スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろな企画があるもので…

修士論文の中間発表が終わりました。

発表原稿は授業で配る資料ですから、各研究室の経費によりコピーできる……はずなのですが、コピーカードを取りに行って「先生に頼まれたとか、そういうことですか?」と改めて確認され、少し不安に
今までの管理が極めて緩かった(今でも書類が必要とかいうことはないのですが)ので、よく考えてみると先生に直接聞いたことはなかったかな、と。
おまけに今年は受講者が多いのでコピー部数も多く、せめてもっと1部辺りのページ数を削っておけば……等と今更のように思ったり。

そもそも時間が限られているので、発表できる量には限度があります。
しかし私は時間は守ります。時間が足りなさそうならば読む際にどこを飛ばすか、事前に考えておいたのが功を奏しました。(そこまで見越しているならば原稿からも削ればいいのに……と自分でも思いますが、もし熱心な人がいれば読んでおいてもらいたい、という欲が出るのです)

内容は……広い範囲の内容を詰め込んだので、細部の説明不足なのは予想していましたが、大筋としてはよく理解されてまずまず好評だったようなので何よりです。
実は、今回受けた質問などを踏まえて、もう1回発表をしなければならないのですが。

 ~~~

電撃文庫と同日発売なのに昨日は存在を忘れていました、『電撃文庫MAGAZINE』vol.34も発売されています。

電撃文庫 MAGAZINE (マガジン) 2013年 11月号 [雑誌]電撃文庫 MAGAZINE (マガジン) 2013年 11月号 [雑誌]
(2013/10/10)
不明

商品詳細を見る

今回の付録は『ソートアート・オンライン』特大ポスターと、

電撃文庫MAGAZINE vol.34 ポスター

『ゴールデンタイム』マイクロファイバータオル

電撃文庫MAGAZINE vol.34 タオル

マイクロファイバーというのが何なのか明瞭ではありませんが、質感としては以前の付録であった枕カバー等と同じような感じで、キャラクターがプリントされていなくても使うのがもったいなくなりそうです。
それにやはり『ゴールデンタイム』のクリアカードと、

電撃文庫MAGAZINE vol.34 クリアトレカ

さらにオリジナルシリアルコードなるものも付いています。最後はソーシャルゲーム関連らしいのですが、私は全くやらないのでさっぱりです。


内容ですが、入間人間氏の『神のゴミ箱』は予告通り2回目を掲載。
作者が年内にメディアワークス文庫からもう1冊刊行すると発言していたのは、これの単行本化ではないかと思われます。12月10日に出る次の『電撃文庫MAGAZINE』に3回目を掲載し、同月下旬に単行本化、というスケジュールかと。連載2~3回で後は書き下ろして単行本化するのは『安達としまむら』でもやっていたので、十分あり得るでしょう。
大学生が主人公ならばメディアワークス文庫、というのも氏の作品の慣例ですし。
こうして氏が現在書いているシリーズは『トカゲの王』『クロクロクロック』『安達としまむら』『強くないままニューゲーム』の4つ、この連載を加えて5つ
しかも、『クロクロクロック』の新巻がようやく12月に確定したので、これで今年の後半(7~12月)には4シリーズの続刊をそれぞれ1冊ずつ刊行することになります。
メディアワークス文庫からの2冊(『瞳のさがしもの』と予定のもう1冊)を合わせると月1冊ペース。
しかも、Web上では6月に「今年はサボリ気味でしたが、9月頃から出していきます」旨の発言をしていたので、大した有言実行ぶりです。

『電撃文庫MAGAZINE』vol.34に戻りますと、先月単行本の発売された新作では『鮎原夜波はよく濡れる』『ロストウィッチ・ブライドマジカル』の短編が掲載。

最後の方に載っている新作2本は、いずれも「第一話」「第1回」と書いてあるので連載予定のようですが……
「覚醒ラブサバイバー」は「niconico」電撃文庫チャンネルと連動して行っている、「ニコニコ動画の人気動画の小説化プロジェクト」とのこと。要するに最近流行りのボーカロイド曲の小説化です。作者も当然、曲の作者と同じ砂守岳央(沙P)氏。しかも、曲の方のアルバムCDも発売予定だとか。



覚醒ラブサバイバー(初回限定盤)(DVD付)覚醒ラブサバイバー(初回限定盤)(DVD付)
(2013/12/11)
砂守岳央(沙P)

商品詳細を見る

覚醒ラブサバイバー覚醒ラブサバイバー
(2013/12/11)
砂守岳央(沙P)

商品詳細を見る



「我が家のダンジョン」天羽伊吹清氏の新作。他に特に情報は見当たりません。

シースルー!? (電撃文庫 あ 31-1)シースルー!? (電撃文庫 あ 31-1)
(2011/09/10)
天羽 伊吹清

商品詳細を見る

シースルー!?〈2〉 (電撃文庫)シースルー!?〈2〉 (電撃文庫)
(2012/02/10)
天羽 伊吹清

商品詳細を見る

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。