スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『特別編集版 魔法少女育成計画』

今回取り上げる小説はこちら……と言いたいところですが、過去に取り上げた作品の再編集版なので、新情報は少なく、したがって語ることもそれほどありません。

特別編集版 魔法少女育成計画特別編集版 魔法少女育成計画
(2014/05/30)
遠藤浅蜊

商品詳細を見る

本書は無印『魔法少女育成計画』と Web 短編として公開された同シリーズの短編「スノーホワイト育成計画」に、若干の書き下ろしと寄稿を加えたものです。
版型も文庫サイズから一回り大きくなっています(にもかかわらず、1ページの字数は文庫版より少ないのですが)。

「スノーホワイト育成計画」は、話の順番としては『limited』の前に読むことを求められるものであって、すると今後の短編集に『limited』のネタバレを含む話や後日譚と一緒に収録するのも収まりが悪く、それゆえにこんな形になったのでしょうか。まあ実際、無印の後日譚ですからそう変はないのは確かです。
もっとも他方で、公表順に『restart』の後に「スノーホワイト育成計画」を読んでこそ「おお」と思う要素もあるので、難しいところですが。こういうことによって印象が変わってくる部分はどうしてもあります。

本文に加筆訂正はほとんどありませんでした(ローマ数字表記が漢数字に変わっているといった微妙な修正が見付かったくらいです)。
文庫版だと省略された戦い等もあったので、もしかしたら加筆も……と少しは期待していたのですが、特にありませんでした。
とりわけ、このバトルロワイヤル中の一戦を描いた「ゾンビウェスタン」(カラミティメアリvsハードゴア・アリス)が『episodes』に収録されているのは少し妙な感じで、あれはできれば本編に入れて欲しかったのですが……他方でネタバレを含むこともありあの文章をそのまま無印に組み込むこともできませんし、これ以上の手間をかけるわけにもいかないのでしょうか。ならば止むを得ますまい。

というわけで、作者・遠藤浅蜊氏による書き下ろしは短編「女騎士の孤独な戦い」1本、11ページのみです。
女騎士ということで、魔法少女ラ・ピュセルが主役。
しかしラ・ピュセルは今のところ作中唯一の、正体は男の魔法少女です。しかも男子中学生。そんな彼が変身後は完全に女の身体になるわけですから……『episodes』に続き、出るたびに彼はネタキャラになっていく気がします。

その他に、森名尚氏による書き下ろし4コマ漫画と、イラストレーターのマルイノ氏が特典イラストカードや pixiv 等で書いてきた本作のイラストを集めたミニギャラリーも収録。ついでに口絵も新規です。
ここでも本編で活躍のないねむりんの活躍具合と来たら……
漫画と言えばコミカライズの話はどうなったんでしょうね……

最後に、このマンガがすごい!WEB内にて「月刊魔法少女育成計画」(原作小説だけでなく、色々な企画を含めての連載)が8月から開始予定という告知もありました。
ただ、「このマンガがすごい!WEB」そのものがまだ立ち上げ前のようなので、これも不安がないわけではありませんが。


ゲーマーズ購入特典は3ページの小冊子「魔女と弁当と愛情表現」。

魔法少女育成計画 特別編集版特典

内容は見ての通り、魔法少女トップスピードが主役の心暖まる短編。
しかし本編の内容を考えると彼女を後に待っている悲劇は……というのもさることながら、「一般人に正体を知られたら魔法少女資格を剥奪」という設定に関しても問い直しを要求するものがあり、するともしや一部の魔法少女の運命も変わり得たのではないかという思いも……

楽しい話や暖かい話も角度を変えると暗い影を落としてくる、それも本作の持ち味です。


なお、今回4コマ漫画を寄稿している森名尚氏は以下のような漫画の作者です。なぜ今回寄稿で参加しているのかは不明ですが。

ネガ→ポジ (1) (まんがタイムKRコミックス)ネガ→ポジ (1) (まんがタイムKRコミックス)
(2013/01/26)
森名 尚

商品詳細を見る

ネガ→ポジ (2) (まんがタイムKRコミックス)ネガ→ポジ (2) (まんがタイムKRコミックス)
(2013/11/27)
森名 尚

商品詳細を見る

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。