スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一線で活躍するだけではない、スポーツの意義――『サービス&バトラー』

色々忙しいので更新が滞っていましたが、本日もライトノベルです。
他にも取り上げられる作品はありましたが、久し振りに読んだ講談社だとか内容的に語ることがすぐ出てくるかとかいった理由でこちらを優先することに。

サービス&バトラー (講談社ラノベ文庫)サービス&バトラー (講談社ラノベ文庫)
(2014/04/02)
望月 唯一

商品詳細を見る

本作はテニス小説です。元々スポーツを題材にしたライトノベルというのは決して多数派ではなく、ましてテニスとなればあまり先例は聞きません。
ライトノベルにはたまにありますが、本作もカラー口絵が漫画になっています。

サービス&バトラー 口絵

この漫画を見てもコメディにしか見えませんが、内容の筋はかなり真面目です。

主人公の水瀬直哉(みなせ なおや)は、日本有数のセレブ学校である悠宮(はるみや)学園にテニス特待生として通っていましたが、1年生時に右肘を故障し、退学を決めていました。
ところが、退学届を出しに来た2年生の始業式の日に出会ったお嬢様・神坂陽菜(かみさか はるな)が第二テニス部を立ち上げており、事情を知った彼女は直哉を自分の執事兼第二テニス部のコーチとして雇う、と言い出します。
かくして、高額の学費を支払って貰うことで悠宮に在籍し続けることが決まった直哉。

陽菜が第二テニス部を立ち上げたのは、元々のテニス部が勝利至上主義で、ただテニスを楽しみたいといった生徒を無理矢理辞めさせたこと、そしてそれに反発したレギュラーの月城芹葉(つきしろ せりは)もテニス部を辞めていた、という事情のゆえでした。つまり、第二テニス部のメンバーは芹葉以外はテニス部を辞めさせられた生徒達で、陽菜はテニスを始めて2週間の素人です。
ついでに、悠宮学園には普通科の他にメイドを養成する家政科があって、普通科の生徒が家政科の生徒をメイドとして雇うのが普通に行われているという設定で、芹葉は陽菜に仕えるメイドでもあります。
今のところ家政科は男子生徒の受け入れをしていないのですが、直也が執事になるのもその延長という扱いですね。
この「執事」という仕事が「コーチ」に重ねられるのです。

「いい? メイドっていうのはね、主の身の回りの世話をする者よ。対して、執事っていうのは主を導く者」
 導く……つまり、コーチ的な?
「なるほど、メイドは単純に家事能力が高ければいいが、執事は専門分野において主よりも優れていなければいけないってか」
「そういうこと。私は今テニス部員。なら、執事になるのは、自分よりも優れたテニスプレーヤーが相応しいと思わない?」
 (望月唯一『サービス&バトラー』、講談社、2014、pp.30-31)


といっても直也は使用人としては新米、テニスのコーチ以外で執事らしい仕事をする場面は、昼休みや舞踏会に付き合う場面くらいで軽いものですが、使用人という仕事も比較的真面目に扱われているのは確かです。

さて、主人公が指導者という立場になる部活物、というとライトノベルで有名なのは『ロウきゅーぶ!』ですが、私は未読です。
私が読んだ先例としては――スポーツでこそありませんが――『きんいろカルテット!』がありますが、『きんいろカルテット!』と本作との間には、主人公が指導するのが本来の部活動に受け入れられなかった生徒達である、という明確な共通点があります。
これは近年ニュースを賑わせた体罰問題の類を反映しているように思われるのは、おそらく気のせいではないでしょう。

永井洋一氏が『少年スポーツ ダメな大人が子供をつぶす!』で指摘しているところによれば、勝利至上主義は教育と矛盾を来たし、体罰や無茶な指導の原因となるばかりか、子供たちや保護者まで「それでも勝たせてくれる指導者なら」とそれを認めてしまうことにも繋がっています。
そして、自分が競技を楽しむことやプレイヤーとして伸びることよりも「強いチームにいた」実績が欲しいという「鶏口よりも牛後」という発想も、子供たちの側の勝利至上主義の反映であると。

