FC2ブログ

芸祭の展示 ~公募展篇~

12月5日の記事の続きで、芸祭の展示について書きます。

専攻単位で展示を行っていなくても、各自で出品することは当然できます。個人、あるいは数人のグループでの展示が色々行われていますが、近年は学内公募展「ぱるけ」があるので、意欲的な人はそちらに出品することが多いとも聞きます。
…が、(これは内輪の資料で)ぱるけの出品者を見ると、油画が大半…。「もっと各選考から万遍なく出品があって然るべきだ」なんて声もありますが、しかもこればかりは強制もできませんし。
もっとも、「何か展示したい」と思っている人はいるのであれば(肝心のこの点が記憶定かでないのですが)、「公募展に出したらどう?」と言ってみると何かあるかも知れません。まず、出品者募集の告知があまり目につくものであったとは思いませんし。

これは以前も触れたことですが、去年から本学も「THE SIX」(※)に参加しており、「ぱるけ」の入選作品はそちらにも出品されることになります。しかしそれだけに、「質の低い作品ばかりだとここで愛知県芸が下に見られる」とかいった心配も飛び交うことになる訳です。

※ THE SIX … 複数の美大・芸大から選出された代表作家の作品を一度に集め社会に発信する企画。元々は東京藝術大学・多摩美術大学・武蔵野美術大学・横浜美術短期大学・東京造形大学・東京工芸大学の6校で始まったらしく、名称はその名残でしょう。
…等と言っていると、今年のTHE SIX開催は12月10日~13日と、まもなくであることに今更気付きました。…例によって広報不足と見るべきか、単に私が情報に疎いだけと見るべきでしょうか。

開催場所はThe Artcomplex Center of Tokyo。 サイトはこちらです。リンク規制は見当たらなかったので貼っておきますが、重いので注意

(という訳で急遽、この記事もTHE SIX終了までトップに置くことにします)
                           (芸術学2年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告