スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この内容を見事に…――『紫色のクオリア 3』(漫画版)

ところで、入間人間氏が『瞳のさがしもの』のあとがきでこう書いていました。

(……)私はいわゆるスマートフォンではない、折りたたみ式の邪間古い携帯電話を利用している。そのため、携帯電話を作中に登場させる際は当然、そちらを意識して書くことになる。しかし世間ではもはやスマートフォンの方が圧倒的に占める率は高いようだ。だからあがってきたイラストを眺めて登場人物がスマホを弄っているところを見ると、やや間を置いてから『おぉ、そうかそうか』と納得するのが常だった。(……)
 (入間人間『瞳のさがしもの』、アスキー・メディアワークス、2013、p.308)


ところがその翌月に発売された『強くないままニューゲーム』の2巻では、携帯電話の画面に触れると画面に登場するマスコットキャラが反応したりする場面があり、スマートフォンのイメージを抱いていたのですが、今度はイラストが折りたたみ式形態電話という逆転現象。
……と思いきや、最近は日本型携帯電話でも画面タッチに反応するものがあるのを、最近図らずも機種を変えたお陰で知りました。折りたたみ式ではなくスライド式ですが。

 ~~~

それはさておき、先日も『魔法少女まどか☆マギカ』の映画について語る中で少し触れましたが、『紫色のクオリア』コミカライズの3巻が発売されました。これで完結です。

紫色のクオリア (3) (電撃コミックス)紫色のクオリア (3) (電撃コミックス)
(2013/10/26)
綱島志朗

商品詳細を見る

とは言え、今更語ることは多くありません。
必要なことは概ね原作についてのレビューで書きました。

その上で特筆するとしたら、原作後半の抽象的な内容を見事に表現していることですね。
無数の人生を繰り返すという、ヴィジュアル化するのが難しそうな内容を説得力ある形で描いてくれました。

紫色のクオリア3巻1
 (うえお久光/綱島志朗『紫色のクオリア 3』、アスキー・メディアワークス、2013、pp.92-93)

原作のイラストレーターがコミカライズを担当しても、そもそもイラストレーターが漫画に長けていると限らないのですが、この場合は元々イラストレーターが漫画家でコラボ企画でした。
それでも、内容に漫画家の表現が合うとは限らないのですが、この作品はその点も問題なかったようで、非常に素晴らしい出来となりました。

さらに、巻末には原作者による書き下ろしテクスト「箱の中の手紙」も収録。
これは原作の内容を補完するものでもあります。
漫画の最後で「残った謎」として軽く提示しておいてこのテクストに繋げるという構成が、最後まで見事な連携も感じさせました。

紫色のクオリア3巻2
 (同書、p.219)

申し分なくお勧めのコミカライズですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。