FC2ブログ

ポケモン存在論

(前回記事の最後に貼れば良かったのだけれど忘れていた画像)

仮面ライダーBLACK
 (石ノ森章太郎『仮面ライダーBLACK』文庫版3巻、1998、小学館、p.362)

本来敵組織の一員として改造された仮面ライダー、それはつまり、仮面ライダー自身がふたたび悪に転じる可能性をも孕むことになる……といった要素は、TV番組『仮面ライダー』では長い間表に出なかったけれども、原作漫画においては元祖の時から取り組まれることになったテーマでした。

仮面ライダーBlack全巻セット (小学館文庫)仮面ライダーBlack全巻セット (小学館文庫)
(2011/03/01)
石ノ森 章太郎

商品詳細を見る


ついでに少し『DQVII』に戻ると、このゲームではエンディング後の特別イベントとして「神」とも戦うことができるのですが、この神というのが太った温和そうな老人の姿で……回想シーンでオルゴ・デミーラと戦っていた時にはもっと威厳があったのに、実物は全然違うという。
おまけに技として「いっぱつギャグ」とかを使うのです――「おい、やくそうをつかうのか、はやくそうしてくれ!」(ギャグの内容は色々あり)

……こんなのが神だというのか……

そろそろ絶望して世界を滅ぼすことを決意してもいい場面ではないでしょうか。

 ~~~

そろそろ話を変えてみましょう。
ただし、またゲームネタで、今度はポケットモンスターです。

これも以前、研究室での雑談で出た話ですが、ポケモンはデータとして転送できるんですね。
いや、現実の話ではなく、作中世界においてデータとして預け入れ、別のところで引き出すことができるのです。
体重のデータもある物質的な存在であるはずのポケモンをデータ化できるとは……(それともこれは、「この世界はゲームの世界である」というメタ的な意味なのか……)

「だからこの世界そのものが仮象なんだよ」――哲学系の部署で話をしているとすぐにこうなります。

まあしかし、『特命戦隊ゴーバスターズ』でも、物をデータ化して転送する技術が題材になっていましたし(普通の人間は転送に耐えられないという設定でしたが)、現代の感性にとって、全てがデータ化されるというのはむしろ自然なことなのかも知れません。

ただし、現実にはデータを取る仕事をしている人がたくさんいます。
「データを取る」とは、要するにデータでないものからデータを作り出すことです。
ここにおいて何がデータになり、何がデータには回収されないのか、ということにはやはり注意深くあるべきであって、そこを飛ばして全ては情報である、といった態度を取るのは、やはり素朴に過ぎる、とは思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

No title

たしかに「すべてが情報である」といいきってしまうのはなんですが、「すべてが情報に置換可能である」という考え方はわたしはそう間違っているとは思いません。全宇宙の「物質」のクオークレベルでの「状態」を記述でき、それがアレフ1の無限に収められれば、宇宙は記述可能であると思います。「現に宇宙が存在している以上、宇宙をもってすれば宇宙は記述できる」と考えたがるクチですので。うむむ。やはり素朴にすぎますかねえ。うむむ。

Re: No title

そういう話をするとなるとポイントになってくるのは、「情報」というときの内的規定、でしょうね。

No title

書き忘れていましたが、人間ひとりの精神活動のすべては、「人間」を構成する物質の状態と位置の四次元的な連続体として記述でき、それらすべてはアレフ1の無限に情報として余さず押し込むことが可能ではないかと思っています。押し込まれた情報はまた同様に別なアレフ1の無限でシミュレート可能であり、それがわれわれの宇宙での「わたし個人」の世界内存在としての生であっても、われわれにはそれが単なるシミュレートであるのか「特別な生」であるのかを区別する手段はないのではないかと思っています。

古いタイプのSFファンだからそう考えてしまうのでしょうか。すみません素朴で。(汗)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告