スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は中国だ

ライトノベルの西洋語への翻訳はそれほど進んでいないようですが、中国語・韓国語への翻訳は大変進んでおり、一昨年の『涼宮ハルヒの驚愕』など、中国語版・韓国語版が日本語と同時発売されたほどです(これはかなり特殊な例で、そもそもスピード刊行を旨とするライトノベル業界で翻訳を待ってはいられないのが普通でしょうが…)。

涼宮ハルヒの驚愕 中国版 (Haruhi Suzumiya)涼宮ハルヒの驚愕 中国版 (Haruhi Suzumiya)
(2011/06/10)
谷川 流

商品詳細を見る


涼宮ハルヒの驚愕 韓国版 (Haruhi Suzumiya)涼宮ハルヒの驚愕 韓国版 (Haruhi Suzumiya)
(2011/06/10)
谷川 流

商品詳細を見る

台湾で大量のライトノベル翻訳を出しているのは尖端出版というところで、結構マイナーな作品までカバーしているのに感心させられます。

そんなわけで、手に入れました。
名作『耳刈ネルリ』の中国語訳です(現在刊行されているのは2巻まで)。

ネルリ中国語訳

台湾おまけ

中国本土では簡体字が採用されているのに対し、台湾では昔ながらの繁体字を使っていますが、ざっと調べた限り、言葉そのものは中国全土で使われている普通語(北京語ベース)のようです(発音の違いは漢字で書けば分からなくなりますが、文字にしても北京語と台湾語では違いはあります)。
調子に乗って知り合いの中国人留学生にも見せてみましたが、文章は良さそうです。原文のネタがどれだけ伝わるかは未知数ですが……

ついでに、尖端出版から直接通信販売で買ったところ、おまけが付いて来ました。
メモ帳と名刺入れが。

ネルリ中国語表紙

名刺入れの裏面はミッキーマウスです。

ちなみに、西洋語は色々学びながら、中国語は勉強していませんと言ってきた私ですが、この春休みに入ってようやく入門書も読了しました。これも内容が分かっているだけに、教材として良いかな、と。
まあ、初習者にとって最初の難関は、通販で注文するに当たって「網站」(=ウェブサイト)という単語が辞書に載っていないことでしたが。こういう時、自動翻訳サイトは単語レベルなら頼りになることがあると知りました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。