スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界を命で満たすべくプロレスで戦う――『ギガントマキア』

今回取り上げる漫画はこちら。

ギガントマキア (ジェッツコミックス)ギガントマキア (ジェッツコミックス)
(2014/07/29)
三浦 建太郎

商品詳細を見る

作者の三浦建太郎氏は大長編ファンタジー『ベルセルク』を未だ連載中の漫画家です。
ここに来て新作とは『ベルセルク』はどうなったのか? という疑問は当然生じますが……

本作の舞台は、荒廃した砂漠が広がって、多くの生物が絶滅した――遠い未来と思われる――世界です。
ただこの世界、多くの生物が滅びた代わりに何メートルもある巨大な昆虫やら砂漠に住む巨大魚やらが出現しており、何より「巨人」が存在します。

巨人
 (三浦建太郎『ギガントマキア』、白泉社、2014、pp.4-5)

上画面の鼻がたくさんあるゾウのようにも見えるタコとか、正確な生物描写に基づいたクリーチャーデザインは相変わらずです。

そして、この世界にはいわゆる人間(「人族(ヒュー)と呼ばれます)の他に、虫人間やラミアのような種族など様々な亜人間(「亜人族(ミュー))が生息していますが、巨人という兵器を操る人族の「帝国」が、原始的な生活をしている亜人族を蹂躙しているのが現状です。

本作の主役はそんな世界を旅する二人組。
木訥な大男の「烈修羅(レスラ)」泥労守(デロス)と、特殊な能力を持った少女の風炉芽(プロメ)です。

泥労守
 (同書、p.31)

ちなみに風炉芽はこのポンチョのような衣装の下は裸、しかも空気中から集めた水分や体内の「峰久為流(ネクタル)を供給することができるのですが、この体勢だと放出口は頭の真上にある、って……

泥労守&風炉芽
 (同書、p.8)

つまり幼女の放尿プレイ……

まあ、レイプを初めとするエログロ満載だった『ベルセルク』に比べればその点では遙かに大人しいとも言えますけれど。

そんなこともやっていますが、本作の本筋はバトル漫画。
それも、前半は人間を憎む亜人族・聖虫(スカラベ)族の戦士と戦ったりしていますが、やはり最大の見所は最初に見た巨人の戦いにあります。いわば巨大変身ヒーロー

轟羅
 (同書、pp.132-133)

それでいて主人公の戦闘スタイルはあくまでプロレスです。
そこにも、敵の攻撃を受け切るのが憎しみや殺し合いを超えて敵も味方も生きるための道だとか、巨人は全細胞にダメージを与える必要があるとか、それらしい理屈は付けています。

轟羅顕現完了
 (同書、p.138)

やたらと人名や用語に漢字で当て字をするセンスとか、『覚悟のススメ』を思わせるこの決め台詞なども確かに新境地ではあります。

さて、風炉芽が「脳内エンドルフィン分泌」云々等と現代科学的な物言いをすることは、彼女がかつての文明の知を引き継ぐ存在であることを示唆します。
おそらくは巨人ともども、人工的に作られた存在ではないかと思われます。

その辺の設定や、帝国との戦いというストーリーに深入りしていけば大長編になりそうですが、巻数表記がありませんし、どうなるのでしょうか。
『ベルセルク』と並行して続けていくとすればペースも気がかりなところですし……


ベルセルク コミック 1-37巻セット (ジェッツコミックス)ベルセルク コミック 1-37巻セット (ジェッツコミックス)
(2013/03/29)
三浦建太郎

商品詳細を見る

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。