スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も恒例の

気が付けば開催期間は明日(10日)までですが、愛知芸術文化センター8階のギャラリーで開催中の愛知県立芸術大学卒業・修了制作展の様子を少々。
以下の写真を見ると、各専攻から1~数作品ずつですが、それが必ずしも私の選ぶ各選考のベストというわけではありません。ただ、何らかの形で目に付いたものを。

日本画で抽象画はしばしば見かけますが、立体の域に踏み込んでいるのは結構珍しいですね(下の写真右)。

卒展2014 1

↓油画では立体に踏み込んだものも結構あります。時として彫刻との境が曖昧で、専攻区分について考えさせる一因になります。

卒展2014 2

彫刻ではこちら↓がとりわけ目を引いた作品です。誰と話してもこれは好評な作品ですね。自転車を覆う付着物の表面は、松ぼっくりのかさを剥がして貼り付けています。
フジツボのような生物に侵食される人工物という趣を感じますし、なかなかに手も込んでいます。

卒展2014 3

デザインは毎年、結構ファインアート的な作品も多くて、悪くはないが「デザイン」としてはどうなのか……と考えたりします。これまた専攻区分を問い直す理由になるかも知れませんが。
そんな中、毎年一つ二つはあるタイポグラフィデザインは実用性がはっきりしていて、しかも結構良作が多い気がしますね。
こちら↓は名書家の書に基づいた平仮名のフォントデザイン。

卒展2014 7

後は、この蛇ファッションなどなかなか印象的でした。
ウロコや蛇の頭をよく再現した(蛇の抜け殻をスキャンしたとか)タイツが強烈です(もっとも人と話していて、「靴を履くと蛇の頭が見えなくなる」という欠点を指摘されましたが……)。

卒展2014 5

卒展2014 6

陶磁だと、普段の生活で縁のない大皿や壷より、セラミックの方に実用性を感じてしまいますが……大きさの違う器を重ねて収納すると薔薇の花のようになるという趣向はなかなか。

卒展2014 4

それから、動かせない作品、ギャラリーに持ち込み禁止の土砂や生物を用いた作品は大学資料館の方で展示しています。
これ↓は別に動物ではなく木彫りですが……

卒展2014 8

卒展2014 9

それからこちら。

卒展2014 10

卒展2014 11

少し分かりにくいかも知れませんが、実は撥水素材でコンクリート面に絵を描き、そこに水を撒くことにより、水で絵が浮かび上がる仕様なのです。
しかも、それが水溜りとそこに映る木をトレースしています。

 ~~~

一つの記事に詰め込みすぎも何ですが、特撮TVドラマについても軽く。

『列車戦隊トッキュウジャー』では、レインボーラインの乗車パスを使うと買い物ができるものの、その金額は後で支払ってもらう、とのこと。しかしどういう形で「支払う」のかは説明のないままでした。
それから、レインボーラインの列車(「烈車」)はイマジネーションのある者(多くは子供)にしか見えないのだとか。だから現実の鉄道路線を走っていても人々からは気にされないのですね。

ついでに、私は「トッキュウジャーの乗る列車と巨大ロボになる列車は別」等と言いましたが、別ではないですね。
普段は連結して走っており、そこにトッキュウジャー一同が乗っています。
分離して走ってくる場面がないので混乱しましたが。それと、彼らが普段その中で過ごしている戦闘車両はいずれの色でもないので別……なのでしょうか。


『仮面ライダー鎧武』――ユグドラシルコーポレーションの主任である貴虎も、「悪いことを悪いと言える」紘汰の真っ直ぐさに心を動かされているところがある模様。
しかし、そんな青臭さが我慢ならないシドは紘汰を始末しようとします。
その上、シドは一般人にロックシードをばら撒き、積極的にインベス事件を起こさせることで、ヘルヘイムは放っておいても侵略してくるという真相を隠蔽しようとしていました。これは「街の人たちを守る」という紘汰たちの考えとは対立します。
曰く、ユグドラシルの目的は世界を守ること――沢芽市という一つの街くらい、必要とあれば犠牲にしても。
それを認めない紘汰の青臭さこそ、シドの嫌うものです。

ジンバーレモンの力でシド=仮面ライダーシグルドを追い詰める紘汰ですが、光実は紘汰に気取られないよう姿を隠しつつ、シドを助けて逃がします。
ユグドラシルの計画には賛同しつつ、紘汰を初めとするチーム鎧武の仲間たちをも大切にしたい――このような光実の指針のブレは、理想は持ちながらそのためにどうしたら良いのか分からないでいる紘汰の迷いとは別種です。それぞれの目的のために行動することには迷わずにいながら、矛盾する異なる目的の間で板挟みになっているわけですから。毎度のことながら、そこに危うさを見ずにはいられません。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。