スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z』その他

いくら寝ても眠いな……とはよく思っていましたが、最近は本当に倦怠感が抜けません。


さて、映画『仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z』を観て来ました。
仮面ライダーの映画も、4月のオールライダー映画、夏の映画、そして年末の『MOVIE大戦』と年3回がすっかり恒例になりましたね。昨年のオールライダー映画はスーパー戦隊と競演して、次はどうするのかと思ったら、今度は(新作映画も作られた)宇宙刑事と競演です。
ただし、昨年の『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』と違い、今回は変身後の姿で並ぶだけのシーンでも、計200人以上のヒーローが出揃うわけではありません。
まして、変身前の役者が登場するのは最近のヒーローが中心ですが、このメンバーもだいぶ削減されています。

ストーリー上でメインとなるのは、仮面ライダーウィザード・操真晴人仮面ライダービースト・仁藤攻介(以上『仮面ライダーウィザード』)、宇宙刑事ギャバン・十文字撃『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』)、イエローバスター・宇佐見ヨーコ(『特命戦隊ゴーバスターズ』)とゴーカイシルバー・伊狩鎧(『海賊戦隊ゴーカイジャー』)の面々です。
意外なことにと言うべきか、現役の戦隊であるキョウリュウジャーは全員(変身前の役者も)登場するものの、出番は序盤と終盤だけで、ストーリーへの絡みは少なめです。
一代前のヒーローになると、ゴーバスターズはヨーコ以外の二人も登場するものの、最終回で死んだ陣マサトは登場せず(今度キョウリュウジャーとの『VS』映画では一時的に復活すると思われますが)、ビート・J・スタッグはギャグ要員としての出番のみで変身しませんでした。そして、仮面ライダーフォーゼとメテオは変身後のみです(さすがにフォーゼの声は弦太郎役の福士蒼汰が当てていましたが)。
その他では、宇宙刑事シャリバン(ギャバンと同じく2代目)・日向快は登場。それから初代ギャバンの一条寺烈(演・大葉健二)も登場します。

ついでに、ゴーカイジャーがメタルヒーローに豪快チェンジというサービスもありました。

敵はスペースショッカー、つまり例によってかつての怪人の再生(あるいはリメイク)の寄せ集めですが、その中には『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』で登場した宇宙鉄人キョーダイン(リメイク)の姿も……
しかも今回も基本は敵役であるものの、前の映画ほど完全に悪でもない部分がありました。

また、『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』で登場したイナズマンも再登場。こちらは味方で、しかも完全に『MOVIE大戦アルティメイタム』と同一人物らしく、フォーゼを助けに現れて「先生」と呼ぶ嬉しい演出付きです(『MOVIE大戦アルティメイタム』のフォーゼパートは5年後の話なので、弦太郎は何のことだか分からず首を傾げていましたが)。

お陰で役者の談話が――

岡田〔浩暉、グランダインの声〕 復活は正直、うれしかったですね。でも、またすぐに死んだけど(笑)。ただ、今回はなんだか武士道精神のようなものを感じさせていて、悪役ながら、あっぱれだなと。もしかしたら、あと何回か復活を繰り返せば、そのうち正義の味方として転生するかもしれない。そうなったら、いよいよ『キョーダイン』の映画化ですよ(笑)
木下〔あゆ美、スカイダインの声〕 いいですね~。ぜひ!
 (パンフレットより)


(……)次の目標は、天ノ川学園を舞台にした『イナズマン』の映画化です(笑)。企画、お待ちしていますので……!
 (須賀健太(イナズマンの声)、パンフレットより)


そんな何でもかんでもと無茶な。

これだけのヒーローが世界観を無視して共演する時点で、ストーリーなど二の次なのですが、まあしかし前回の『スーパーヒーロー大戦』メタを前面に出した『ディケイド』の映画だったのに比べると、まだストーリーがあります。

ああそれから、スペースショッカーと組んで登場する敵組織が『宇宙刑事シャリバン』の宇宙犯罪組織マドーなのですが(『ギャバン』のマクーの残党は『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』でやったからでしょう)、本田博太郎氏の演ずる軍師レイダーは見事でした。
(本田博太郎氏と言えば名前に覚えはありながら忘れかけていましたが、『仮面ライダーカブト』で加賀美陸――副主人公・加賀美新の父親――を演じた人でしたね)


劇場に行くと貰えるおまけは恒例のガンバライドカードダイスオーDXカードに加えて、お助けショッカー(特選ペンスタンド)です。

ショッカーペン立て1

台座の出っ張りと、ショッカー戦闘員人形の足の幅がきっちり合っていなくて、どうも組み立てた時の嵌まりが悪いのですが……

ショッカーペン立て2

ちゃんとペン(鉛筆)は立てられました。

 ~~~

ついでに漫画の話も行きましょう。
『トカゲの王』

トカゲの王 2 (電撃コミックス)トカゲの王 2 (電撃コミックス)
(2013/04/27)
入間 人間

商品詳細を見る

 (1巻の時の話

これも実に良質なコミカライズで、血腥さや緊迫感、狂気がきっちり表現されています。

トカゲの王2巻1

トカゲの王2巻2

他方で、コミカルな場面や石竜子の巣鴨への子供らしい恋愛感情が描かれる回想シーンもいい感じです(ただ、その実巣鴨は恐ろしいのですが)。
原作のあまり重要でない叙述トリック要素は排して、時系列の違いを分かりやすくしているのも正解でしょう。それでも、山場になり得る場面が多く次々と来るので、どこで一番盛り上がるべきなのか分からなくなるかも知れませんが…
内容的にはまだ原作1巻分。次で原作1巻の(一応)クライマックスに当たる戦闘になるでしょう。副主人公のナメクジは1巻の最後で登場しましたが、まだ出番はあまり多くありません。


それから、竹本泉氏の新刊も2冊出ました。

がーでん姉妹(1) (バンブーコミックス)がーでん姉妹(1) (バンブーコミックス)
(2013/04/27)
竹本 泉

商品詳細を見る

『がーでん姉妹』は家の5人姉妹の物語。長女~三女がそっくりな三つ子で、その一つ下の元気な四女が主役。もう一つ下の五女は母親の再婚相手の連れ子(金髪碧眼)で、四人の姉と血の繋がりはありません。
作者は普通の話と言いますが、これも結構、変な話のような。入れ替わっても分からないほどそっくりな双子というネタと、三つ子とそれにそっくりな四人目(赤の他人)が出会うというネタは『よみきりもの』にありましたが……

いろいろとかゲームとか (バンブーコミックス)いろいろとかゲームとか (バンブーコミックス)
(2013/04/27)
竹本 泉

商品詳細を見る

こちらはゲーム誌などに描かれたゲーム関係の作品。
この通りページ辺りの情報密度が高く読むのが大変です。

いろいろゲームとか

右ページに故・和田慎二氏が登場しているのが何とも……

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。