FC2ブログ

まずは、ハーレムを受け入れる覚悟を――『閃烈の神なる御手 2』

今回取り上げるライトノベルはこちらです。

閃烈の神なる御手2 (一迅社文庫)閃烈の神なる御手2 (一迅社文庫)
(2013/10/19)
早矢塚 かつや

商品詳細を見る

 (前巻の記事

とは言うものの、主人公の正体、そっくりな二人の少女の秘密、科学文明世界と魔法文明世界という二つの世界の分裂の真相、封じられた捌王神というラスボス登場と怒涛の展開で、どこから語れば良いものやら……
打ち切りと思っていると、あとがきに「一巻の方がぼちぼち好評をいただいたらしく、お隣の国で翻訳されるとか聞いて」(p.314)とあり、ますます戸惑います。いや、かなりのマイナー作品や打ち切り作品でも中国・韓国語に翻訳されている事例はあるので、驚くこともないのかも知れませんが…

特に主人公の正体については、はっきり宣言される前にすでに、主人公以外の視点でさらっと周知の事実として扱われていたりするので、「これは既出情報じゃなかったよな?」と少々混乱するほどでした。

とりあえずこの巻、幼馴染ヒロインである燐火と主人公のデートのエピソードから始まります。
もっとも、そこに燐火そっくりの少女・星火が絡んで一筋縄ではいかなくなるのですが……

また、中盤で街全体が異変に見舞われて避難勧告が出ている時にも、自宅待機状態でヒロイン達が朝食を作るというラブコメ的エピソードがあったり。
こういう「非常時の中のほっとする一時」というのは感慨深いもので、非常事態ゆえの接近効果もありますから、ラブコメ的にも訴求力が高いのは確かです。
そしてバトルを繰り広げながら、最後は主人公が愛の力でヒロインの一人を助けます(文字通り)。そこのイラストだけ見ると18禁だと言っても通用しそうなくらいに密着します。

そういうわけで、バトルとラブコメが目まぐるしく交替しながら、ちゃんと一体になったストーリーになっています。

そして、燐火、淡雪、華音という3人のヒロインに関しては完全にお互いに承認の上でハーレムエンドです。
元々、王になれば一夫多妻が可能という設定でしたし、「王になること」と「ハーレムを引き受けること」を結び付けた基本設定をきっちり引き受けて完走してくれた印象はあります。

しかし、燐火と星火の関係については解決したとは言い難く。
「子供の頃にした結婚の約束」という、幼馴染ヒロインの要とも言える点に亀裂を入れるような設定にしておきながら、その点は扱いきれなかったような感がありました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告