スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルの輝きと苦難と――『あいまねっ! -Idol is money!?-』

今回取り上げるライトノベルはこちら。一迅社文庫の新人賞で金賞を受賞した新人作品です。

あいまねっ!-Idol is money!?- (一迅社文庫)あいまねっ!-Idol is money!?- (一迅社文庫)
(2014/01/18)
平山 ひろてる

商品詳細を見る

一迅社文庫は自前の新人をほとんど送り出さないことで知られていたレーベルですが、初の大賞である『引きこもりたちに俺の青春が翻弄されている』に続く本作の出版で、一迅社出身の新人が少しずつ出始めたというところでしょうか。
続巻が出る可能性が低いことでも知られるレーベルなので、まだ今後のことは分かりませんが。

本作の舞台は政府の運営するアイドルとプロデューサーの養成機関・二宮学園。ここはプロデューサーコースの生徒がアイドルコースの生徒を選んでプロデュースするシステムになっています。
主人公・佐藤伸吾(さとう しんご)はプロデューサーコースの2年生。敏腕ですが、金にならないアイドルは容赦なく切り捨てることから「鬼の佐藤」と恐れられています。
彼は目の前の少女を古今のあらゆるアイドルのデータと比較し、「声」「スタイル」「顔」「可能性」「総合ランク」といったパラメータを瞬時に判別することができるというスキルを持っています。が、その眼力を持ってしても読み切れない可能性を持った少女・西宮有紗(にしのみや ありさ)と出会い、彼女をプロデュースすることに決めます。
元気でひたむきで、いつも笑顔を絶やさない有紗が、アイドルを「金になるかどうか」だけで見ていた佐藤の心を少しずつ動かし、それ以上の感情を持つようにさせていく……と、大筋は言ってしまえばそれだけです。

学園主催の売り出すためのイベントには事欠きませんし、その他にも佐藤は広告代理店の重役や記者に有紗を紹介するなど色々と手を売っていますが、彼の計算には外れがなくトントン拍子に成功するので、大きな山場にはなりません。
ライバルとして、幼稚園の頃からトップアイドル「まおにゃん」として活躍してきたもののすでに引退し、プロデューサーコースに入っている柳沢万桜(やなぎさわ まお)と期待の新人アイドル・夏目蓮花(なつめ れんか)がいますが、彼女たちとは私的には仲も良いですし(そもそも、佐藤と万桜は幼少時からの付き合いです)、妥当ライバルという方向で盛り上がるわけでもありません。
そもそも、蓮花は佐藤の目によればあらゆる面でトップクラスのハイスペック、前評判にも勝る快進撃で、ほとんど勝負になりません。

嫌がらせをしてくる敵役も登場、終盤に山場にも絡みますが、こちらも妥当してカタルシスを与えるには弱い感が否めません。

最近の流行りものと言えるかも知れませんが、アイドルプロデュースという主題についてはどうでしょうか。
本作の世界で何が問題になるかと言えば、結局はアイドル自身の能力です。
その点で、アイドルの素質を客観的に判断する佐藤の能力は実に象徴的です。
実際、万桜・蓮花コンビに関しては、強調されるのは蓮花自身の圧倒的な能力のみで、万桜が――「ぼくは多分、伸吾っちよりもうまくやれる自信あるよ?」と啖呵を切りつつ――プロデューサーとして何をやっているのかはほとんど描かれません。

そもそも、実にさらっと語られますが、二宮学園が国営で、娯楽推進省なる官庁の管轄下にあるというのが衝撃的です。
この国営という設定の意味(民営ではいけないのか)はともかく、各種企業との提携の上でアイドルの卵たる生徒たちを競わせるパフォーマンスイベントを毎日(文字通り)開催しているという設定は、それなりに重要でしょう。
つまり、普通に学園行事に参加していれば、いくらでも売り込みのチャンスはある、後は各自が何を見せられるか次第、というわけです。
しかも、テーマの決まったパフォーマンスイベントの中で複数のアイドルたちが競うわけですから、彼女たちは比較的、客観的に評価されることでしょう。

とは言え、一つ一つのパフォーマンスの描写はあっさりしている中でも、有紗がいかなる魅力を発揮しているのか、それはちゃんと描かれています。
欠点も多いのですけれど(料理下手とかお約束です)、笑顔と明るさを絶やさず、それによって失敗をも笑いに変えられる――これは何でも完璧にこなす蓮花との対比でもあるのでしょう。
そんな彼女の魅力が伝わるからこそ、佐藤の心を動かす展開も力を持ちます。

同時に、ライバルたちに対してあまりにも抜きん出た成績を挙げているがゆえの蓮花の孤独と、構わず友達として付き合える有紗も彼女にとっての意義という、トップアイドルならではの苦悩も描かれていて、それはライバルに対する嫌がらせや、売れないアイドルなのに見栄ばかり張っていた佐藤の両親のこと(佐藤が金にこだわる原因)といった要素と合わせて、アイドルの困難という主題に切り込むものになっています。
特に凝った展開はなく起伏も少ないストーリーでありながら、それなりに読ませるものになっているのは、そうした小さなドラマが――決して劇的に語られるわけではないもの――輝きを放っているからでしょう。


ところで、Web で新人賞のデータを調べると、本作は受賞時には魔法少女という要素も入っていたとのこと。
しかし、最近の流れだとおそらく、魔法少女はアイドル以上に掘り尽くされた鉱脈ですし、現にそういったファンタジーの要素を入れなくてもちゃんと読ませるものになっているので、この改稿は正解だったのでしょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。