スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これもプリキュアの懐の深さ――『プリキュアオールスターズ New Stage 3 永遠のともだち』

今日は大学院の学位授与式でした。
まあ出てこない人も少なからずいるのですが、私は文学研究科の修了生副代表に選ばれていたので、さすがに出席してきました(ちなみに、今年は代表・副代表がウチの専修から選ばれたというだけで、この選定にそれ以外の事情はありません)。
その後、懇親会なども……ただ、この懇親会の料理というのが吉田食堂提供らしく、やはり吉田食堂で行われた一昨日の宗教哲学会の懇親会とほぼ同じメニューでした。そのことを知ってか知らずか、一昨日の懇親会と同じメンバーは(先生方を含め)ほぼ見当たりません。

 ~~~

さて、先日に遡りますが、映画『プリキュアオールスターズ New Stage 3 永遠のともだち』を観てきました。

その内容――の前に、現在放映中の『ハピネスチャージプリキュア』の大まかな特徴について確認しておきましょう。
主人公より先に変身しているプリキュアがいる、というのは今までもしばしばあったパターンですが、今作では第1話冒頭時点ですでに、プリキュアたち(複数)の活躍が世間に広く認知されている、というのが際立った点です(ちなみに昨日放送の第8話では、世界各地のプリキュアたちが何人も登場していました。なぜ敵は主人公の近隣にばかり攻めてくるのか? というヒーロー物に付き物の疑問に対し、「他のところにも攻めて来ており、他のヒーローたちが迎え撃っている」という答えを用意したのは結構――本シリーズとしては――衝撃的でした。最終話近辺で世界の名も知れぬプリキュアたちが集う展開も期待されます)。
そんなプリキュアたちの中で、キュアプリンセスに変身する白雪ひめは敵・幻影帝国に滅ぼされたブルースカイ王国の王女ですが、プリキュアとしては戦っても全敗中で、キュアフォーチュン(現段階では正体不明)にも駄目出しされていました。
そんなひめが「友達」として見出したのが愛乃めぐみで、彼女はキュアラブリーに変身することになります。

とにかく、ひめ=キュアプリンセスの方は弱い上にメンタルも弱気で人見知り、『ハートキャッチ』のブロッサムとマリンの欠点を併せ持ったような感じです。
キュアラブリーと組んでからは戦績を上げていますが、未だキュアフォーチュンは認めていない様子。
また、キュアハニーについては未だ登場しておらず、次回第9話でようやくの登場となるようです(誰が変身するのかは容易に想像できますが)。オープニングに最初から登場しているメンバーが9話目の登場とは異例のスローなペースで、映画『オールスターズ』公開時点でメンバーが二人だけというのも『スイ~ト』以来と記憶しています(ちなみに今回の『プリキュアオールスターズ New Stage 3』では、正体を伏せたまま最後にキュアハニーが登場しました。特撮ヒーローだと最近よくある映画での先行顔見せです)。

というわけで、現役プリキュアがことさら「弱い」印象を与えているのが、今回の『オールスターズ』の特徴です。
新しいプリキュアなのでまだデータベースに入っておらず、敵も知らないという強みはあるのですが、しかし他のプリキュアたちが夢の世界に囚われた時に助けに行くものの、戦闘シーンをカットして一瞬で捕まり「あんたたち弱すぎ」と言われる有り様です。

そんな弱い現役プリキュアがいかにして活躍するのかというと――実はそれは今回の映画の主題ではありません。
映画限定の特別変身もありませんし、精神的成長を見せるのは映画のゲストキャラです。観客の子供たちにミラクルライトを点けて応援してね、という恒例の演出はありますが、これもむしろ全てのプリキュアを応援するのに使われます。
つまるところ、なし崩しです。
先輩プリキュアたちが集結して、皆で戦うところで現役プリキュアにも見せ場が与えられることを鑑みれば、皆で力をあわせれば、ということでしょうか。

今回の映画は、前回の『オールスターズ New Stage 2』の舞台となった妖精学校で、やはり『New Stage 2』に登場した妖精のグレルエンエンが新しいプリキュアに会いに行くところから始まります。つまり始まりからして、完全な続編を印象付けます。
そして――予告で分かっていたことでしたが――『プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち』に登場したキュアエコーが再登場します。
彼女はただ一度だけ変身したプリキュアで、パートナーの妖精はいません。他方でグレルとエンエンは、プリキュアのパートナーの妖精になるのが夢でした。かくして彼らはパートナーになります。
『New Stage』3部作は、第1弾でプリキュア、第2弾で妖精、そして第3弾でパートナー成立を描く3部作でした。見事な繋がりに感心。

もっとも、「プリキュアのパートナーの妖精」の意味も、必ずしも一義的ではありません。プリキュアと同じ数だけ妖精がいることもありますし、もっと少ないこともありますし、変身するのに妖精が必要なこともあれば、そうでないこともありますし……
ただ、変身するのに妖精が必要な設定の作品でさえ、最初の一度は妖精なしで変身したケースがありました。『スイ~ト』のキュアビートです。ですから、まずプリキュアがいてそれから妖精とパートナー結成するのも、先例に鑑みてあり得ないとは言えません。
プリキュアとは何なのか、そのパートナーの妖精とは何なのか、はっきりした定義はありません。だからこそ、可能性も広がります。それを見せた『New Stage』3部作でした。

そして今回の主役は、グレルとエンエンの友達の妖精、バクのユメタ
ユメタの母・マァムは、ユメタの遊び友達にと子供たちを夢の世界に閉じ込めています。母の過剰な愛が悪の根源とは、真剣に考えるとなかなかに重い話。
しかし、敵が「人間の負の感情を利用する」タイプの場合、しばしば大人も敵に利用されてきましたし、大人の抱える問題が『プリキュア』の枠内で描かれることも、先例のあることなのです。
そんなユメタが母の歪んだ愛を振り切るべく成長を見せるのは言わずもがなとして――

こうして見ると、『プリキュア』シリーズの懐の深さを存分に発揮した感じの映画でした。
ただ、主人公は現役プリキュア、とは言えない気がしますが。

映画プリキュアオールスターズ New Stage 3 永遠のともだち 500ラージピース プリキュアオールスターズ New Stage 3 500-L164映画プリキュアオールスターズ New Stage 3 永遠のともだち 500ラージピース プリキュアオールスターズ New Stage 3 500-L164
(2014/03/29)
エンスカイ

商品詳細を見る

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。