スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒーローもいいものとは限らず…

本日はジャンプコミックスの発売日です。ひとまず『ワンパンマン』の新刊など買ってきました。

ワンパンマン 4 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 4 (ジャンプコミックス)
(2013/08/02)
村田 雄介

商品詳細を見る

 (この漫画についてはこちら

今回は怪人でなく巨大隕石という危機が迫ったりしますが、主人公サイタマがひとたび出ればワンパンチで解決してしまうのは相変わらず。
前の3巻でサイタマとジェノスが「ヒーロー協会」ヒーロー名簿に登録されてから、他のヒーローが次々と登場するようになってきました。
もちろん、主人公がワンパンチで解決してしまう前座として活躍することもありますが、と同時に目立ってくるのが新人潰しのようなヒーロー社会の腐敗です。

サイタマは圧倒的な活躍をしながら、(筆記試験がギリギリ合格点だったせいで)C級ヒーローとして登録されているため、その活躍は人目に入らず、「あいつがそんな活躍をするはずがないだろう」という偏見もあってあまり評価されません。
(本人の内的な器の問題ではなく)外的に認められた“分”に沿わない活躍をするとかえって評価されず、やっかまれるばかりというのはありがちな話かも知れません。

さすがに「なんでそんなに評価が低いの?」とは彼自身思いますが、感謝されるどころか不当に罵られようと、言「感謝が欲しくてやってるんじゃない、やりたくてヒーローをやってるんだから」とブレません。
これこそがヒーローの資質でしょうか。

ちなみに、今回表紙を飾るのはS級3位のヒーロー・バング
見た目だけカッコ良くて出オチのキャラも多いのですが、彼は珍しくまともで活躍もします。

「キミは強い ワシが出会ってきた中でおそらく最も
こんな業界で腐っていく姿は見たくない!
だからここは敢えて口を出さん
やめるのも一つの道じゃ」
 (ONE/村田雄介『ワンパンマン 4』、集英社、2013、p.113)


この主人公を見る視線のまともさは作中ではきわめて貴重です。

しかし、作中でヒーロー協会が作られたのは3年前のはずですが、腐敗するのがいかに何でも早すぎると思わないではありません。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。