スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これができるのはさすが――『プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』

映画『プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』観てきました。
雨天の上、傘が裏返るほどの強風で日を誤った感もありましたが……ああ春の嵐。

『プリキュアオールスターズ』と言いつつ、メインは放送中のプリキュアと前年度のプリキュアで、他はゲストという感じが恒例です。昨年の『みらいのともだち』では先々代の『ハートキャッチ~』とその前の『フレッシュ~』まえは一通り台詞あり、それ以外は台詞も無しでしたね。台詞がなければ変身や必殺技のシーンもありません。
今回も同じく、放送中の『ドキドキ!~』と前年度の『スマイル~』については全員そろった必殺技や変身シーンありでしたが、それ以外はと言うと、

・意外にも、と言うべきか、初代である『ふたりはプリキュア Max Heart』の美墨なぎさ(キュアブラック)、雪城ほのか(キュアホワイト)、九条ひかり(シャイニールミナス)の三人
・『フレッシュ~』からは東せつな(キュアパッション)
・『ハートキャッチ』からは花咲つぼみ(キュアブロッサム)と来海えりか(キュアマリン)
・『スイ~ト~』からは黒川エレン(キュアビート)

の面々のみが台詞ありとなりました。これ以上声優を揃えるのは大変なのか……台詞がないということは戦闘シーンでの掛け声一つないわけで、メンバー中での扱いの差というものを考えると何とも言えない気分になります。
まあそれでも、絵としては全員が登場できるのがアニメならでは、ですが。
ついでに言うと、キュアパッションとキュアビートは途中まで敵だったことなどがちゃんと反映されていたりはするのです。

それから、今回の部隊は「妖精学校」であり、敵もこの学校で使われているプリキュアについての教科書でプリキュアのことを研究していました。そして他のプリキュア達が無力化されたところで、まだ教科書になっていない『ドキドキ!プリキュア』のメンバーが活躍する――というシナリオ上、『ドキドキ!~』のメンバーは「新人」であるという「先輩―後輩」関係が若干、強調されていた感がありました。
アニメゆえの長所で、プリキュア全員が放映当時と同じ中学生のまま出演しているので、真面目に追究するとよく分からない事態になりそうですが。
それと、映画中で『ドキドキ!~』のメンバー4人はもう打ち解けていますけれど、キュアソードが皆の前で変身して見せたのが先週(3月10日)放送回で、その後間を空けずにトランプ王国に飛ばされており、昨日(3月17日)放送回にてようやく彼女が事情を話して、最後でこちらの世界に戻ってくるという運びだったので、その後なんですよね。映画公開は3月16日で、もちろんこの辺は毎回計算されていることですが。

今回はこれだけです。本の話などはまた今度。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。