スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果は決まっていても過程は工夫できる――『ワンパンマン』

そう言えば、松原隆一郎氏の『武道は教育でありうるか』に書かれていた、フランスでは柔道の指導者にも国家資格が必要という話ですが、先週この話をフランス人研究生にしてみたところ、「フランスは何でも資格にするから」とのこと。
もしかしたら、それにまつわる問題もあるのかも知れませんが、しかし人の命が懸かっているところでどちらが良いかと言えば、言うまでもないかと思います。

 ~~~

暑くなり、そろそろ冷房を入れたい季節になってきました。
しかし、冷房を入れると寒かったりもします。
特に我が家の場合、机のエアコンの前に置いてしまったため風が直に当たるので、温度設定が29℃でも寒いことがあるのです。
もっとも、温度設定が同じでも外気温による違いもかなりある気がしますが……

ちなみに、本日研究室で読書会をやっていた時も、27℃の冷房が寒いので途中で切りました。すると少し暑くなりますが、耐えがたいほどではありません。

 ~~~

気が乗らものしか読まないようにしていると、最近小説はなかなか読み進まなかったりします。
そんなわけで、というわけでもありませんが、今回も漫画の紹介にしてみますか。
……もっとも、これも有名作品になっていますが。

ワンパンマン 1 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 1 (ジャンプコミックス)
(2012/12/04)
村田 雄介

商品詳細を見る

ワンパンマン 2 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 2 (ジャンプコミックス)
(2012/12/04)
村田 雄介

商品詳細を見る

ワンパンマン 3 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 3 (ジャンプコミックス)
(2013/04/04)
村田 雄介

商品詳細を見る

単行本化に当たって加筆修正はあるものの、Web漫画として連載されているので、そちらを少し読んでみれば雰囲気はお分かりかと思います。

 となりのヤングジャンプ:ワンパンマン

「ワンパン」とは「ワンパンチ=パンチ一発」のことであって、一般には敵を一撃であっさり倒してしまうことを揶揄して言われるスラングですね。
本作の主人公・サイタマ強くなりすぎて、どんな敵でもワンパンチで倒してしまいます。

緻密な絵で描かれた迫力ある敵に対し、一人適当な顔をした主人公があっさり勝ってしまうギャグ作品ですが、今に至るまで「主人公が戦えば一撃で勝利」というフォーマットは崩さないまま、サブキャラが戦ったり、ピンチっぽく見せかけたりと途中過程を色々と工夫しているのがなかなか上手いところです。

そして、ヒーローに憧れてヒーローになったはずなのに、いつもあっさり勝ってしまうことの虚しさ……と言っても重々しさは感じませんが、皮肉が効いてはいます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。