スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつてなく盛り上がるここを――『魔弾の王と戦姫 5』

今回はこの漫画を取り上げさせていただきましょう。
ライトノベル『魔弾の王と戦姫』のコミカライズ第5巻です。

魔弾の王と戦姫 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ)魔弾の王と戦姫 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2014/04/23)
柳井 伸彦、川口 士 他

商品詳細を見る

 (原作についての記事

ゲーマーズ購入特典は特製カバー。

魔弾5巻 特典カバー1

本体にこのカバーを付けてみるとこんな感じに。

魔弾5巻 特典カバー2

このコミカライズ、1~2巻が原作1巻、3巻が原作2巻に相当していました。そして4巻からこの5巻は原作3巻の内容です。しかも原作3巻分を消化し終えておらず、クライマックスは次巻に持ち越しとなります。
3巻(原作2巻の内容)は省略できるところを省略してコンパクトに纏めた感じでしたが、今回はじっくり描いてきます。

それもそのはず、内容としては主人公ティグルがブリューヌ王国への反逆者の烙印を押され、王国最強の騎士ロランがティグルを討伐にやって来る……というところ。
今巻でついにロランとの対決になりますが、ロランは戦姫の「竜技(ヴェーダ)を無効化する「不敗の剣(デュランダル)を持っており、戦姫二人がかりでも敵わず、敗走を強いられた上にティグルが負傷します。
かつてない強敵との戦いで盛り上がり、しかもティグルの持つ黒弓の神話的来歴も仄めかされ、同時にパワーアップイベントにもなるという内容。じっくり描くのも分かります。

このコミカライズの良いところとして、内容的には原作に忠実(巻末のおまけとして入ってるショートコメディも概ね原作に存在するエピソードに基づいています)でありつつ、原作イラストにはほとんど描かれない男性キャラクター達が実に渋く格好良く描かれていることがあります。

マスハス&バートラン
 (川口士/柳井伸彦『魔弾の王と戦姫 1』、KADOKAWA、2012、p.94)

ロランは原作イラストでも描かれた登場人物ですが、その戦いぶりを絵にするともう人間離れしています。

ロラン
 (川口士/柳井伸彦『魔弾の王と戦姫 5』、KADOKAWA、2014、p.14)

また、騎馬戦と集団戦が多い本作の戦闘も見せ方の難しいもので、とりわけ馬上でのアクションの描き方は多少馴染みにくいものを感じたりもしましたが、それも概ねよく描いています。
合戦も迫力がありますし、同時に俯瞰図で図式的に陣形の動きを見せる絵も交えて、戦術も分かりやすく見せます。

三日月1

三日月2
 (同書、pp.141-142)

さらには、背景の建物などもちゃんと世界観の雰囲気が出ているのが素晴らしい。
今回登場する神殿も、緻密に描かれた上、独特の重々しい存在感も見せます。

神殿
 (同書、p.108)

ロマネクス教会風ですが。

ティグルの侍女ティッタにもたっぷり出番があって、サービスシーンも見せておいて、さてロランとの戦いはどうなる、というところで引き。
次巻も必見ですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。