FC2ブログ

期待などしないこと

色々書いていると、ふと思うことがあります。
あれやこれやと文句を言って、それで私は何を期待しているのか、と。
私の言ったことが何かの成果をもたらすとでも期待しているのか――たかがブログ、誰でも書けるものでしょう。
確かに、「大学の宣伝」等と大上段に打って出たくらいで、自分のやっていることが影響力を持ったらいいな、と思いはします。しかしあまりそれを期待するのも助平根性というものではないか、と。
成果などからはかけ離れることこそを目指したいですね。

ここでは身の回りの人が登場するエピソードもかなりたくさん書いていますが、このブログを読んでいる可能性が高い人のことを書くのはやはり怖いものです。後で怒られるくらいならマシな方で、直接怒られる機会もないまま気が付いたら問題が大きくなっているようなことがあり得ますからね。
ですが、書きます。(前回の内容のラストにも多少繋がります)

芸祭2日目の夜のこと、芸術学の卒業生と河合塾の先生が何人か来られていて、しばし話をしました。卒業生の先輩方は大学院に進学されている方がほとんどでしたが、就職されている方も1人いて、名刺を配っていかれました。
就職されていた先輩(Mとしておきましょう)が行った後、別の先輩がこんな一言を。

「Mが一番偉いよね」

結局、社会に出て働いているのが一番偉い、ということで、こういうことは当の学生の間でもしばしば口にされることではあります。
ただし、1つ付け加えておくと、こういうことはあまりにも深刻に言うと、かえって説得力がなくなるように思います。
「働いている人の方が偉い、自分は偉くない、どうしよう」とあまり深刻に考えられると、「じゃあ、就職でも何でもしろよ」と言いたくなります。この芸祭でのエピソードの場合、酒の席の軽い感覚で「自分たちは偉くない」ことをあまり深刻に言わないトーンであったからこそ面白いのであって(と、私には聞こえました)。

私自身のことを考えても、いずれ卒業する時、職にありつき、社会に適合できるのかというのは小さからぬ問題ではありますが、本気でそれを気にしているのなら、こんなところでぼやいている暇があるか、と。
                           (芸術学2年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告