スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性の用語という最先端

日本学術振興会特別研究員制度というものがあります。
これに採用されれば補助金が出るのですが……たとえば現在修士2年の私の場合、博士課程進学後の研究予定を書いて申請するんですよね。現在研究できることは可能な限り修士論文にまとめ上げたいというのに、その先の話をせねばならないとはこれいかに。
その分、すぐには及ばないことを吹いてもいいのかも知れませんが。
いや、それで採用されるかどうか知りませんけれど。

 ~~~

アニメ『這いよれ!ニャル子さんW』第3話を観ました。予告通り、原作5巻の後半でしたが……
繰り返し入る打ち切り最終回ネタは何だったのでしょうか。
ネタとしては悪くなくとも、話のテンポが悪い印象は否めません。

戦闘シーンも――第1期の時に感じられたのと同様――今ひとつ迫力と盛り上がりを欠きます。原作は、使用される技などはやはりパロディネタ満載でありながら、同時に元ネタのカッコ良さも再現しますし、何よりニャル子の「敵に対して残虐」という性格も強いからこそ意義があるのですが。
ツァールロイガーのデザインは元ネタをよく思わせるもので良いのですが……問題はこの場面。

「ツァールの方が残りましたか」
 ニャルラトホテプが舌打ちした。
 だが。
「……何度やってもわたしには勝てないよ、ロイガー」
 奇妙なことに、クトゥグアはもう片方の邪神の名を口にした。
 (逢空万太『這いよれ!ニャル子さん 5』、ソフトバンククリエイティブ、2010、p.226)


これは、合体して左右半分ずつそれぞれツァールとロイガーになった相手を挟んで左右にニャル子とクー子が立っているための発言で、元ネタは『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』で仮面ライダーWが初登場した場面です。
アニメの演出では左右に相手を挟んで立っていないので、なぜこうなるのかよく分からないのではないでしょうか。

アラオ猿の姿が『DRAGON BALL』のサイヤ人なのはほぼイメージ通りです。

オープニング曲で印象付けた1期同様、アニメ2期も主題歌は良いのですが……CDも本日発売です。

恋は渾沌の隷也[DVD付]恋は渾沌の隷也[DVD付]
(2013/04/24)
後ろから這いより隊G

商品詳細を見る

 ~~~

前回記事で「ダッチワイフ(本文中の表記ではラブドール)」と言いましたが、少し補足しておきましょう(前回は話が長くなったので、こういう周辺の話は控えておきました)。
まず、『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』3巻の作中に登場するのは、本物の人間と容易に見分けのつかないラブドールです。

 ラブドールじゃねぇかあああああ!
 しかもこれ、シリコン製の最高級品だろ!? うわ初めて見た! 父さんから話だけ聞いたことがあるけど、気持ち悪いくらい人間そっくりだな。しかもかなり美人。
 (赤城大空『下ネタという概念が存在しない退屈な世界 3』、小学館、2013、p.148)


ただ、表紙絵に描かれているのは、むしろ古いタイプのダッチワイフです。これは絵として、読者にはドールであることが分からないと困る、という配慮でしょう。
この違いについては、作者も読んでいる可能性の高い『性の用語集』「ダッチワイフ」の項を参照してみましょう(『性の用語集』の続編である『性的なことば』を作者が参照している形跡については、以前に指摘しました)。

 しかし、いくら技術革新し、高級化しても、「ダッチワイフ」という名づけは、ついビニールっぽい素材の、口をぽっかりと開けた空気人形を脳裡に描かせてしまう。
 あるメーカーの常務はつぎのように語る。「我々は彼女を貴重(レア)な人造人間(ボーグ)の合成用語、“レア・ボーグ”と呼んでいます。むしろ性的処理は付加価値的なものに過ぎず、ダッチワイフという呼ばれ方には、非常に抵抗を感じますね」(『週刊大衆』一九九九年十一月十五日号)
 このように、「ダッチワイフ」という呼ばれ方も、性的対象に限定された使われ方も変えようとメーカーは苦心している。一体十万円前後の製品を扱う国内大手メーカーは、それぞれ「キャンディーガール、ラブドール、セクシードール、リプロイド」など独自に名前をつけて販売していく(『SPA!』一九九九年七月二十八日号)。(……)
 (井上章一&関西性欲研究会編『性の用語集』、講談社現代新書、2004、p.242)


同項には、「ダッチワイフ」とは古くは籐製の長い枕(抱き枕)のようなものを指していた言葉で、「ダッチワイフ」という名称の由来は定かでないものの、南洋諸島のオランダ人植民地で使われたものに由来するという説が広く知られていること等も書かれています。

「口をぽっかりと開け」ていればダッチワイフと分かるというのは、ある意味で分かりやすい記号です。

性の用語集 (講談社現代新書)性の用語集 (講談社現代新書)
(2004/12/18)
井上 章一、関西性欲研究会 他

商品詳細を見る

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。