本作にもそうした有り様が描かれています。

 俺みたいなテニス馬鹿と違って、第一テニス部の奴らはテニスに人生を懸けるような気概はない。
 ただ、将来大人になったとき、強豪の運動部に所属していたというのは、いかにも箔が付く。
 単に頭がいいだけではなく、文武両道のほうが周囲に与えるイメージがいいからな。
 ここのセレブにとって、学生時代の部活というのは、将来の自分への先行投資なのだ。
 だからこそ、彼らは死に物狂いで使える駒を確保しようとする。
 (同書、p.194)


とりわえ、テニスは個人でできる競技。単独で大会に出て活躍できるレベルのプレイヤーならば、自分に箔を付けるために「強豪チーム」の看板に頼る必要はありません。勝利至上主義を掲げるのがむしろ強豪チームの牛後となることを求めるレベルの生徒たちだというのは、いかにもなもっともらしさがあります。

とは言え、そこからドラマツルギーを成立させるに当たっては問題も生じてきます。
本作でもご多分に漏れず、第二テニス部を潰そうとする第一テニス部の干渉があり、部の存続を賭けて勝負することになります。
しかし、勝利至上主義を掲げる相手に反発して「楽しむ」ための部活を発足させておいて、結局勝負で決めるというのは、いささか逆説的な感があります。

何しろ、本来スポーツは敗者から競技をする権利まで奪うものではないのであって、部の存続を賭けた勝負など、受けるいわれはないのです。
しかも、第一テニス部に実際どれほどの嫌がらせをする力があるのかはそれほど描かれないまま、「この機に自分たちが勝ったらもう手出ししないことを約束させよう」という形で勝負を受けることになるのは、若干釈然としないものはあります。

これが『きんいろカルテット!』の場合、吹奏楽部顧問・角谷のあくどい嫌がらせは中盤で潰され、終盤での主人公たちはすでに角谷のことなど眼中になくなっていました。
ただ、吹奏楽と違って競技スポーツは元来勝敗を競うもの、山場で勝負せねば面白くないのも確かです。

加えて本作では、第一テニス部そのものはほとんど描かれません(これまた、『きんいろカルテット!』で角谷のあくどさ、不快さが入念に描かれるのとは対照的です)。第二テニス部を潰す役割を引き受けて送り込まれてくる藤原珊瑚(ふじわら さんご)には部内での彼女固有の立場があり、第一テニス部の代表とは言えない扱いです。
そんな珊瑚の立場もドラマに絡んでいるのは確かですが、ただこれだと、「勝利は目指す、ただ主人公の指導方針は向こうとは違う」というところも、見せにくいわけです。

それでも、この点に関してポイントになるのは、主人公の直哉自信が無理が祟って選手生命を絶たれるような怪我をした人物であるということでしょう。だから彼は、決して無理はさせません。
この姿勢こそ、「テニスを楽しみたい」第二テニス部員たちが第一テニス部のレギュラーであった直哉をコーチとして受け入れる上でのポイントでもありました。

「まあ、どっちかっていうと厳しいよ。選手を怒鳴れないコーチなんて三流だし。陽菜から報酬を受け取っている以上、俺は誠意ある労働で応える義務があるから」
 素直に答えると、翠は表情を難くし、茉莉は唇を尖らせた。
 明らかに警戒されているなあ。まあ、想定のうちだけど。
「……ボクたち、合わないかもしれないね」
「そう言うな、スポーツって楽しいだけじゃ駄目なんだよ。選手が一線を越えた時、叱り飛ばしてあげる人がいないと大変なことになる」
 まだ釈然としないように顔を見合わせる二人。しゃーない、もっと具体的な話で脅すか。
「たまにいるんだよ。身体がおかしいって分かってても、練習続けちゃうような奴。明らかにオーバーワークで動きが鈍ってるのに、練習不足だから動きが悪いんだって思いこんで、壊れるまで練習しちゃう、限度知らずの大馬鹿野郎。まあ、俺のことなんだけどね」
 (同書、pp.62-63)


彼がちゃんとポリシーを持ってコーチのできる人物であることも、この一節で十分に伝わるかと思います。

もっとも、それ以上に彼の「勝ち負けを言う以前に、まずはテニスを嫌いになってほしくない」という姿勢が現れるのは、養護施設の少年との交流の場面からも知れませんが。このエピソードは同時に、「ただで施しをされるのではなく、自分にできることがあるのを認めてくれることの意義」という、直哉と陽菜の関係に関わるテーマが出てくる箇所でもありますし。

