スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それで上手く行くなら良いのですけれど

最近になって、現在の中国で出ている本はたいてい横書きであることを知りました。
台湾のものは縦書きだったんですけどねぇ……

ここは一つ、知り合いの留学生に聞いてみました。
すると「縦だと読みにくくないですか? 行を間違うから」と。

1行飛ばしたり同じ行の頭に戻ってしまったりすることはしばしばありますが、縦と横で違うかと言うと、それは慣れの問題ではないかと……
縦の方が一行が長いからでしょうか。

 ~~~

本日は修士論文の試問でした。同学年の主だった知り合いもだいたい今日受けていたようです。まあ、同じもしくは隣接する専修ならば担当教官も共通しているので、まとめてやるのが普通でしょうかね。
試問の時間が1時間というのは長いなと思いましたが、先生に色々聞かれ言われているとすぐに経ってしまうものです。まあ研究発表の授業でもそうですからね……その気になればいつまでも続きます。

論文の形式をこうする必要があったのかとか、この議論はどこまで成り立つのか、といった結構根本的な点も指摘されましたが、まあ何とかなると信じましょう(と言うか、「これだけ言われて大丈夫なのだろうか」というのは、誰でも試問の後に感じることである模様)。
「これを踏まえてこれからの研究を」とも言われましたし。

しかし、自分の研究が修士論文としては結構変則であることを指摘されて改めて実感しました。
なぜこうなったんでしょうね。
まずは地味でも堅実にやりたいと思っていたつもりなんですけどね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。