スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

技法的基礎に基づく理想美――『写実画のすごい世界』

実家に帰省中、近所の書店で衝動的に買ってしまったのがこの『写実画のすごい世界』でした。
研究活動で美術から離れた今となっては、図版主体の画集の類をあまり買っても仕方ない、という思いもあるのですが、1冊1900円でフルカラー、印刷の質も高いというのは悪くない買い物でした。

写実画のすごい世界写実画のすごい世界
(2013/05/29)
月刊美術

商品詳細を見る

写実画のすごい世界2 - キャンバスで輝きを放つ女性たち写実画のすごい世界2 - キャンバスで輝きを放つ女性たち
(2013/12/17)
月刊美術編集部

商品詳細を見る

このシリーズは現代日本の写実画家たちを取り上げています。
1冊目の『写実画のすごい世界』では戦前生まれを含む年配画家(ただし、概ね現役作家)も登場しますが、続編たる『2』は現在30歳前後の若手作家中心。1冊目と被っているメンバーもいるので、とりあえず読んでみるならまずは1冊目だけでいいかも知れません。

描かれているモチーフは女性像が中心。『2』はサブタイトルも「キャンバスで輝きを放つ女性たち」とあるくらいです。

さて、写真の存在する現代において、写実画を描く意味とは何でしょうか。
生島浩の作品は実にフェルメール風
室内の様子も特に現代的なものを感じず、さて現在に

写実画のすごい世界1

ただ、それでも注目したいのは、確かにモデルが日本人女性(少なくとも東洋人)であることです。
明治期の洋画を見ていると、油絵具を使い、西洋の物語画のスタイルを取り入れて東洋的、日本的な主題を描こうとしているものの、えもいわれぬ違和感を感じるものがあります。
たとえば山本芳翠の《浦島太郎》などをご覧あれ。 → 山本芳翠 浦島太郎

これは一つには、油絵で日本人の顔を描く技法が確立されていなかった、という問題があるのではないでしょうか。
西洋に黒髪のモデルは稀なので、画集の先人の作品を見ても黒髪の描き方が分からない、という声は愛知県芸時代、油画の学生から聞いた覚えがあります(当然、私も苦労しました。まあ描く機会そのものが少なかったのですが)。

他方で原田直次郎《靴屋の親父》のような名品も存在しますが、何が違うのかということが、ちゃんと理解され伝えられてきたのかどうか。 → 原田直次郎 靴屋の親父

その点で、近年(広く見て30~40年くらいでしょうか)の技法的進歩は注目すべきものが確かにあります。

もちろん、人物だけではありません。小野修作品における床の木目の驚くべき描き込み具合をご覧あれ。

写実画のすごい世界2

とは言え、それでも「上手く描けている」だけならば、写真でなく絵を描く意義は何か、という問いは残ります。
ですが、絵においては写真よりも自在に取捨選択ができ、理想化が可能です。
描かれた女性たちにいかに理想美が込められているか、見れば一目瞭然です。

写実画のすごい世界3

さらに、人物を半透明にして背景が透けて見えるようにしたり、

写実画のすごい世界4

コラージュ化したりも可能です。

写実画のすごい世界5

もっとも、鑑賞に供されるのが女性ばかりというのは、性の問題を喚起するかも知れません。
ただ、性的な目的に供される女性の写真ならば、いくらでも安く複製されて出回っているわけです。
一品ものの高級な美術品が、単純にその上位互換であれば、とても買い手のつくものにはならないでしょう。

そう言った上で、人物像以外の作品も少しはあるのも見ておきましょう。
黒の背景とレモンの迫真性、圧倒的です。

写実画のすごい世界6

コラムで興味深かったのは、1冊目『写実画のすごい世界』の方に載っている金子美樹氏の論「サプライズがつなぐ日本写実画の系譜」で、日本写実画の一つの源流を高橋由一に求めていることでしょうか。
そう、記録のために鮭の半身を描く由一の絵と、黒田清輝の流れを汲む「具象画」には確かな違いがあり、現代写実画の迫真性は由一の方に通じるのです。

例によって歌田眞介先生の史観に倣うところ大ですけれど、黒田清輝は、構想を練っての物語画に西洋画の神髄を見ました。しかし、そこで技法的基礎が疎かにされていた節があります。
しっかりした技法に基づいた由一の《鮭》は、写真の存在する今になっても色褪せず、輝きを放っているのです。
技法の向上に基づいた写実画の系譜が育っているとしたら、それは決してただ時代遅れなものではありますまい。むしろ、ようやくここまで来た、のではないでしょうか。


写実絵画の魅力 世界初写実絵画専門美術館「ホキ美術館」に見る写実絵画の魅力 世界初写実絵画専門美術館「ホキ美術館」に見る
(2013/11/12)
ホキ美術館

商品詳細を見る

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。