スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨川

まず、こちらは昨日の写真です。

ツバメ 育った雛×4

またツバメですが、これだけ大きく育った雛が4羽もいるのを上手く撮れたことは、あまりありません。
これから数日するともう巣立ったのか数が減っていきますし…
他方で、まだ小さい雛のいる巣もあちこちに見付かります。


今日は少し出歩いてきました。
目的地を見落として通り過ぎたりしたせいで、随分余計に歩き回った気がしますが……

その際に鴨川の河原にも下りました。
京都の川には(サギ)が割とたくさんいて、人工の水路でも見かけますが、我が家の近くから下流に下ると川幅も広くなり、その分生物の数も増えてきます。
3種類のサギが揃っているところも撮影できました。

鷺3種

画面左端の奴は首が長くて嘴が黄色、右の方の川の中に立っている奴は首がより短めで嘴が黒です。
3羽目は灰色なので目立ちませんが、画面右端の水と陸地の境目のところです。

右2羽をよりクローズアップで。

鷺2

この付近には望遠レンズ付きのカメラで写真を撮っているおじさん達もいました。
あいにくと、望遠レンズのない私の小型カメラではこれくらいが限界です。

ちなみに、左端の首の長いの(ダイサギもしくはチュウサギ?)は、魚を捕らえて飲み込んでいるところも2回くらい見ました。そこを捉えてシャッターを押すのは難しく、叶いませんでしたが。
首の短い方はコサギで、黒いのはゴイサギでしょうか…?
ゴイサギは夜行性だという話もあるのですが、『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』によると、「繁殖期には昼行性型の行動をし、繁殖期が終わると夜行性型の行動をする」(p.222)とのことなので、おかしくはないのかも知れません。

鷺と鵜

↑こちらは、画面中央の白いのはやはりサギですが、その左の黒いのは、嘴の先が鉤型に曲がっており、泳いで潜って魚を獲っていたことから、(ウ)ではないかと思われます。

サギがいるということは、サギの餌である魚がいます。
実際、大小の魚が見付かります。
この暑さの中、川に入って遊んでいる子供たちも結構いて、小動物を採取している子たちもいました。
大きなオタマジャクシも捕まえていたので撮影させていただきました。

オタマジャクシ

ちなみに、40cmを超える鯉もいて、橋の上からでもよく見えますが、これを捕食する鳥は多分いません。

↓これはただのハトだと思います。チョコレート色は珍しいのですが……

茶色の鳩

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。