スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統が無くなる時

「テロ」とか「テロリズム」「テロリスト」と言いますが、この元の英語 terror「恐怖」を意味します。
ところが……これに相当するフランス語 terreur を固有名詞にして la Terreur とすると、これは「恐怖政治」を指します。フランス革命後のジャコバン独裁政権時代にロベスピエールがやったことです。「テロリスト」はロベスピエールの賛同者のことです。
これは政治のトップが理想実現のために反対派を粛清したのですから、ゲリラ的に爆弾を仕掛けたりして破壊活動を行う現代の「テロ」のイメージとはずいぶん違います。
さらに、固有名詞ですのであくまでロベスピエールのやったことのみを指し、他の人が似たようなことをやっても la Terreur にはなりません。

 ~~~

話は変わって、通常、国家というものは「今ここで始めよう」として始まるものではなく、気付いたらもうあるものです。
だから国は、その起源の古さを主張します。

〔旧約聖書の〕アブラハムは一七五歳(創世記二五章七節)、イサクは一八〇歳(創世記三五章二八節)、ヤコブは一四七歳(創世記四七章二八節)まで生きた。大変長寿の家系である。もっとも、族長より前に生きていた聖書中の人物はメトシェラの九六九歳(創世記五章二七節)を筆頭にさらに長命である。それらに比べると大幅に短命になってしまったわけだが、それでも今日の我々から見れば随分長生きであった。
 これらの人々は本当に長命だったのだろうか。メソポタミア文明の遺産に「シュメル(シュメール)王名表」と呼ばれるものがある。この王名表はメソポタミアにおける諸王朝の交替を、その王の統治年とともに記したものである。こちらに記載されている人物の統治年は数百年どころか万を超している。「シュメル王名表」には「大洪水」があったことが記されているが、こうした数字は大洪水後に短くなっていく。族長たちやそれ以前の聖書の登場人物の寿命が今日では考えられないほど長いのは、このシュメル王名表に記載された初期の王の治世年がべらぼうに長いことに似ている。ここにメソポタミア文明の聖書への影響を見ることができよう。
 また、日本の例を引くと、古事記に記載されている所期の天皇たちの寿命もやはり長い。例えば初代神武天皇は一二七歳、第六代考安天皇が一二三歳、第七代孝霊天皇が一〇六歳、そして第一〇代の崇神天皇は一六七歳まで生きたと記されている。
 (長谷川修一『聖書考古学 遺跡が語る史実』、中央公論新社、2013、pp.68-69)


なお、これらの文献は近代的な「国家」より遙かに古いものです。
また、もちろんこれらの文献に書かれていることを文字通りに信じるわけにはいきませんが、だからといってただちに年齢以外のことも全て作り話である、ということになるわけでもありません。
ただ、自らの起源をつねに古く主張しようとする傾向がここには見えないでしょうか。

しかし、ある時点で「作られたこと」がはっきりしている国もあります。
そのような珍しい例の代表がアメリカです。
その代わり、アメリカにはワシントンやジェファーソンといった「建国の父」たちの理念があります。
起源の古さの代わりにこれが支えとなり、何かあれば建国の理念に立ち返れば良い、ということになります。

もっとも、ここにも作り話めいた要素はあって、アメリカ独立革命の理念はそんな立派なものではなかった、という指摘は可能ですが…

ですが、作られた時と事情がはっきりしていて起源の古さを主張できるわkでもなく、しかも建国の父が偉大でもなかった場合、どうすれば良いのでしょうか。これから道を切り開くしかありません。しかし、いかにして? ライトノベル『銀閃の戦乙女と封門の姫』はそうした状況を描いています。
そして、「グローバル経済」の下に国家を解体するような動きが見られる当今、こうした事態がお伽噺の中だけのこととは、どうも思えないのですが……


聖書考古学 - 遺跡が語る史実 (中公新書)聖書考古学 - 遺跡が語る史実 (中公新書)
(2013/02/22)
長谷川 修一

商品詳細を見る

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。