スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異世界は疎外された者の救いとなるか?――『クズが聖剣拾った結果』

しばらくライトノベル新作に触れられないままでしたが、今回取り上げるライトノベルはこちらです。

クズが聖剣拾った結果 (電撃文庫)クズが聖剣拾った結果 (電撃文庫)
(2014/07/10)
くさかべかさく

商品詳細を見る

これが作者にとってはデビュー作で、電撃文庫で新人賞は逃したもののデビューすることになった、いわゆる「拾い上げ」デビューです。しかも投稿作ではなく新規書き下ろしでのデビューとなったようです(電撃文庫の拾い上げ新人にはままあるケース)。

本作の主人公・刈羽未知(かりば みち)は普通の男子高校生。陸上をやっていたものの新顧問との確執で部活を辞めたとかいう設定はあり、それもストーリー上でそれなりの意味はありますが、それ以上に特別なスキルを発揮することもなく、本当に普通です。
そんな彼はある日、クラスメイトの少女・来栖麻央(くるす まお)が人気のない体育館で、人体模型を魔王に見立て、竹刀を武器に勇者として魔王を倒す練習をしているのを見かけてしまいます。

そうして彼女の秘密を知ってしまったことから、一緒に行動することの増える二人。
しかしそんなある日、麻央は異世界から転送されてきた本物の聖剣を発見し、しかも大樹を消し飛ばすほどのその力を使いこなしてしまいます。
憧れのファンタジーの力を手に入れて喜び、しかも割と真っ直ぐな正義感も働き、人目を憚るのも忘れて、いじめっ子を退治したりするために(オーバースペックに過ぎる)聖剣の力を使おうとする麻央と、そのつどフォローに苦労する刈羽。

が、聖剣を間違って転送してしてしまった異世界の市役所職員が、聖剣を取り戻すため訪れ……

来栖麻央はタイトルだと「クズ」と表現されています――実際、持ち主が取り戻しに現れても聖剣を我が物にしようとしたりする辺りは困ったものです――が、当今のライトノベル界隈の用語だと通常は「中二病」と呼ばれるカテゴリーに属するでしょう。
少なくとも、最近のサブカルチャーで登場人物の性格設定を指す用語としては、「クズ」というのはもっと本格的な駄目人間(例えばギャンブル中毒とか浮気者とか)に関して使われることが多いかと思われます。
麻央は正義感の強いいい子ですし、「クズ」とまでの印象はあまりありません。

もっとも、「中二病」という用語も結構漠然として範囲の広いものです――「中学二年生くらいが好みそうなカッコいい設定」を単に愛好する程度から、実生活に支障を来すほどに持ち込むまで。
(ついでに、「中二病作品」というのも、「中二病読者が好むような作品」を指すこともあれば、「中二病をテーマにした作品」を指すこともあります。タイトルに「中二病」を使うのは当然、後者ですが)
日常的に「カッコいい設定のキャラ」になりきって演じるタイプを指す「邪気眼」というスラングもありますが、麻央は普段の生活では隠しているので、そこまででもありません。

 → 邪気眼

本作も、広く使われすぎたこの語を避けたのでしょうか。

さて、「中二病」というのは、その名称からして年齢を指す語と「病」が組み合わさっているので、大人になるならば克服されるべきもの、という印象を与えます。
実際、あまり重度なのは実生活で支障を来すという意味で困りものですが……しかしある人の人格にある欠陥があって、それが治ってめでたしめでたしというのは、お話としては問題含みです。
本当に厄介な問題であればこそ、あっさり克服してしまうのは安易です。だいたい、欠点のない人などいないのですから、克服できないまま欠点と折り合っていかねばならないことも多いのではないでしょうか。そもそも、人は大人になるに当たって、本当に子供時代のメンタリティを「克服し」「捨て去る」ものなのでしょうか。

では「中二病キャラ」をどう扱うのかというと、それは様々ですが……本作の場合も、中二病が「治る」という方向には行きませんし、それが問題でもありません。
むしろ問題になっているのは、「普通でない」ことによって周囲から向けられる視線であり、疎外です(これは、顧問教師の押し付ける「あるべき健全な高校生像」に反発して陸上部を辞めた刈羽にも重なります)。
周囲からバカにされたり疎外されたりしていれば、人に心を開きにくくもなります。

他方で、聖剣と異世界人の登場により、「剣の魔法のファンタジーの世界」は本当に存在したことが分かるのですが、異世界もこちらの世界のファンタジー好きが期待するようにはできていません。

周囲の人間――こと学校教室という狭い社会では――にも、そして現実の(ファンタジー)世界のあり方にも拒絶される中で、自分を受け入れてくれる他者と出会い、自分で自分を受け入れることができるか――その意味で本作における中二病は、欠点として退けられる前にまず受け入れることが問題になるものです。


というわけで、なかなかいい話になっているのですが――気になる点が少々。
まず本作の冒頭では、「鉄筋コンクリート五階建て」の庁舎があって「パソコンのようなディスプレイ」を前に職員たちが仕事をしている異世界の市役所が描かれます。
「剣と魔法のファンタジー」の世界でありながらこちらの世界と似すぎた世界とは、ツッコミ甲斐のありそうな設定です。

主人公の刈羽は典型的な常識人のツッコミキャラ。ヒロインの方は、麻央はもちろんのこと、異世界からやって来た市役所職員二人も中々の癖のある性格の美少女揃い(とりわけ市役所職員の一人ニムエは、仕事がいい加減な上に違反とその隠蔽が日常茶飯事という、役所の悪いイメージを体現したようなキャラです)。

――と、設定はいかにもコメディ的なのですが、全体にコメディとしては大人しい印象です。
軽快なテンポで読ませる会話の技術は十分にあるのです、つまらない程ではなく、欠点というほどのものにはなっていませんが。
理由はストーリーは真面目ないい話になっているということもありますし、ネタもコメディとして突っ切ってはいない感じなのです。

例えば、やけのこちらの世界そっくりな異世界にカルチャーギャップとショックを受けるのは、ファンタジー世界への期待を裏切られた麻央であり、刈羽はそれを冷静に見ています。
つまり、「ツッコミ所満載の世界設定にツッコミを入れる」のではなく、「ボケキャラが世界設定に異を唱え、ツッコミキャラがそれを冷静に見ている」という少し捻れた構図になっているので、どっちを笑っていいのか読者としても態度を決し切れないのですね。

そもそも本作の軸は、コメディなのか重い部分のある青春劇なのか――もちろん、両方の要素を詰め込んでいても良いのですが、コメディの方は道具立ては揃っていながら振り切れていない印象はありました。
書きたい話と使える道具立てにズレがあったのかも知れません。
悪くはなかったので、「そのネタを活かすためにどうしたら良いのか」を追究してさらなる飛躍に期待しましょう。


中二病超(スーパー)図鑑 ~ファンタジー・軍事・オカルト・化学・神話~中二病超(スーパー)図鑑 ~ファンタジー・軍事・オカルト・化学・神話~
(2013/04/09)
レッカ社

商品詳細を見る

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。