スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定義の定義

「ライトノベルとは何か」「ライトノベルの定義は何か」という問いが難しいものであることは、今や広く知られていることですし、折に触れ述べてきました。
ただし注意してほしいのですが、私は決して「だからライトノベルの定義を確立するべきだ」と言っているわけではありません。

しかし、ライトノベルを研究し、論じるためには、まず研究対象をはっきりと定義しなければならないのではないか? と思われるかも知れません。
が、私はそのような考えがすでに問題含みだと思っています。

生物を「定義する」ことから始める生物学者はいません。
ましてや、当初の定義にそぐわない生物に出会って「これは定義により生物ではないのだから、生物学は対象としない」等と言い出したら、バカだと思われます。

「ライトノベル」にせよ「生物」にせよ、現実に存在し自然言語で名指されているものです。
その「全てに共通する特徴」が見付からなくても、とにかく“そういうものがある”ということから始めるより他ありませんし、その現実にそぐわないところで研究者が上から「定義」を立てても意味がないのです。

もっとも、「ライトノベル」ということで理解しているものがこちらと相手とでまったく違っていると、「ライトノベルを論じると言っておいて、違うものの話を持ち出しているじゃないか」ということになりかねません。それでは話になりませんから、ある程度の囲い込みは必要でしょう。
しかし、「ある程度」はあくまで「ある程度」です。それはグレーゾーンや例外の存在を否定はしません。

そして、上で「全てに共通する特徴が見付からなくても」と言いましたが、まあ大抵は見付かりません。実例は必ずといっていいほど、例外を示します。
仮に例外なく当てはまる特徴が見付かるとしても、それは探求の到達点としても求められるものです。断じて出発点ではありません。

研究の最初、厳密な「定義」を与えなければいけないのは、自然言語ではなく学術用語として研究者の側が用意する概念です。
「現実に存在し自然言語で名指されているもの」が分析される対象であるのに対し、研究者が用意する概念は分析のためのツールです。
たとえば「萌え要素のデータベース」とか「イミジェリ」とか「リトル・ピープルの時代」だとかいった概念を分析のために用意するのであれば、その定義を示す必要があります(実際には、論を進める中でそれも動くことがありますし、それがまったくいけないとも限らないのですが)。

結局、「定義」という言葉のもとに

1. 研究の最初に示すべき、研究対象の範囲の大まかな設定
2. 研究の到達点として示されるべき、1で定められた対象が「何/どんなものであるか」
3. 研究のツールとして研究者が用意する概念装置

この三つを混同してしまうのは不適切なのです。
1を定めるに当たって2の内容や3の厳密さを求めてしまうと、「それは例外があるから定義として相応しくない」と言っていつまで経っても先に進まない、という状況に陥ります。


ついでに言うと、「定義」についての伝統的な考え方は、アリストテレスに由来する「最近類と種差」というものです。
つまり、アリストテレス自身の例で言うと「人間は理性的動物である」といったものです。これは、「動物」という類に「理性的」という差別化を加えることで「人間」を定義しているわけです。
「ライトノベルは○○な小説である」といった定義はすべてこれに当て嵌まります。

しかし、このような「定義」はおそらく、「何/どんなものであるか」に答えるやり方としては、限られたものでしかないのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。