スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『紫色のクオリア』漫画版

元々イラストレーターだった人が漫画を執筆することはありますが、成功例があると同時に、やはりイラストレーターに求められる能力と漫画家の能力は別だと思わされるケースも……
しかし逆に、元々漫画家として活躍していた人がライトノベルのイラストを手がけるというのは比較的珍しいのではないかと思われます。
そんな珍しい例であった『紫色のクオリア』は、元々うえお久光氏と漫画家・綱島志朗氏のコラボ企画として生まれたものであったとか。

その後、うえお氏はもう数年新作を発表していないのですが、『紫色のクオリア』のコミカライズは現在も続いています(既刊2巻)。

紫色のクオリア 1 (電撃コミックス)紫色のクオリア 1 (電撃コミックス)
(2012/02/27)
うえお 久光

商品詳細を見る

紫色のクオリア 2 (電撃コミックス)紫色のクオリア 2 (電撃コミックス)
(2012/11/27)
うえお 久光

商品詳細を見る

そもそも、ライトノベルのコミカライズというのは新人かそれに近い漫画家に割り振られることも多く、今ひとつなものも少なくありません(まあ、どんなやり方で人を選ぼうが当たり外れはあるものですが)。
その点、綱島氏は実績ある漫画家ですし(私はデビュー当初から読んでいたものの、途中で遠ざかってしまいましたが)、コラボ企画なお陰もあってか美少女とロボットというモチーフもよく合っていますし、違和感なく見事な出来になっています。
原作の性格上、モノローグがかなり多いのですが、漫画的演出に落とし込むことに十分成功していると言って良いでしょう。

それから、ライトノベルの原作1冊は漫画にして3冊前後になるのが一般的です。
しかも数ヶ月に1冊の刊行を標準とするライトノベルに対して、漫画を月刊で連載していると単行本数で比べても刊行ペースで下回りかねません。
そして媒体の紙面も有限ですから、コミカライズの巻数は限られたものになりがち、原作が終了して旬を過ぎれば終了したりします。
つまり、長いシリーズの場合、原作後半はコミカライズされない可能性が高いのですね。

が、『紫色のクオリア』は全1巻。内容的にも2巻では後半に入っていますし、完走できるでしょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。