スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人は戦う…ものなのだろうか――『仮面ライダー鎧武』

いよいよ今日から新番組『仮面ライダー鎧武』放映開始です。
例年より少し遅い番組交替となりましたが……

何と言っても注目はまず、脚本が虚淵玄氏ということです。
今月『魔法少女まどか☆マギカ』の映画が公開されますし、『まどか☆マギカ』の仕事が終わった後で引き受けた仕事でしょうか。まあ、他にも色々アニメ脚本などやっていますが。

さて観てみると、第1話だからなのか、アバンタイトルで結構長いナレーションが入ります。
そして画面上では、馬に乗った仮面ライダーが3人、雑魚モンスターみたいなの奴の大軍を引き連れて合戦をしています。なるほど「戦国武将ライダー」という触れ込みだけのことはある……本編を観ても、主人公は普通の現代人ですし、なぜこうなるのか今のところ全く不明ですが。
ナレーションは「人は運命に逆らえない。しかしその力は世界を変えるかも知れない~」とか言っていて、つい『まどか☆マギカ』と通底するテーマを感じてしまいます。

本編ですが、舞台となる街ではストリートダンスをやっている若者たちのチームが勢力争いを繰り広げており(チーム名は「チーム鎧武」「チームバロン」等で、これがライダーの名前になることが視聴者には分かります)、「ロックシード」という錠前を使って「インベス」というモンスターを召喚し、戦わせて勝負しています。
要するにポケモンで勝負をしているようなものです。ただ、このインベス、ホログラフ風の処理が施されているのであくまでデータ上の存在なのかと思っていると、ちゃんと実体があって、しかもコントロールを失えば人を襲うような危ない存在であることが判明。
何と言う恐ろしいものが流通している街でしょうか。というか、ロックシードを売って回っている錠前ディーラーが怪しすぎます。

主人公の葛葉紘汰(かずらば こうた)は元「チーム鎧武」のナンバー2ですが、今ではチームを抜けて働いています。
そんな彼ですが、姉に「大人になるってどういうことかな」等と問うていたりします。また『まどか☆マギカ』を思い出すテーマを……それはまあいいとしまして。
姉の曰く、「紘汰はもう家賃も生活費も自分で払っているじゃない」とのことですが、多分、紘汰が気にしているのはそういう経済的な話ではないのでしょう。
「違う自分に変身したい」という紘汰。この願望もまどかを……はもういいとして、実際彼は仮面ライダー鎧武に変身してしまうわけですが、さて、装甲を纏い物理的に力を持った存在になるのは、紘汰の求める意味で「違う自分に変身した」ことになるのかどうか……その答えは、いずれ見えてくることでしょう。

とりあえず、第1話は巻き込まれてインベスの住む異空間に迷い込み、襲われた紘汰が仮面ライダー鎧武に変身して敵を倒すところまでです。
ただ、3人までの仮面ライダーの存在はもう確定しているわけで、初期メンバーで複数のライダーがいるのは過去には『アギト』『龍騎』『響鬼』くらいでした。とりあえず『W』以来の「平成2期」のフォーマットは大きく変えるつもりなのがよく分かります。
そして、チーマーの勢力争いを戦国時代に見立ててライダー同士の合戦、ということになるのでしょうか。だとすると、『龍騎』的なライダー同士の戦いが前面に出る話で、ただ個人同士のバトルロワイヤルではなく集団同士の抗争、ということになります(『まどか☆マギカ』における虚淵氏の『龍騎』へのリスペクトを考えるとまた興味深い)。

ただ、チーマーの勢力争いというのは、それだけでは戦う理由としての弱さを感じさせます。紘汰がすでにチームを抜けているだけになおさらです。
したがって、まだ提示されていない要素がありそうなのですが……

なお、色々とライダーのイメージを変えても、「ライダーはベルトで変身する」という一点だけは変わらない模様。
ベルトに錠前をセットして変身するとか言われても、知らない人には何が何だか分からないような気がしますが。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。