スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吸血鬼探偵の登場――『白暮のクロニクル』

今回はこちらの漫画を取り上げさせていただきます。『鉄腕バーディー』終了後のゆうきまさみ氏の新シリーズです。
ゆうき氏は現在、『でぃす×こみ』も同時連載中ですが、こちらの方が週刊であるためか単行本化は先になりましたね。

白暮のクロニクル 1 (ビッグ コミックス)白暮のクロニクル 1 (ビッグ コミックス)
(2014/01/30)
ゆうき まさみ

商品詳細を見る

本作の舞台は現代日本風の世界ですが、ただこの世界の人間の中には少数ながら「オキナガ」と呼ばれる不老不死に近い存在がいて、それは一般に認知され、その扱いは法的にも定められています。
基本的には不老不死ですが、心臓に杭を打てば殺せるとか、また日光に弱いらしい設定もあり、要するに吸血鬼を思わせる設定です。
血を吸うという話こそありませんが、どうやら血を介して後天的に「なる」ものでもあるようで……。

主人公は普通の人間で、厚生労働省の職員・伏木(ふせぎ)あかり
長身で眉毛の太い女性です。

白暮のクロニクル 伏木あかり
 (ゆうきまさみ『白暮のクロニクル 1』、小学館、2014、p.26)

なるほど、病気にもならず(ただ保菌者となる可能性はある)寿命も通常より遥かに長い人間が存在したら、医療や福祉にそのための制度が必要です。だから主人公が厚生労働省関係者とは、さすが筋が通っています。
しかもこの世界において、オキナガは(少数ゆえに会ったことがない人は多いものの)当然のように認知されている存在で、それゆえ登場人物もそれを当然のように流し、読者のためのことさらな説明は散発的にしか入りません。かくして読者はこの設定を少しずつしか知らされないのですが、その中で「皆がそれを当然として扱っている世界」に馴染まされていくわけです。

さて、伏木あかりはオキナガに関する問題を扱う部署「夜間衛生課」に配備され、オキナガの連続殺人事件と関わることになります。心臓に杭を打たねば殺せないのですから、なかなか手の込んだ殺人事件です。
しかも、人間のジャーナリスト一家の殺人事件や、さらには現在の連続殺人とは別に、70年も前から12年置きに怒っている連続殺人、通称「羊殺し」といった複数の事件が絡まり合い、事態はなかなかに複雑です。

探偵役は少年の外見ながら89歳のオキナガ、雪村魁(ゆきむら かい)

白暮のクロニクル 雪村
(同書、p.38)

伏木を夜間衛生課に配備した厚生労働省の参事・竹之内や、雪村を殺人事件の犯人として追っている刑事・唐沢など様々な人物の思惑が交錯する群像劇は毎度のことながら見事。
現在の事件の犯人が判明したところで、70年前から続く「羊殺し」の事件が前面に出てくるという構成も読ませます。

ただ今のところ、事件についても登場人物に関しても判明していることは僅かですし、この1巻内で解決した事件についても、探偵の「推理」がそれほど説明されていないので、狭義のミステリと言えるのかどうかは微妙なところかも知れませんが、歴史やら伝奇やら犯罪小説やらといった要素の合わさった、楽しみな作品になっています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

生きづらいマイノリティとしての吸血鬼――『白暮のクロニクル 3』

普段、専用ゲーム機での電子ゲームはほとんどやらなくなって久しいです。京都の家にはゲーム機はありません。 しかし、なぜか『ヨッシーアイランド』シリーズだけは一通りプレイしています。 今回出た新作も、ちょうどゲーム機のある実家に帰る機会ということもあり、やりました。 ヨッシー New アイランド(2014/07/24)Nintendo 3DS商品詳細を見る 多彩なアクションが楽しく、...
プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。