それ以外の時に時間が取れないとも限らないので、事前に直接連絡してアポを取った方が早いことも多いのですが。

さて、現在私の所属している研究室では、先生のではなく、研究室のオフィスアワー担当というのがあります。
研究室宛の郵便物の管理や電話番をする仕事で、院生による当番制です(こういう仕事は「助手」がやっているところもあるのかも知れませんが、ここにはそういう制度はないようです)。
しかも、さらにこの研究室には学会の事務局が置かれているため、電話の内容の多くは学会に関する問い合わせだったりします。ただ、電話を受ける院生は学会の運営に関わっているわけではないので、取り次ぐという形になります。

考えてみれば、妙な話です。
学会の事務局というのは多くの場合、運営の中枢にいる先生の研究室にあります。電話すればその先生のところに直接繋がります。その方が取り次ぎの手間もありません。世話役が交代すれば事務局も移動します。

で、本日学会の開催案内郵送作業の手伝いをしてきたのですが、その席で事務局を動かしたら、という話が出ました。
ただ問題は、学会誌のバックナンバーである、とのこと。
事務局を移すならそれも移動させるのが筋なのですが……

いや、研究室でもいい加減、置き場所に困っているのですが。貴重な書棚を占領して。
毎年さらに増えるのかと思うと、数年後には……どうなるのでしょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告