スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番怖いのは人間……でもない――『俺が生きる意味 2 放課後のリゾルト』

今回取り上げるライトノベルは2ヶ月連続刊行となった『俺が生きる意味』の2巻です。

俺が生きる意味 2 放課後のリゾルト (ガガガ文庫)俺が生きる意味 2 放課後のリゾルト (ガガガ文庫)
(2013/04/18)
赤月 カケヤ

商品詳細を見る

 (1巻レビュー

この2巻で、学校にモンスターが出現してのサバイバルはひとまず終了です。
学校が隔離されモンスターが出現した理由は未だ不明ですが、最後に黒幕らしき連中が登場(1巻のプロローグの意味も多少分かってきます)、この事態の理由も少しずつ示唆されてはいます。
登場人物相互の人間関係についても大部分は明かされましたが、主人公の「師匠」については謎のままです。これは物語終盤にならないと分からない核心部分でしょうか。

さて、この物語は、主人公は2人のヒロインから同時に告白されそうになることから始まりました。
そして、この2巻の序盤ではこんな記述が出てきます。

「赤峰、今はそんな状況じゃないんだ。ちょっとの判断ミスで人が死ぬ。青葉だってきっとわかってくれている。変に気にしすぎだ。これ以上誰も死なせたくない。それのどこが間違っているっ!」
 まるで自分と斗和だけを残して、この世からみんながいなくなってしまったかのように、彼の怒声だけが響いている。だからこそ、彼の言葉の矛盾に気づくことができた。
 やはり斗和の心には、萌由里を特別に思う気持ちが欠けている。本当に彼は、萌由里のことが好きなのかな、と疑問にさえ思う。
 人を好きになるということは、その人を特別な存在にするということだ。何よりも大切にし、誰よりも特別に扱い、他者と明確に差をつけることだ。それをもって女の子は、愛されていることを自覚する。なのに、斗和の心あ驚くほど平等だった。
 萌由里は本当にかわいそうだ、と寧々音は思った。彼女の気持ちを今ここで聞かせてあげたい。(……)
 (赤月カケヤ『俺が生きる意味 2 放課後のリゾルト』、小学館、2013、pp.17-18)


「何よりも大切にし、誰よりも特別に扱い、他者と明確に差をつけること」をもって「愛されていることを自覚する」――平時なら、それでいいかも知れません。
しかし、怪物に襲われて命が懸かっているという時に、他人を見殺しにしてでも自分を大切にして欲しいと思うのが……いや本音では多かれ少なかれそう思うものだとしても、それで揉めるのが“人とはそういうもの”というレベルで当然の事柄ならば、人類は危機を生き延びることはできなかったでしょう。

もちろん、パニックホラーにおいては、「ちょっとの判断ミスで人が死ぬ」状況でも恋愛やら私利私欲やらその他のことを優先して騒動を起こす人がいるのは定番です。
しかし、彼ら彼女らはそれぞれに固有の人間です。
それを「人間の性」「女の子とはそういうもの」という一般論に還元されたら、ましてやそれを主題にされたら、そんな浅薄な人間観を提示するのが文学か、と問いたくなります。

まあしかし、結論から言えば、それは杞憂でした。
そんな一般論で片付けられはしません。

が、同時に、これは「パニック状況下での人間の怖さを描く」物語でもなかったらしい、という感想を抱きます(その是非はともかく)。
そう思わせておいて実は……というフェイクと考えれば、なるほどと思うのですが――


今巻では「異能」という要素が大きく出てきます。
登場人物の一人が本格的に異能に覚醒、怪物と戦う大きな力となります。
異能バトルの要素を加えた戦闘もなかなか上手く描かれています。

しかしひとたび対抗できる力を手に入れ、怪物を倒せるかも知れないとあれば、大きく出たがる人が出てきます。怪物を倒しておけば安心だ、いやそもそも倒さない限りどうにもならないのではないか……
その「力」なるものにいかなる限界がある気付かず、しかも戦うのは自分ではないと思って――

ビルより巨大な怪獣とかいったものは出て来ず、ある程度の力があれば倒せそうに見えるというバランスも絶妙です。

俺が生きる意味 猫蜘蛛
 (同書、p.13)

