スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロの大人の実力、子供たちの成長――『暗殺教室 8』

母校(愛知県立芸術大学)の卒業修了制作展が本日より9日まで、愛知芸術文化センターのギャラリーにて開催されます。
というわけで見てきました。ついでに、学部時代の同期(他専攻)の一人とも会いました。
私が修士課程を無事修了し博士後期過程に進学ということは、同期で修士に進んだ面々も修士課程を修了しているはずです。その名が今回の卒業修了制作展にあれば、すぐに分かります。大した人数ではありませんし。
まあ、その展示の様子などはまたの機会(あれば)に。

 ~~~

今回取り上げる漫画はこちら、『暗殺教室』の8巻です。

暗殺教室 8 (ジャンプコミックス)暗殺教室 8 (ジャンプコミックス)
(2014/03/04)
松井 優征

商品詳細を見る

 (前巻の記事

前巻で南の島・普久間島にやって来たE組一同。
生徒たちは入念な暗殺計画により、殺せんせーを暗殺成功一歩手前まで追い詰めましたが、殺せんせーの最終防御形態により失敗。しかしこれにより、殺せんせーも24時間は身動きが取れなくなってしまいます。

そんな最悪のタイミングで訪れる新たな危機――ウイルステロによりE組生徒の半数を重態に陥れ、その生徒たちを人質にして殺せんせーの身柄を要求してくる敵が出現しました。
敵の拠点となっているホテルに潜入し、ワクチンを奪取しようとするE組一同――というところまでが前巻でした。

というわけで、今回の流れは少年漫画として比較的オーソドックスです。
敵地に侵入し、途中で敵の殺し屋を順次撃破して、最上階にいる黒幕を目指します。
殺し屋の他に、ホテル側の警備やろくでなしの客も障害となります。

見所は、生徒および先生たちの活躍ですね。
たとえばビッチ先生、長らくすっかりネタキャラになっており、今回も崖を登って潜入するに当たっては、普段の暗殺訓練で鍛えられている生徒たちよりも頼りない有り様なのですが――

暗殺教室8巻1
 (松井優征『暗殺教室 8』、集英社、2014、p.9)

敵の目を引き付けるに当たっては見事な技術を見せ、凄腕の暗殺者であったことを思い出させてくれます。

暗殺教室8巻2
 (同書、p.23)

また烏間先生は相変わらず、いや今までに見せた以上に強く頼りになるところを見せます。

そして、期末テストで挫折を味わった赤羽業(あかばね カルマ)に、昼間の殺せんせー暗殺計画で止め役を担いながら、一瞬遅れて失敗したという思いのある千葉龍之介(ちば りゅうのすけ)速水凛香(はやみ りんか)狙撃手コンビ
業は甘く見て、千葉&速水は大事な局面のプレッシャーで、と失敗の理由は異なり、当然、立ち直らせ育てるための殺せんせーの対処法も違います。

「どんな人間にも 殻を破って大きく成長できるチャンスが何度かあります
しかし1人ではそのチャンスを活かし切れない
集中力を引き出すような強敵や 経験を分かつ仲間達に恵まれないと
だから私は用意できる教師でありたい
生徒の成長の瞬間を見逃さず 高い壁を 良い仲間を すぐに揃えてあげたいのです」
 (同書、pp.144-145)


「強敵や仲間」と言っていますが、「壁」と「仲間」という異なるパターンを立て続けに見せたのは意図的なものでしょう。
何が必要なのか、それはその人とタイプと状況により様々です。
1クラス分の生徒たちがいる分、様々な形で成長ドラマを楽しむことができ、また生徒一人一人に対する殺せんせーのきめ細かい教育も味わえる。暗殺という非日常を舞台にしながら、まぎれもなく学校教室物の王道です。

かくして、得意分野では並外れた大人たちと、成長著しい中学生たちの力と技と索が激突した今巻ですが、最後で黒幕を相手に見せ場が来るのは、やはり主人公の渚になりそうです。
彼の暗殺の才能とロヴロから伝授された必殺技が炸裂する時が来るのか、そうなったとして、暗殺者として「成長」したら、それはそれでどうなってしまうのか――そんな気を持たせるところで引きとなります。

それから今回は敵も変人揃い。
間違った変な日本語を使う奴とか、「銃うめえ」と言ってしゃぶる奴とか……

暗殺教室8巻 ガストロ
 (同書、p.32)

完全に学外の敵なので、いつもより変態の描写も飛ばしてきた感じですね。どこか前作『ネウロ』を思い出します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

教育の様々な顔――『暗殺教室 9』

今回はこの漫画の新巻を取り上げさせていただきます。 暗殺教室 9 (ジャンプコミックス)(2014/05/02)松井 優征商品詳細を見る  (前巻の記事) 生徒達に「先生を暗殺する」というミッションが課せられている本作ですが、決して暗殺と教育は切り離されたものではありません。 暗殺を通して、生徒たちはその他の場面にも通じることを数多く学んでいるのです。 そして7巻から始まり...
プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。