FC2ブログ

隔年開講の授業

本学ではしばしば隔年でしか開講されない授業、というのがあります。

しかもそれが必修だったりします。

さらにその年に限って担当の先生が海外研修で、時期を移して開講するのか他に非常勤の先生を招くのか、前年の段階で(研修は確定していたにもかかわらず)決まっていない、なんてこともありました。(結局、非常勤の先生を招いて集中講義でやってもらうことになりましたが)

またそれ以外でも、外から著名な先生を招いて年数日の集中講義で行う授業は、数年に一度なんてのは普通です。
さすがにそれで必修ってことはない…と思ったら、必修でありながら入学2年目にしてまだ存在を確認していない科目が2つもありました。
しかも先生に言うと「そうでしたか? じゃあ来年辺り開講しないといけませんね」と言われるんです。

さすがに人手が足りないなあここは…と思っていたら、いい加減というだけなら他の(もっと人手はあるであろう大手の)大学にもあったようで、ある先生が言ってました。
「そのまんま卒業までほっとくと面白いことが起こるんですよね。出た覚えがないのになぜか単位を取ったことになっているという」(必修科目を開講しなかったがために学生が卒業できなかったら先生の責任ですから、それは避けようということでの措置でしょう)
まあ、昔の大らかな大学ならではの話ですね。今は成績評価に関しても認証評価制度とか色々なものが介入してくるんで、そういう大らかさは難しいでしょう。多分。
                           (芸術学2年 T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告