とは言え、人間の弱さといったものが前面に出てパニックを引き起こす要因となるのは、結局ここだけ――というのは言い過ぎとしたら、ここがピーク――だったという気もします。
主人公の斗和は強く、頭が良く、正義感もあって、そして一番目立ち、活躍するのも彼です。
トラブル要因はせいぜい小物で、相対的に存在感が弱いのです。

以下の部分は核心部分のネタバレですので続きに――




最大のトラブル要因は、この2巻の表紙となっているヒロイン・青葉萌由里(あおば もゆり)でした。
もう表紙絵からしてまともじゃないオーラが出ています。刃物を持っています。さらに1巻の表紙と並べてみると状況がよく分かります。
1巻でももう一人のヒロイン・寧々音(ねねね)を見殺しにしたり、刺したりしようとしている様が随所にありました。

が、今巻ラストで明かされた真相はというと、それはモンスターに寄生されていた結果でした。
いや、怪物が出現した時に口から血を流して倒れており、にもかかわらず本人は何ともないようで主人公も不審に思っていましたし、想定される通りのオチだったわけですが…。
しかも、彼女が悋気を燃やしている(らしい)様を見ていると、そんな彼女の挙動は元々の人格によるものだと思い込んで、読者も最初の寄生疑惑を忘れてしまう――ミスリードとしては、中々の手並みです。
ただその代わり、萌由里の素の人格はきわめて印象の薄いものになります(回想が少しありましたが)し、騒動の内で「人間」の起こしていた部分は随分と小さなものになります。「人間の怖さを描く」物語ではなかったと言ったのは、そういうことです。

ついでに言うと、寄生モンスターが正体を現してからペラペラ喋るのが小物臭いこと。
何を感じているのか分からず、コミュニケーションが成立しない、あるいは成立するかどうか分からないモンスターの不気味さが描かれていた後だけに、なおさらそう感じます。

そもそも、1巻のあとがきには「三角関係というテーマを物語の基幹に据えた」(『俺が生きる意味 1 放課後のストラグル』、p.322)とありますが、恋愛関係によって起こっていると見えたことのほとんどは実はそうではなかった、いやそもそも三角関係などなかったとすら言えるで、このあとがきそのものもある種のフェイクだったのでしょうか。
(もっとも、「二人のどちらのところに行くか選ばなければならない」という展開がラストで反復されるのは重さと恐ろしさを感じさせもしますが、オチが見えている状況ではやはり弱い感が強いですね)

ただ、1巻にはこんな記述もありました。

「なんだよ? 主人公トリックって?」
 意味を知らない斗和は、無邪気に尋ね返す。
「だから主人公じゃないキャラを、まるで主人公のように扱うミスリードのテクニックさ。え? ミスリードも知らないのかよ。あれだよ、読者の思い込みを利用したり、あえて事実を勘違いさせるように書く手法のことだよ。それによって読者を騙すの」
 (『俺が生きる意味 1 放課後のストラグル』、小学館、2013、p.288)


 斗和は特別な人間なんだ。まるで主人公みたいだな、と思った。
(ああ、それでか)
 先ほど主人公トリックの話を思い出したのは、そんなことを考えていたからだ。
 不謹慎なことを想像してしまった自分に、強い嫌悪感を覚える。まるで斗和がそうなってしまうことを暗示しているみたいだ。(……)
 (同書、p.293)


これはメタ言及か、とも思われましたが、結局この2巻で主人公交代はありませんでした。
しかし2巻のあとがきには、「三巻からようやく本作のメインキャラたちが登場しはじめる」(『俺が生きる意味 2 放課後のリゾルト』、p.325)というフレーズもありました。
「主人公トリック」がメタ言及として機能するのはこれからという可能性もある、ということでしょうか。すると「三角関係」も、斗和・萌由里・寧々音の三人ではない可能性も……

とは言え、もし本当にここまでが前振りであったとしたら、少し長すぎる気もします。
評価は難しいところですね。パニック・モンスターバトルとしては悪くないのですが、ストーリーについては未だ見えず…

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。