FC2ブログ

史上最多タイ

『獣電戦隊キョウリュウジャー』ですが、まず先週でデーボスが復活していました。
デーボスは元々、かつての獣電竜との戦いで心を凍らされて眠りについており、その心を復活させるためにデーボス軍は人間の感情を集めていたのでした。
しかしこの度「もっとも危険な獣電竜」プレズオンの帰還を受けて、集まった感情は完全には少し足りないものの、百面神官カオスはデーボスを強引に復活させます。
そんなわけで前回の引きから今回の冒頭にかけて、復活したデーボスを前にピンチに陥るキョウリュウジャーでしたが、今回の後半でプレズオンが真価を発揮し、新しい合体ロボが登場してデーボスを撃破します。
感情の不完全なデーボスに理解できなかったもの、それこそキュウリュウジャーの力の源「ブレイブ」でした。

まあオーソドックスな展開ですが、まだ第23話、1年間の折り返し地点より前に「途中で一度ラスボスが登場」をやるのはかなり早めと言えましょうか。

しかし、デーボスのインパクトは今ひとつだったような。
感情が不完全なせいかも知れませんが、喋りもしない吠えるだけの怪獣のような存在ですし、デザイン的にも戦闘シーンもそこまで凄まじさを感じませんでした。敵幹部や怪人がコミカルなのはいいんですが。

かつての戦いではデーボスを眠りにつかせただけですが、今回は完全にデーボスが爆発四散したので、トリンも「我が悲願達成せり」と満足気です。
ただもちろん、これで終わってはいないわけで、爆発間際の描写からするとデーボスの細胞が一部カオスの手に乗り移って生き延びているという感じでしょうか。

そして次回予告を見ると、キョウリュウバイオレットを引退したドクター・ウルシェードの孫・弥生ウルウェード新たなキョウリュウバイオレットに変身する模様。
ドクターが孫とセットで登場した時点で考えられる展開ではあったのですが、非戦闘員のオペレーターも定番の存在だけに、どちらに転ぶか読みきれませんでした。
今回、気弱だった弥生がまず非戦闘員としてブレイブを発揮しておいて、その次でヒーローとして……という展開は上手いのではないでしょうか。

レギュラーが7人は『炎神戦隊ゴーオンジャー』と並び最多タイですね。
そして残る10大獣電竜は後1体。
今週末に公開の映画ではまた新たな獣電竜トバスピノーが登場しますが、これは10大獣電竜には含まれない番外であって、最後の10大獣電竜はブラギガスのはずです(もっとも近年は、劇場版で登場した巨大メカは後に本編に回収されるのですが)。

 ~~~

『仮面ライダーウィザード』……色々ありましたが、最後のソラ(グレムリン)が持って行きました。

『ウィザード』の基本設定として、「ゲート」と呼ばれる人間が絶望すると身体がひび割れて砕け散り、ファントムを生み出します。
ファントムは確かに、自分を生み出した人間の姿に変身できますし、記憶も受け継いでいるのかその人間に成りすまして生活や仕事を続けていた例もありました。ただ、基本的には別人格です。
しかし、ソラは人間の心を持っている、と自称します。
ただし――ソラは元々、人間だった時から殺人鬼でした。「人間の心」と言っても良い心とは限りません。

それゆえかワイズマンに対しても懐疑的な態度を取り続けているソラですが、現在は成功報酬として「賢者の石」を貰うという約束でワイズマンの命令を遂行しています。
そして今回語られたソラの目的は――賢者の石の力で「人間になる」こと。
人間の心を持ち、人間になりすますこともできるのなら、あえてファントムの力を失って人間になりたがる理由は謎です。単にファントムであることを忌まわしく思うとか、そういうタイムにも見えないのですが……ただこれこそ、ワイズマンの目的、およびその時にファントムを待ち受ける運命と関係しているのかも知れません。

ところで、10作目の『ディケイド』をもって平成ライダー「第1期」の終わりとすると、『W』からの「第2期」作品は、基本的にレギュラーの仮面ライダーは2人でやってきました(『OOO/オーズ』の終盤でバースプロトタイプを加えて3人になったという例はありますが)。
しかし『ウィザード』では仮面ライダーメイジ・稲盛真由が登場。毎回変身しているわけですらなく、レギュラーと言えるかどうかは微妙ですが、ただ彼女が最終回付近でレギュラー敵幹部であるメデューサと決着を付けることになるための路線は用意されています。
で、そう考えると、その時に仮面ライダービーストと戦う敵は誰か、と。やはりグレムリン(ソラ)の可能性が高そうなんですが…

 ~~~

『ドキドキ!プリキュア』は、ここ4話でプリキュア4人のパワーアップイベントをこなしました。
そして次回はいよいよキュアエースにスポットが当たるのか……と思うと、いきなり「バレちゃった!? キュアエースの弱点」と。
何者なのかもよく分からないまま弱点…?
でも何となく、大したことではなさそうな気も。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告