スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはりウェディングドレスは憧れ――『映画 ドキドキ!ブリキュア マナ結婚!? 未来につなぐ希望のドレス』

『映画 ドキドキ!ブリキュア マナ結婚!? 未来につなぐ希望のドレス』を観てきました。
内容的にはさほど解説することもないかと思います。

とりあえず、今回の敵はTVシリーズ本編のジコチューとは完全に別物。
この敵であるマシューと妖精のベベルというゲストキャラクターの正体がしっかりプロットに根を下ろしていて、なかなか良い出来であったと思います。

プリキュアの映画と言うと、来場した子供にペンライトを配って、山場で「画面の前の皆」にこのライトを振って応援してくれるよう呼びかける演出が定番ですが、通常ならば戦いでプリキュアが押されているところでの逆転くらいに使われるこの演出が、なんと(マナの結婚という未来に関わる話ですので)時を駆けるという奇跡を引き起こす演出に。
凄すぎませんか、ミラクルブーケライト。

ちなみに平日だったので劇場はガラ空きで、私より前には子供の姿は見当たりませんでしたが、後方には2~3名いて、ライトの光が自分の眼鏡に反射して見えました。改めて、眼鏡の反射で後方の光源が見えることに気付きました。映画にはまったく関係ありませんが。

ところで、お祖母ちゃんとお母さんの着たウェディングドレスを私も、と言うマナに対して六花、「マナの将来の夢は総理大臣じゃなかった?」と。マナも「それはそれ」と返します。
そんな女の子らしい結婚への憧れはありつつも、自分に対する男の子の好意には滅法鈍いマナ。なんだか男ののラブコメ主人公っぽいな……と言うか、「女の子の物語」を恋愛メインにしない『プリキュア』としては、こういう主人公像もありなのでしょう。
将来の夢は総理大臣の女の子が活躍してもいいじゃないですか。

そして最後には次の映画――来年春のプリキュオールスターズの予告がありますが、そこで「ファイナルステージ」と。
まあ、ファイナルの後でまた復活するかも知れませんが。


何だか起きる気も起こらず、机に向かうと頭痛がするような状態が少し続いていましたが、多少回復してきました。
とは言え、まだあまり余裕もありませんし、今日はこの辺にしておきます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

No title

とても良いブログですね。
もしよろしければトップページ同士の相互リンクしませんか?
こちらは既にリンク登録完了済みです。
よろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。