スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲間であれ手駒であれ、選ぶのは慎重に

先週の『仮面ライダー鎧武』についての記事では、戦極ドライバー(=変身ベルト)は6本で出揃ったみたいに思い込んでいましたが、なぜそう思ったのか、よく分かりません。放送開始時点でライダーが6人まで紹介されていたせいでしょうか。
今回、錠前ディーラー・シドが7本目の戦極ドライバーを出して「この最後の1本は誰に渡そうか」等と言っていました。
今度こそ「最後」と言っていたので、“もっと以前に戦極ドライバーを入手していた誰か”が登場しない限り、アーマードライダーは計7人ということになりそうです。

さて今回は、「チームインヴィット」のリーダー・城乃内秀保がドングリのロックシードで、「チームレッドワイルド」のリーダー・初瀬亮二がマツボックリのロックシードで、それぞれ変身したところからでしたが……
「俺はアーマードライダー黒影」と名乗る亮二、「え、自分で名乗るんだ」と戸惑う秀保。
さらに亮二は「こいつはグリドン」と勝手に秀保の変身したライダーを命名してしまいます。
それを聞いて、「ドングリだからグリドン」と失笑するギャラリー。ひどい辱めです。

そして、バロンの助太刀に入ってきた……と思われた黒影とグリドンですが、そう思わせておいて背後からバロンに斬り付けます。
まずは嫌な奴を潰しておこう、ということのようです。

しかし、バロンが戦闘不能になって、戦極ドライバーを破壊しようとしたところで、さすがに見ていられず黒影&グリドンに戦いを挑む鎧武&龍玄。
そして見事に撃退します。「今日はたまたま調子が悪かっただけだ」(秀保)「覚えてやがれ」(亮二)と、いかにも三下っぽい捨て台詞を吐いて逃走する二人。
この後、二人コンビでの戦いを特訓する場面でも、亮二は秀保を盾にして自分が決めるコンビプレイを押し付けます。
前回の印象だと、眼鏡の秀保の方が頭脳派で、「このままバロンの下に付くことになっていいの?」「あいつ、俺たちのことバカにしてたよ」とあることないこと言って粗暴な亮二を焚き付けている感じでしたが、現場で行動する段になると秀保がヘタレで亮二にいいように振り回されているのが可笑しい。
彼らはこのままコメディリリーフを続けるのか、それともコメディ要員に留まらない活躍をする機会が来るのか…?

こっぴどくやられた戒斗(バロン)に「友達は選んだ方がいいぞ」という紘汰。
対して「あんな奴らはただの駒だ」と言う戒斗ですが……現に「駒」に留まってくれないどころか、「駒」として扱われることに不服を抱いて反逆したのが問題なのですが……
しかし、では「駒」ではなく対等な付き合いなら秀保や亮二が信用できるかというと、あまりそうとも思えず。
相手が悪かったのか、付き合い方が悪かったのか。戦国武将の如く覇道を行く者は、どういう人付き合いをすべきなのか。これまた一筋縄では行かないかも知れません。

さて、シドから7本目の戦極ドライバーを購入したのは「チームレッドホット」の曽野村……だったはずなのですが、なんとケーキ屋で騒いだためにパティシエ凰蓮(おうれん)・ピエール・アルフォンゾに叩きのめされ、お題代わりにドライバーを奪われていました。
かくして、ドリアンのロックシードで7人目のアーマードライダー・ブラーボとなったのは、フランスで10年菓子職人として修行しフランス国籍も取得したオカマ口調のパティシエ……濃いのが出てきました。

そしてこの凰蓮、アーマードライダーの戦いのレベルの低さを嘆き、自らギャラリーを呼んだ上で特訓をしていた黒影とグリドンに挑みます。またこっぴどくやられそうな二人です。

ところで、光実は兄・貴虎が戦極ドライバーを所持しているのを目撃してしまい、しかも咄嗟に兄の荷物からスイカのロックシードを手中にしてしまいます。
次回、光実がスイカのロックシードを使うようですが……インベスゲームとアーマードライダーの戦いは(ギャラリーが撮影した映像が?)放送されているので、自分の手元から無くなったロックシードが使われているのを見たら貴虎も気付くのではないでしょうか。光実が変身しているのが兄にバレるのは、意外に早いかも知れません(貴虎は低俗な放送なんか観ていない可能性もありますが)。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。