スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味方側の謎の人物

本日の『ドキドキ!プリキュア』は予告通り、新戦士キュアエースが登場……ですが、私は読み違えていました。レジーナがプリキュアになるわけではありませんでした。
(普段ボーっと見ていて、予告映像での顔もあまり確認していなかったせいもあるかも知れません)
レジーナは再びキングジコチューによって「ジャネジー」を注がれて悪に染まります。やはり、瞳が赤くなるのはジャネジーに染まっている時の印のようで。
そしてレジーナによってピンチに追い込まれたプリキュアの前に、新戦士キュアエースが現れます。

今のところエースの正体は不明ですが……ただ、彼女が登場する時に、アイちゃん(謎の赤ちゃん。こちらも正体不明)が不思議な力を使う時の「キュピラッパ~」という声がかかっていて、そう、まるでアイちゃんがキュアエースを送り込んだかのような……?

 ~~~

放送順からすると逆になりましたが、『仮面ライダーウィザード』はいよいよ佳境です。
再登場した稲盛真由ですが、もちろんすぐにメデューサとの決着はつかず。
他方で、今回の「ゲート」であった少年・飯島譲も絶望を乗り越え、ファントムを押さえ込むことで、魔法使い(=ライダー)になる資格を得ました。
とすれば、魔法使いとして晴人たちと共に戦う可能性も出てくる彼ですが、仁藤攻介は「自分も力になりたいから戦うってんなら、やめとけ」と忠告します。「戦ってるのはみんな、自分のためだ」
とりわけ、ファントムを食わねば死ぬがゆえに戦い続けるしかないという立場にある彼の言葉だけに、説得力があります。
皆が死力を尽くしているのを前にすると、自分も何かしなければならない、と思わずにはいられません。けれども、そうした義務感だけで命を懸け続けるのは、おそらく難しいでしょう。

しかし最後で、「白い魔法使い」は無理矢理に譲を攫っていきます。

真由によれば、「後二人魔法使いがいれば、全てのファントムを滅ぼすことができる」と白い魔法使いは言っていた、とのこと。
その時点で現在登場している魔法使いは晴人(ウィザード)、攻介(ビースト)、白い魔法使い、そして真由の4人でしたし、その場面のイメージ映像でも六芒星が見えていたことから魔法使いが6人必要なのかと思いましたが、ラストで白い魔法使いが攻介に「アーキタイプに用はない」と言っていたので必要なのは5人でしょうか?

しかも、白い魔法使い――笛木という名前は本名だったようですが――の正体を調べていた国家安全局の木崎さんも襲撃を受けて失踪。
主人公の師に当たり、味方側のバックにいたはずの人物も腹に一物あり、いわば「悪」と言われるような要素があるのは定番の展開の一つですが、ここでいよいよ、という感じですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。