スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼやき

私は、他人が授業に出てこないからといって怒らないつもりです。
授業というのはペナルティではなくて教育機会ですので、出てこなくて損をするのは本人です。付き合いや義務感で出てくる必要はありません。
もし、授業での教育などというものには頼らないで上手くやっているのならば、そのような「上手くやれる」人に私がとやかく言う筋合いはないでしょう。

(実際、遅刻欠席の常習犯がアルバイトはちゃんと勤まっていて、普通に就職していったりするのを見るにつけ、律儀に授業に出るなど世の中ではまったく必要ないことがよく分かります)

学生が研究発表をする授業だったらどうでしょうか。
「あんな奴らの発表など聞く必要はない」というのは失礼でしょうか。
まあしかし、本当にそう思っているのなら、「聞く必要はない」と思われる発表をしている方が何か言っても始まりません。それが客観的に見て発表がつまらないからであれ、単なる偏見からであれ、いずれにせよです。
未熟な研究を見聞するのも、質問するのも学びの一環だと思いますが、そんなものを必要とせずに上手くやっているのならご自由に、と言いたいところです。

ただねぇ……研究発表の授業に「発表者を鍛えてやる」という上から目線で出てくるのは、どうなんでしょうねぇ……

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。