で、クライマックスの対決ですが、ここでは直哉の指導や相性を考えた作戦もありますが、それ以上に「直哉のテニスを受け継ぎたい」という陽菜の想いが前面に出てくる内容となっていました。
つまり、部の指導方針というのとは別のところで勝負を盛り上げているわけです。

このことは直哉の方にも、テニスプレイヤーとしての自分が生きた証を教えてくれることになります。
プレイヤーを続けられなくなったからこそコーチに転進する、という話の導入部はオーソドックスな流れですが(『きんいろカルテット!』はこの点にいささかの弱さがありました)、そうしてコーチとして教えることによって、改めてプレイヤーとして自分のやってきたことの意義を知る――そういうことも確かにあるのでしょう。
それに、本作は『ロウきゅーぶ!』や『きんいろカルテット!』と異なり、主人公と指導される相手は同年代。「主人公が教わること」が大きいのも自然です。

ただ、陽菜との関係はそれで良いとして、他の部員――とりわけ、第一テニス部を辞めさせられた翠と茉莉とのテニスに関する絡みは、もう少しあっても良かったかも知れません。
指導シーンそのものは勝負に向けて、しかも「素人の陽菜を勝たせるまでにする」というところに集中している感がありますし。


主人公は女性陣にセクハラしてばかり、とりわけシリアスな雰囲気が苦手で、自分の怪我のことなどで話が真面目になると「猥談しようぜ!」等と言ってはぐらかしますが、テニスに関しては真摯で、本気で怒ることもります。
そんなセクハラばかりなので、ツンデレではなくヒロインに本当に嫌われているかと思うのも分からないではありません。
他方で第二テニス部員には彼に劣らず破天荒な娘もいて、そんな彼らのやり取りが楽しくもあります。

「で、いい加減、君は誰なのか名乗れ。初対面の相手には名字と名前とバストサイズを告げるのが礼儀だぞ」
「一個セクハラが混じったね」
「自己紹介に抵抗あるなら、最悪バストサイズだけでもいい」
「セクハラだけ残ったね」
「なんかもうサイズとかいいから、いっそ揉ませてくれ」
「なんで要求のレベルが上がってるのさ!? しかし残念だったね。あたしは――揉めるほど胸が大きくない!」
「なん……だと?」
 その部分に目を向けてみると、確かに彼女の胸はサーフボード級のぺったんこだった。
「ふっふっふ。いつからあたしにおっぱいがあると錯覚していた?」
「く、くそ! お前はいったい何者なんだ!?」
「ふ……すぐに分かる。それではまた会おう、少年よ」
 ふはははははは! と高笑いを遺し、歩み去っていく謎の少女。
 その背中を見送りながら、素に戻った俺は一つため息を吐いた。
「ま、春だし、ああいうのも現れるような」
 頭を切り替え、自分の教室に入ろうと――
「そこの二人、よく分からないノリで完結しないの」
 ――したところで、クールな声に引き留められる。
 (同書、pp.58-59)


神坂家には年長で格上の使用人もたくさんいるはずですが、基本的に直接は描かれないので、芹葉は使用人の先輩として直哉を教える立場でもあります。テニスプレイヤーとしても元第一テニス部レギュラーという点では直哉と同格、怖い家政婦のようなポジションも兼ねつつ、セクハラでからかわれて動揺したりする可愛さを見せる彼女も、非常にいいキャラクターです。


ロウきゅーぶ! (電撃文庫)ロウきゅーぶ! (電撃文庫)
(2009/02)
蒼山 サグ

商品詳細を見る

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

競技に打ち込む想い――『サービス&バトラー 2』

今回取り上げるライトノベルはこちら。 講談社ラノベ文庫でデビューした新人作品の2巻目です。 サービス&バトラー2 (講談社ラノベ文庫)(2014/07/02)望月 唯一商品詳細を見る  (前巻の記事) 本作はセレブ高校にテニス特待生として入学したものの、肘の怪我で選手生命を絶たれた主人公が、テニス部を辞めさせられた者たちを集めて第二テニス部を立ち上げたお嬢様と出会い、お嬢様の...
プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。